20世紀ジャズ名盤の全て

ジス・ヒア/ボビー・ティモンズ -ボビー・ティモンズ

ファンキーなシングル・トーンとブロック・コードに独特の味わいのあるティモンズ。ファンキー・ブームを彩ったティモンズの3大オリジナルを含む記念すべき初リーダー作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 THIS HERE

02 MOANIN’

03 LUSH LIFE

04 THE PARTY’S OVER

05 PRELUDE TO A KISS

06 DAT DERE

07 MY FUNNY VALENTINE

08 COME RAIN OR COME SHINE

09 JOY RIDE

【演奏】

ボビー・ティモンズ(P) (1)(2)(4)~(9)サム・ジョーンズ(B) ジミー・コブ(DS)

【録音】

1960年1月

リターンズ/レッド・ロドニー -ブログ

パーカーのクインテットでマイルス、あるいはドーハムとトランペッターの座を二分したビバップの名手のひとり、ロドニーが麻薬のリハビリで立ち直った59年のシカゴ録音盤。その後、彼は大学で法律の教鞭をとったりシーンに戻ったり、ユニークな存在だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 SHAW NUFF

02 RED HOT AND BLUE

03 I REMEMBER YOU

04 5709

05 WHIRLWIND

06 JORDU

07 SHELLEY

08 TWO BY TWO

【演奏】

レッド・ロドニー(tp)ビリー・ルート(ts)ダニー・ケント(p)ジェイ・ケイヴ(b)フランク・ヤング(ds)

【録音】

1959年

ポートレイト・イン・ジャズ/ビル・エヴァンス -1950年代

ピアノ・トリオという構造を見直し、新しいトリオを実現したビル・エヴァンスの名盤。天才ベーシスト、スコット・ラファロをトリオに迎えての初レコーディングは決定的な代表作となった。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 COME RAIN OR COME SHINE

02 AUTUMN LEAVES

03 AUTUMN LEAVES

04 WITCHCRAFT

05 WHEN I FALL IN LOVE

06 PERI’S SCOPE

07 WHAT IS THIS THING CALLED LOVE?

08 SPRING IS HERE

09 SOMEDAY MY PRINCE WILL COME

10 BLUE IN GREEN11BLUE IN GREEN

(11) ボーナストラック

【演奏】

ビル・エヴァンス(P) スコット・ラファロ(B) ポール・モチアン(DS)

【録音】

1959年12月

ザ・グレート・ワイド・ワールド・オブ・クインシー・ジョーンズ -アルトサックス

あまり注目されることのない1950年代のクインシー作品。実際のところ、本エマーシー盤においても彼のオリジナル曲が一曲もないのはちょっとした驚きだが、それでもフィル・ウッズらによるバピッシュなソロは聴く価値あり。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 LESTER LEAPS IN

02 GHANA

03 CARAVAN

04 EVERYBODY’S BLUES

05 CHEROKEE

06 AIR MAIL SPECIAL

07 THEY SAY IT’S WONDERFUL

08 CHANT OF THE WEED

09 I NEVER HAS SEEN SNOW

10 EESOM

【演奏】

クインシー・ジョーンズ・アンド・ヒズ・オーケストラ:クインシー・ジョーンズ(指揮) アーニー・ロイヤル,アート・ファーマー,リー・モーガン(TP) ジミー・クリーヴランド,アービー・グリーン(TB) ジュリアス・ワトキンス(HR) フィル・ウッズ(AS) ジェローム・リチャードソン(FL,TS) サヒブ・シハブ(BRS) パティ・ボウン(P) レス・スパン(FL,G) 他

【録音】

1959年11月

スケッチ・オブ・スペイン/マイルス・デイビス -ブログ

『クールの誕生』と並ぶギル・エヴァンスとの合作の名盤。ギルの編曲とマイルスのソロが見事に融和し、それまでになかったジャズを打ち出した。原曲であるクラシックの旋律とモード・ジャズが絶妙に絡む。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 CONCIERTO DE ARANJUEZ

02 WILL O’ THE WISP

03 THE PAN PIPER

04 SAETA

05 SOLEA

【演奏】

マイルス・デイビス(FLH,TP) ギル・エヴァンス&オーケストラ

【録音】

1959年11月

スター・ブライト/ディジー・リース -ブログ

ジャマイカ産のトランペッター、ディジー・リースの代表作。ヨーロッパで研鑽を積み、満を持してブルーノートに吹き込んだ2枚目で、どことなくエキゾティックな雰囲気はカリブの風が成せる業か。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 THE RAKE

02 I’LL CLOSE MY EYES

03 GROOVESVILLE

04 THE REBOUND

05 I WISHED ON THE MOON

06 A VARIATION ON MONK

【演奏】

ディジー・リース(TP) ハンク・モブレー(TS) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1959年11月

静かなるケニー/ケニー・ドーハム -1950年代

詩情豊かな演奏でファンの心をつかむケニー・ドーハムの傑作。クールでエレガントな香りを漂わせ心に残る「蓮の花」などおなじみの名曲を聴くことができる。トミフラの演奏も輝いてる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 LOTUS BLOSSOM

02 MY IDEAL

03 BLUE FRIDAY

04 ALONE TOGETHER

05 BLUE SPRING SHUFFLE

06 I HAD THE CRAZIEST DREAM

07 OLD FOLKS

08 MACK THE KNIFE

【演奏】

ケニー・ドーハム(TP) トミー・フラナガン(P) ポール・チェンバース(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1959年11月

イントロデューシング/ウェイン・ショーター -1950年代

ウェイン・ショーターの初のレコーディング作品。マイルス・クインテットら豪華なゲストを迎え、1曲を除きオリジナルで固めた意欲作。独特なフレージングとトーンはこの頃からすでに開花している。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 BLUES A LA CARTE

02 HARRY’S LAST STAND

03 DOWN IN THE DEPTHS

04 PUG NOSE

05 BLACK DIAMOND

06 MACK THE KNIFE

【演奏】

ウェイン・ショーター(TS) リー・モーガン(TP) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) ジミー・コブ(DS)

【録音】

1959年11月

レイ・ブライアント・ブレイズ/レイ・ブライアント -1950年代

レイとトミーのブライアント兄弟にドラムのオリヴァー・ジャクソンが加わったトリオ。1959年にSignatureレーベルに残された貴重な作品で、ジャズメン・オリジナルなどを手際よく料理している。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 DELAUNEY’S DILEMMA

02 BLUE MONK

03 MISTY

04 SNEAKING AROUND

05 NOW’S THE TIME

06 WHEATLEIGH HALL

07 DOODLIN’

08 A HUNDRED DREAMS FROM NOW

09 BAGS GROOVE

10 WALKIN’

11 TAKE THE A TRAIN

12 WHISPER NOT

【演奏】

レイ・ブライアント(P) トミー・ブライアント(B) オリヴァー・ジャクソン(DS)

【録音】

1959年10月

プロフィール/デューク・ピアソン -ブログ

当時20代だったジャズ・ピアニストが最初にブルーノートに残したリーダー作。トリオという挨拶代わりの一作としては申し分のないフォーマットで取り組んでおり、スタンダード曲も多数収録した確かな一枚。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01LIKE SOMEONE IN LOVE

02BLACK COFFEE

03TABOO

04I’M GLAD THERE IS YOU

05GATE CITY BLUES

06TWO MILE RUN

07WITCHCRAFT

【演奏】

デューク・ピアソン(P) ジーン・テイラー(B) レックス・ハンフリーズ(DS)

【録音】

1959年10月

スイング・スワング・スインギン/ジャッキー・マクリーン -アルトサックス

「ホワッツ・ニュー」の名演で知られるジャッキー・マクリーンのワン・ホーン・スタンダード集。情熱と哀愁のアルトがおなじみのメロディを切々と歌い上げ、名曲に新しい生命を吹き込んでいる。ピアノ・トリオの名盤『スピーク・ロウ』の中核がバックに参加。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 WHAT’S NEW

02 LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE

03 STABLEMATES

04 I REMEMBER YOU

05 I LOVE YOU

06 I’LL TAKE ROMANCE

07 116TH AND LENOX

【演奏】

ジャッキー・マクリーン(AS) ウォルター・ビショップJr.(P) ジミー・ギャリソン(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1959年10月

イン・サンフランシスコ/キャノンボール・アダレイ -アルトサックス

ファンキー・ブームの立役者であるキャノンボール・クインテットの熱気あふれるライヴ録音。爆発的な大ヒットを記録し、快進撃の出発点となったキャノンボールの出世作だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 THIS HERE

02 SPONTANEOUS COMBUSTION

03 HI – FLY

04 YOU GOT IT!

05 BOHEMIA AFTER DARK

06 STRAIGHT, NO CHASER

(6)ボーナストラック

【演奏】

キャノンボール・アダレイ(AS) ナット・アダレイ(COR) ボビー・ティモンズ(P) サム・ジョーンズ(B) ルイ・ヘイズ(DS)

【録音】

1959年10月

フュエゴ/ドナルド・バード -アルトサックス

全編がドナルド・バード自身のオリジナルで構成されたアルバム。ゴスペル色の濃いナンバーから、60年代ジャズ喫茶が大合唱に包まれたというほどの人気ぶりが伺える。サイド・メンバーの活躍にも注目。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 FUEGO

02 BUP A LOUP

03 FUNKY MAMA

04 LOW LIFE

05 LAMENT

06 AMEN

【演奏】

ドナルド・バード(TP) ジャッキー・マクリーン(AS) デューク・ピアソン(P) ダグ・ワトキンス(B) レックス・ハンフリーズ(DS)

【録音】

1959年10月

アット・ザ・プレリュード/レッド・ガーランド -1950年代

レッド・ガーランド生誕80年企画で、1959年に行なわれたレッド・ガーランド・トリオのライヴを収録。世界初登場となる3曲が加わり、歴史的セッションといわれるパフォーマンスの全貌が明らかに。(CDジャーナルより)

【収録曲】

[Disc 1]

01 M SQUAD THEME

02 THERE WILL NEVER BE ANOTHER YOU

03 LET ME SEE

04 WE KISS IN A SHADOW

05 BLUES IN THE CLOSET

06 SATIN DOLL

07 LI’L DARLIN’

08 LI’L DARLIN’

09 ONE O’CLOCK JUMP

[Disc 2]

01 PERDIDO

02 BYE BYE BLACKBIRD

03 LIKE SOMEONE IN LOVE

04 IT’S A BLUE WORLD

05 MARIE

06 BOHEMIAN BLUES

07 ONE O’CLOCK JUMP

[Disc 3]

01 A FOGGY DAY

02 SATIN DOLL

03 MR.WONDERFUL

04 JUST SQUEEZE ME (BUT DON’T TEASE ME)

05 PRELUDE BLUES

06 CHEROKEE

07 ONE O’CLOCK JUMP

【演奏】

レッド・ガーランド(P) ジミー・ロウザー(B) スペックス・ライト(DS)

【録音】

1959年10月

ビレッジ・ヴァンガードの夜/ケニー・バレル -1950年代

名ギター・プレイヤー、ケニー・バレルのシンプルかつスリリングなギター・トリオ作品集。スタンダードを中心にブルージィな歌心あふれるバレルの個性が十分に堪能できる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 ALL NIGHT LONG

02 WILL YOU STILL BE MINE

03 I’M A FOOL TO WANT YOU

04 TRIO

05 I CAN’T SEE FOR LOOKIN

06 CHEEK TO CHEEK

07 BROADWAY

08 SOFT WINDS

09 JUST A-SITTIN’ AND A-ROCKIN’

10 WELL, YOU NEEDN’T

【演奏】

ケニー・バレル(G) リチャード・デイヴィス(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1959年9月

ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ/ホレス・シルバー -1950年代

1959年録音の大人気アルバム。ビッグバンドなどでも頻繁に取り上げられるファンキー・ナンバー「シスター・セイディ」から意外なまでにメランコリックな旋律の「ピース」まで、味わいどころの多い1枚。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 BLOWIN’ THE BLUES AWAY

02 THE ST. VITUS DANCE

03 BREAK CITY

04 PEACE

05 SISTER SADIE

06 THE BAGHDAD BLUES

07 MELANCHOLY MOOD

【演奏】

ホレス・シルヴァー(p)ブルー・ミッチェル(tp)ジュニア・クック(ts)ジーン・テイラー(b)ルイス・ヘイズ(ds)

【録音】

1959年8月

グルーピン・ウィズ・ゴルソン/ベニー・ゴルソン -1950年代

別掲『カーティス・フラー・ジャズテット』の直後に録音されたゴルソン名義のアルバム。だが内容的にはジャズテットのムードを離れ、あくまでもゴルソン個人の嗜好を前面に打ち出す差別化がはかられている。作風とは異なり、攻撃的なサックスが炸裂する。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 MY BLUES HOUSE

02 DRUMBOOGIE

03 I DIDN’T KNOW WHAT TIME IT WAS

04 THE STROLLER

05 YESTERDAYS

【演奏】

ベニー・ゴルソン(ts)カーティス・フラー(tb)レイ・ブライアント(p)ポール・チェンバース(b)アート・ブレイキー(ds)

【録音】

1959年8月

アット・ザ・ファイブ・スポット・カフェ/ケニー・バレル -1950年代

ブルーノート創立70周年記念シリーズ。ティモンズ(CP)、タッカー(B)、ブレイキー(Dr)が脇を固め、ブルージィなバレルのギターを盛り立てる。「バークス・ワークス」ではブルックスが参加するなど、豪華かつ渋い名演を披露する。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 イントロダクション

02 バークス・ワークス

03 ハレルヤ

04 レディ・ビー・グッド

05 ラヴァー・マン

06 36 – 23 – 36

【演奏】

ケニー・バレル(G) ティナ・ブルックス(TS) ボビー・ティモンズ,ローランド・ハナ(P) ベン・タッカー(B) アート・ブレイキー(DS)

【録音】

1959年8月

ケリー・グレイト/ウィントン・ケリー -1950年代

ウィントン・ケリーのファンには欠かせないヴィージェイ・レーベルからリリースされた一作。リー・モーガンとショーターの2管フロントも魅力だが、彼らを引き立てるスウィンギーなピアノこそケリーの真骨頂といったところ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 WRINKLES

02 MAMA “G”

03 JUNE NIGHT

04 WHAT KNOW

05 SYDNEY

【演奏】

ウィントン・ケリー(P) リー・モーガン(TP) ウェイン・ショーター(TS) ポール・チェンバース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1959年8月

ザ・リトル・ジャイアント/ジョニー・グリフィン -1950年代

パワフルなテナー・サックスとして名を馳せたジョニー・グリフィンの1959年作品。ブルー・ミッチェルとジュリアン・プリースターを加えた3管編成で、グリフィンのブロウに触発されるメンバーの様子がうかがえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 OLIVE REFRACTIONS

02 THE MESSAGE

03 LONELY ONE

04 63RD STREET THEME

05 PLAYMATES

06 VENUS AND THE MOON

【演奏】

ジョニー・グリフィン(TS) ブルー・ミッチェル(TP) ジュリアン・プリースター(TB) ウィントン・ケリー(P) サム・ジョーンズ(B) アルバート・ヒース(DS)

【録音】

1959年8月

ザ・リトル・ジャイアント/ジョニー・グリフィン -1950年代

パワフルなテナー・サックスとして名を馳せたジョニー・グリフィンの1959年作品。ブルー・ミッチェルとジュリアン・プリースターを加えた3管編成で、グリフィンのブロウに触発されるメンバーの様子がうかがえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OLIVE REFRACTIONS

02THE MESSAGE

03LONELY ONE

0463RD STREET THEME

05PLAYMATES

06VENUS AND THE MOON

【演奏】

ジョニー・グリフィン(TS) ブルー・ミッチェル(TP) ジュリアン・プリースター(TB) ウィントン・ケリー(P) サム・ジョーンズ(B) アルバート・ヒース(DS)

【録音】

1959年8月

デイビス・カップ/ウォルター・デイビス・ジュニア -ブログ

ブルーノート創立70周年記念シリーズ。ウォルター・デイヴィスJr.の初リーダー作品で、ドナルド・バード、ジャッキー・マクリーンらのフロントとの掛け合いが冴える傑作。「スメイク・イット」「マイナー・マインド」など全6曲を収録する。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01’SMAKE IT

02LOODLE – LOT

03SWEETNESS

04RHUMBA NHUMBA

05MINOR MIND

06MILLIE’S DELIGHT

【演奏】

ウォルター・デイヴィスJr.(P) ドナルド・バード(TP) ジャッキー・マクリーン(AS) サム・ジョーンズ(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1959年8月

タイム・アウト/デイブ・ブルーベック -アルトサックス

デイヴ・ブルーベックの、そしてジャズ界のマスター・ピースでもある作品の豪華3枚組エディション。オリジナル盤に加え、ニューポートでのライヴ音源も収録した充実の内容だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】[Disc 1]

01 トルコ風ブルー・ロンド

02 STRANGE MEADOW LARK

03 TAKE FIVE 

04 THREE TO GET READY

05 KATHY’S WALTZ

06 EVERYBODY’S JUMPIN’07PICK UP STICKS

[Disc 2]〈ライヴ・アット・ニューポート1961,1963,1964〉

01 ST.LOUIS BLUES

02 WALTZ LIMP

03 SINCE LOVE HAD ITS WAY

04 KOTO SONG

05 PENNIES FROM HEAVEN

06 YOU GO TO MY HEAD

07 トルコ風ブルー・ロンド

08 TAKE FIVE

[Disc 3]〈DVD〉

エクスクルーシヴ・インタビュー・ウィズ・デイヴ・ブルーベック-メイキング・オブ・「タイム・アウト」/マルチ・カメラ・アングルによるインタラクティヴ・ピアノ・レッスン/フォト・ギャラリー

【演奏】

デイヴ・ブルーベック(P) ポール・デスモンド(AS) ユージーン(ジーン)・ライト(B) ジョー・モレロ(DS)

【録音】

1959年8月

バード・イン・ハンド/ドナルド・バード -1950年代

卓越した作編曲能力、そしてブルーノートを代表するトランペッターへと成長していくドナルド・バード初期の傑作。初期とはいえ、当時多くのミュージシャンに影響を与えた大物ぶりがうかがえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WITCHCRAFT

02HERE AM I

03DEVIL WHIP

04BRONZE DANCE

05CLARION CALLS

06THE INJUNS

【演奏】

ドナルド・バード(TP) チャーリー・ラウズ(TS) ペッパー・アダムス(BRS) ウォルター・デイヴィスJr.(P) サム・ジョーンズ(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1959年5月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »