20世紀ジャズ名盤の全て

ザ・トーキョー・ブルース/ホレス・シルバー -1960年代

ブルーノート・レーベルの音源を紙ジャケット仕様で発売する”BLUE NOTE 24bit by RVG”シリーズ。ピアニスト、ホレス・シルヴァーの、1962年初来日時の日本の印象をテーマとしたアルバム。(TOWER RECORDS ONLINEより)

【収録曲】

01トゥー・マッチ・サケ

02サヨナラ・ブルース

03ザ・トーキョー・ブルース

04チェリー・ブロッサム

05アー!ソー

【演奏】

ホレス・シルヴァー(P) ブルー・ミッチェル(TP) ジュニア・クック(AS) ジーン・テイラー(B) ジョン・ハリスJr.(DS)

【録音】

1962年7月

インタープレイ/ビル・エバンス -1960年代

ビル・エヴァンスにしては珍しいトランペットとギターを加えたクインテット。ドライヴするフィリー・ジョー・ジョーンズ、若き才能フレディ・ハバード、後にデュエットするジム・ホールらが個性を十二分に発揮する会心の一枚。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC

02WHEN YOU WISH UPON A STAR

03I’LL NEVER SMILE AGAIN

04INTERPLAY

05YOU GO TO MY HEAD

06WRAP YOUR TROUBLES IN DREAMS

07I’LL NEVER SMILE AGAIN

(7)ボーナストラック

【演奏】

ビル・エヴァンス(P) フレディ・ハバード(TP) ジム・ホール(G) パーシー・ヒース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1962年7月

フル・ハウス/ウエス・モンゴメリー -1960年代

ウェス・モンゴメリーがジョニー・グリフィン、ウィントン・ケリーらとともに相性抜群の演奏を聴かせる、ギター・アルバム屈指の名盤。60年代ジャズの魅力が凝縮された、たまらなくホットな仕上がりだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01FULL HOUSE

02I’VE GROWN ACCUSTOMED TO HER FACE

03BLUE’N’BOOGIE

04CARIBA

05COME RAIN OR COME SHINE

06S.O.S.

07COME RAIN OR COME SHINE

08S.O.S.

09BORN TO BE BLUE

(7)(8)(9)ボーナストラック

【演奏】

ウェス・モンゴメリー(G) ジョニー・グリフィン(TS) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) ジミー・コブ(DS)

【録音】

1962年6月

テイキン・オフ+3/ハービー・ハンコック -フリューゲルホーン

ジャズ界のスーパースター、ハービー・ハンコックの初リーダー作。多くのミュージシャンがカヴァーして大ヒットした「ウォーターメロン・マン」を筆頭に、全曲オリジナルが並ぶ。コンポーザーとしての才能も開花させた。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WATERMELON MAN

02THREE BAGS FULL

03EMPTY POCKETS

04THE MAZE

05DRIFTIN’

06ALONE AND I

07WATERMELON MAN

08THREE BAGS FULL

09EMPTY POCKETS

(7)(8)(9)ボーナストラック

【演奏】

ハービー・ハンコック(P) フレディ・ハバード(TP,FLH) デクスター・ゴードン(TS) ブッチ・ウォーレン(B) ビリー・ヒギンズ(DS)

【録音】

1962年5月

サークル・ワルツ/ドン・フリードマン -1960年代

1960年代から2000年代まで活躍した名ジャズ・ピアニストが1962年にリバーサイドに残した生涯の名盤。多くの点でビル・エヴァンスとの類似性を感じ取れるが、純粋なピアノ・トリオ作として色褪せない魅力がある。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01CIRCLE WALTZ

02SEA’S BREEZE

03I HEAR A RHAPSODY

04IN YOUR OWN SWEET WAY

05LOVES PARTING

06SO IN LOVE

07MODES PIVOTING

【演奏】

ドン・フリードマン(P) (1)~(5)(7)チャック・イスラエル(B) ピート・ラロカ(DS)

【録音】

1962年5月

アウト・オブ・ジ・アフターヌーン/ロイ・ヘインズ -1960年代

コルトレーンからメセニーまでさまざまなアーティストと共演した唯一無二のドラマー、ロイ・ヘインズ。等しく強烈な個性を放つローランド・カークを迎えた今作は、彼の長いキャリアの中においても間違いなく代表作に値する。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MOON RAY

02FLY ME TO THE MOON

03RAOUL

04SNAP CRACKLE

05IF I SHOULD LOSE YOU

06LONG WHARF

07SOME OTHER SPRING

【演奏】

ロイ・ヘインズ(DS) ローランド・カーク(TS,MANZELLO.STRITCH,FL) トミー・フラナガン(P) ヘンリー・グライムス(B)

【録音】

1962年5月

コンプリート・アンダー・カレント/ビル・エバンス -1960年代

’59年録音説と’62年録音説のあるビル・エヴァンスとジム・ホールのデュエット・アルバム。ピアノの達人とギターの名手のデュオによる見事なハーモニーと絶妙のインター・プレイ。この美しさは時代を超越している。速いテンポで演奏される名曲(1)は圧巻。

【収録曲】

01マイ・ファニー・ヴァレンタイン (別テイク)

02マイ・ファニー・ヴァレンタイン

03アイ・ヒア・ア・ラプソディー

04ドリーム・ジプシー

05ステアウェト・トゥ・ザ・スターズ

06アイム・ゲッティング・センチメンタル・オーヴァー・ユー

07ローメイン

08ローメイン (別テイク)

09スケーティング・イン・セントラル・パーク

10ダーン・ザット・ドリーム

【演奏】

ビル・エヴァンス(P) ジム・ホール(G)

【録音】

1962年4,5月

ドミノ/ローランド・カーク -1960年代

ジャズ界の鬼才、ローランド・カークがキャリアの初期にマーキュリーに残した人気作品。サイドメンはアンドリュー・ヒルのトリオとウィントン・ケリーのトリオが半々。さまざまな音色を操るカークの真髄が楽しめる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01DOMINO

02MEETING ON TERMINI’S CORNER

03TIME

04LAMENT

05A STRICH IN TIME

063-IN-1 WITHOUT THE OIL

07GET OUT OF TOWN

08ROLAND

09I BELIEVE IN YOU

10E.D.

11WHERE MONK AND MINGUS LIVE – LET’S CALL THIS

12DOMINO

13I DIDN’T KNOW WHAT TIME IT WAS

14SOMEONE TO WATCH OVER ME

(11)(12)(13)(14)ボーナストラック

【演奏】

ローランド・カーク(TS,STRICH,MANZELLO,SIREN) ヴァーノン・マーティン(B) (1)~(6)アンドリュー・ヒル(P,CELESTE) ヘンリー・ダンカン(DS) (7)~(14)ウィントン・ケリー(P) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

(1)~(6)1962年9月 (7)~(14)1962年4月

マタドール/ケニー・ドーハム -1960年代

1962年にユナイテッド・アーティスツで吹き込まれた作品。「闘牛士」というタイトルにあわせるように、幾分ラテン・テイストを感じさせるケニーのトランペット。ジャッキー・マクリーンの活躍ぶりも見逃せない。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01EL MATADOR

02MELANIE – PT.1|MELANIE – PT.2|MELANIE – PT.3

03SMILE

04BEAUTIFUL LOVE

05PRELUDE

06THERE GOES MY HEART

【演奏】

ケニー・ドーハム(TP) ジャッキー・マクリーン(AS) ボビー・ティモンズ(P) テディ・スミス(B) J.C.モーゼス(DS)

【録音】

1962年4月

カンサス・シティ7/カウント・ベイシー -1960年代

カウント・ベイシーがスモール・グループで残した1962年の貴重な名盤。自己の楽団でなじみのサド・ジョーンズやフランク・ウェスら管奏者のソロが堪能できるほか、ベイシー自身のピアノ・ソロも楽しめる。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01オー・レディ・ビー・グッド

02シークレッツ

03アイ・ウォント・ア・リトル・ガール

04シュー・シャイン・ボーイ

05カウンツ・プレイス

06セネター・ホワイトヘッド

07タリー・ホー・ミスター・ベイシー

08ホワッチャ・トーキン

【演奏】

カウント・ベイシー(P,OG) サド・ジョーンズ(TP) フランク・フォスター(TS) エリック・ディクソン(TS,FL) フレディ・グリーン(G) ソニー・ペイン(DS) フランク・ウェス(FL)

【録音】

1962年3月

レット・フリーダム・リング/ジャッキー・マクリーン -1960年代

50年代に確立した自己のバップ・サウンドを進化させ、フリーなフレージングすら取り込みつつあったジャッキー・マクリーンの傑作。名盤を連発していたブルーノート期を飾る一枚だ。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MELODY FOR MELONAE

02I’LL KEEP LOVING YOU

03RENE

04OMEGA

【演奏】

ジャッキー・マクリーン(AS) ウォルター・デイヴィス Jr.(P) ハービー・ルイス(B) ビリー・ヒギンズ(DS)

【録音】

1962年3月

コンプリート・スリー・ブラインド・マイスVol.1&2/アート・ブレイキー&j.m -1960年代

常にジャズ・コンボの最高峰として、若手育成の巧みさとともにブレイキーのメッセンジャーズはジャズ・シーンを担ってきた。F・ハバード、C・フラー、そしてW・ショーターと62年前後のフロントは超強力で、ライヴならではの黄金期の迫力を伝えている。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

(Vol.1)

01スリー・ブラインド・マイス

02ブルー・ムーン

03ザット・オールド・フィーリング

04プレクシス

05アップ・ジャンプト・スプリング

06同 (別テイク)

07ホエン・ライツ・アー・ロー

(Vol.2)

01イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン

02モザイク

03ピンポン

04ザ・プロミスト・ランド

05アラビア

【演奏】

アート・ブレイキー(ds)フレディ・ハバード(tp)カーティス・フラー(tb)ウェイン・ショーター(ts)シダー・ウォルトン(p)ジミー・メリット(b)

【録音】

1961年,1962年3月

パイクス・ピーク/デイブ・パイク -1960年代

活動再開後すぐのビル・エヴァンスのピアノが聴ける1961年の録音。リーダーのパイクは、マイルスの「ソー・ホワット」と同じくモーダルな楽曲をヴァイブで巧みにプレイしており、エヴァンスとの掛け合いも秀逸。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WHY NOT

02IN A SENTIMENTAL MOOD

03VIERD BLUES

04BESAME MUCHO

05WILD IS THE WIND

【演奏】

デイヴ・パイク(VIB) ビル・エヴァンス(P) ハービー・ルイス(B) ウォルター・パーキンス(DS)

【録音】

1961年11月

2,3,4,+1/シェリー・マン -1960年代

西海岸ジャズのグルーヴを牽引したドラマー、シェリー・マン。本作は東のインパルス・レーベルに遺した貴重なアルバムで、1940年代以来の共演となったコールマン・ホーキンスらとの愉悦的セッションが聴ける。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TAKE THE “A” TRAIN

02THE SICKS OF US

03SLOWLY

04LEAN ON ME

05CHEROKEE

06ME AND SOME DRUMS

【演奏】

シェリー・マン(DS) コールマン・ホーキンス(TS,P) エディ・コスタ(VIB,P) ハンク・ジョーンズ(P) ジョージ・デュヴィヴィエ(B)

【録音】

1962年2月

ジャズ・サンバ/スタン・ゲッツ -1960年代

スタン・ゲッツがジョアン・ジルベルトと歴史的名盤を吹き込む前年に制作したボッサ集。ブラジル帰りのチャーリー・バードがかき鳴らすアコースティック・ギターのレイドバック・サウンドがたまらない。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01DESAFINADO

02SAMBA DEES DAYS

03O PATO

04SAMBA TRISTE

05SAMBA DE UMA NOTA SO

06E LUXO SO07BAIA

【演奏】

スタン・ゲッツ(TS) チャーリー・バード(G) キーター・ベッツ(B) ジーン・バード(G,B) バディ・ディペンシュミット,ビル・ライヒェンバッハ(DS)

【録音】

1962年2月

橋/ソニー・ロリンズ -1960年代

「レガシー・レコーディング・シリーズ」ジャズ編。本作は、テナー・サックス奏者、ソニー・ロリンズが約2年間の隠遁期間を経て発表したアルバム。名ギタリスト、ジム・ホールのプレイも、巨人の復活に華を添えた。アルバム・タイトルは、ニューヨークのウィリアムズバーグ橋に由来。さらに力強さと風格を増したロリンズ・サウンドを満喫できる作品。 (billboard-japanより)

【収録曲】

1. ウィザウト・ア・ソング

2. ホエア・アー・ユー

3. ジョン・S

4. 橋

5. ゴッド・ブレス・ザ・チャイルド

6. ユー・ドゥ・サムシング・トゥ・ミー

【演奏】

ソニー・ロリンズ(TS) ジム・ホール(G) ボブ・クランショウ(B) ベン・ライリー(DS) 他

【録音】

1962年1~2月

イントゥ・ザ・ホット/ギル・エバンス -1960年代

ジョン・キャリシ率いるアンサンブルによる楽曲と、セシル・テイラーやアーチー・シェップからなるコンボの演奏を交互に並べた不思議なアルバム。ギルならでは音楽性がアルバム全体から滲み出ているインパルス盤。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MOON TAJ

02POTS

03ANGKOR WAT

04BULBS

05BARRY’S TUNE

06MIXED

【演奏】

ギル・エヴァンス(COND) (1)(3)(5)ジョン・キャリシ(TP)クラーク・テリー,ジョー・ワイルダー(TP) ボブ・ブルックマイヤー,アービー・グリーン(TB) フィル・ウッズ,ジーン・クイル(AS) エディ・コスタ(P,VIB) ミルト・ヒントン(B) 他 (2)(4)(6)テッド・カーソン(TP) ラズウェル・ラッド(TB) ジミー・ライオンズ(AS) アーチー・シェップ(TS) セシル・テイラー(P) ヘンリー・グライムス(B) サニー・マレイ(DS)

【録音】

(1)(2)(4)~(6)1961年10月 (3)1961年9月

ハイ・フライ/ジャッキー・バイアード -1960年代

最良のリズム・セクションのサポートを受け、ジャズの伝統やスタイルを消化し、強烈な個性を生み出す異才ジャッキー・バイアードの名声を築いた、1962年録音のピアノ・トリオの名盤。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01HI – FLY

02TILLIE BUTTERBALL

03EXCERPTS FROM “YAMECRAW”

04THERE ARE MANY WORLDS

05HERE TO HEAR

06LULLABY OF BIRDLAND

07’ROUND MIDNIGHT

08BLUES IN THE CLOSET

【演奏】

ジャッキー・バイアード(P) ロン・カーター(B) ピート・ラ・ロッカ(DS)

【録音】

1962年1月

ベリー・トール/オスカー・ピーターソン・ウイズ・ミルト・ジャクソン -1960年代

ジャズの名ピアノ・トリオにヴァイブラフォンの名手が加わった興味深いカルテットの1961年作。ピーターソンとジャクソンはこの後にも何度か共演を果たすが、本作でのインパクトは今なお特筆すべきものがある。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01ON GREEN DOLPHIN STREET

02HEARTSTRINGS

03WORK SONG

04JOHN BROWN’S BODY

05A WONDERFUL GUY

06REUNION BLUES

【演奏】

オスカー・ピーターソン(P) ミルト・ジャクソン(VIB) レイ・ブラウン(B) エド・シグペン(DS)

【録音】

1961年9月

バグス・ミーツ・ウエス/ミルト・ジャクソン&ウエス・モンゴメリー -1960年代

それぞれヴァイブとギターでジャズ史に名を刻んだ二人の一期一会ともいうべきセッション。天性のメロディメイカーにウィントン・ケリー・トリオのサポートが加わり、えもいわれぬグルーヴを生み出している。(CDジャーナルより)

【収録曲】01S.K.J.

02STABLEMATES

03STAIRWAY TO THE STARS

04BLUE ROZ

05SAM SACK

06JINGLES

07DELILAH

08STAIRWAY TO THE STARS

09JINGLES

10DELILAH

(8)(9)(10)ボーナストラック

【演奏】

ミルト・ジャクソン(VIB) ウェス・モンゴメリー(G) ウィントン・ケリー(P) サム・ジョーンズ(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1961年12月

ビレッジ・ゲートのハービー・マン -1960年代

グルーヴ感いっぱいの名曲「カミン・ホーム・ベイビー」の大ヒットで知られるハービー・マンの代表作。

(Warner Music Japan より)

  1. カミン・ホーム・ベイビー
  2. サマータイム
  3. イット・エイント・ネセサリリー・ソー

【演奏者】

ハービー・マン(fl)ヘイグッド・ハーディ(vib)アーメド・アブドゥル・マリク(b)ベン・タッカー(b 2のみ)ルディ・コリンズ(ds)レイ・マンティラ、チーフ・ベイ(perc)


【録音】

1961年11月17日ニューヨーク『ヴィレッジ・ゲイト』でのライヴ

ザ・クインテッセンス/クインシー・ジョーンズ -1960年代

ポピュラー音楽史に残る最重要人物の一人が1961年にインパルスに残した唯一のアルバム。それまでのビッグバンド・ジャズをさらに進化させたような完成度の高さで、フィル・ウッズらのソロも非常に効果的に使われている。

(CDジャーナルより)

【収録曲】01QUINTESSENCE

02ROBOT PORTRAIT

03LITTLE KAREN

04STRAIGHT, NO CHASER

05FOR LENA AND LENNIE

06HARD SOCK DANCE

07INVITATION

08THE TWITCH

【演奏】

クインシー・ジョーンズ(指揮) フレディ・ハバード,サド・ジョーンズ,クラーク・テリー(TP) カーティス・フラー(TB) フィル・ウッズ(AS) フランク・ウェス,オリヴァー・ネルソン(TS) ボビー・スコット(P) ミルト・ヒントン(B) オシー・ジョンソン(DS)他

【録音】

(1)~(4)(6)(7)1961年12月 (5)(8)1961年11月

ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード/ジョン・コルトレーン -1960年代


エリック・ドルフィーを迎えたクインテットで1961年11月に行なわれたライヴ・レコーディングを収録。彼とコルトレーンとの激しいサックス・バトルを始め、聴きどころが満載となっている。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SPIRITUAL

02SOFTLY, AS IN A MORNING SUNRISE

03CHASIN’ THE TRANE

【演奏】

ジョン・コルトレーン(TS,SS) エリック・ドルフィー(BS-CL) マッコイ・タイナー(P) レジー・ワークマン,ジミー・ギャリソン(B) エルヴィン・ジョーンズ(DS)

【録音】

1961年11月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »