20世紀ジャズ名盤の全て

ソングス・フロム・ハート/ジョニー・ハートマン -ヴォーカル

バリトン・ヴォイスの人気男性ジャズシンガー、ジョニー・ハートマンのベツレヘム・デビュー作品にして初期傑作アルバムとして名高い一枚。バード・ゴールドブラッドによる洗練されたアートワークも素晴らしいジョニー・ハートマン絶頂期の名作。

【収録曲】
1. ホワット・イズ・ゼア・トゥ・セイ
2. 浮気はやめた
3. アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥ・イージリー
4. ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン
5. ダウン・イン・ザ・デプス
6. ゼイ・ディドント・ビリーヴ・ミー
7. アイム・グラッド・ゼア・イズ・ユー
8. ホエン・ユア・ラヴァー・ハズ・ゴーン
9. 四月の想い出
10. アイ・シー・ユア・フェイス・ビフォア・ミー
11. セプテンバー・ソング
12. ヴァーモントの月
13. ダウン・イン・ザ・デプス(別テイク)
14. ゼイ・ディドント・ビリーヴ・ミー(別テイク)
15. アイム・グラッド・ゼア・イズ・ユー(別テイク)
16. 四月の想い出(別テイク)
17. アイ・シー・ユア・フェイス・ビフォア・ミー(別テイク)
18. セプテンバー・ソング(別テイク)

【演奏者】
ジョニー・ハートマン(VO)ハワード・マギー(tp)ラルフ・シャロン(p)ジェイ・ケイヴ(b)クリスティ・フェッボ(Ds)

【録音】
1956年、NYにて録音

トーチ/カーメン・マクレエ -ヴォーカル

名ジャズ・ヴォーカリスト、カーメン・マクレエの名唱集が「Decca生誕70周年特別企画」シリーズとして紙ジャケ化。素晴らしい表現力で戦時中に残された妻や恋人たちの気持ちを切々と歌う。

【収録曲】
1.ラスト・ナイト・ホエン・ウィ・ワー・ヤング
2.スピーク・ロウ
3.バット・ビューティフル
4.イフ・ユード・ステイ・ザ・ウェイ・アイ・ドリーム・アバウト・ユー
5.ミッドナイト・サン
6.マイ・フューチャー・ジャスト・パースト
7.イエスタデイズ
8.ウィ・ウィル・ビー・トゥゲザー・アゲイン
9.アイム・ア・ドリーマー・アーント・ウィ・オール
10.グッド・モーニング・ハートエイク
11.スター・アイズ
12.ゴースト・オブ・ア・チャンス

【演奏者】
カ-メン・マクレエ(vo)
ラルフ・バーンズ(arr, con)・オーケストラ on 1, 5, 7, 10
ジャック・プライス(arr, cond)・オーケストラ except 1, 5,7, 10
ジョー・ワイルダー(tp)
アル・クリンク(ts)
アンディ・アッカーズ(p)
ダニー・ペリ(g)

【録音】
1955年12月16日29日30日録音

ジャズ・アドバンズ/セシル・テイラー -1950年代

ジャズ・ピアノの鬼才が残したあまりに衝撃的なデビュー作!フリー・ジャズはここから始まった! ジャズ・ピアノの鬼才セシル・テイラーが1955年に残したこのデビュー作はあまりに衝撃的だ。現代音楽から触発された音楽性を駆使して、ここでの彼は極めて先進的な演奏を披露する。スティーヴ・レイシーを含むカルテットは、従来のジャズが有していた概念を無視するかのように独自の手法で斬新なプレイを重ねていく。まさにタイトル通り、ジャズを大きく前進させる1枚。

【収録曲】
1.ベムシャ・スイング
2.チャージ・エム・ブルース
3.アズール
4.ソング
5.ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
6.リッキックショウ

【演奏者】
(p)セシル・テイラー、(ss)スティーヴ・レイシー、(b)ビュエル・ナイドリンガー、(ds)デニス・チャールズ

【録音】
1955年12月10日

ワークタイム/ソニー・ロリンズ -テナーサックス

生涯の傑作『サキソフォン・コロッサス』の半年前にワン・ホーンで吹き込んだ初期代表作のひとつ。豪放無比なソロが連続する痛快な<ショウほど素敵な商売はない>、哀愁のメロディがラテン調のリズムとコラボした名オリジナル<パラドックス>など聴きどころが満載。

【収録曲】
1.ショウほど素敵な商売はない
2.パラドックス
3.レインチェック
4.ゼア・アー・サッチ・シングス
5.イッツ・オールライト・ウィズ・ミー

【演奏者】
ソニー・ロリンズ(ts) レイ・ブライアント(p) ジョージ・モロウ(b) マックス・ローチ(ds)
【録音】
1955年12月2日、ニュージャージーにて録音

コンプリート・カフェ・ボヘミアVol.1/ジャズ・メッセンジャーズ -1950年代

初代ジャズ・メッセンジャーズによる歴史的なライヴ・レコーディング。
ニューヨークのジャズ・クラブを熱気の渦に巻き込んだオリジナル・ジャズ・メッセンジャーズのライヴを完全パッケージ。永遠に語り継がれる名演「マイナーズ・ホリデイ」を含む全6曲。

【収録曲】
1.アナウンスメント・バイ・アート・ブレイキー
2.ソフト・ウィンズ
3.ザ・テーマ
4.マイナーズ・ホリデイ
5.アローン・トゥゲザー
6.プリンス・アルバート

【演奏者】
アート・ブレイキー(DS) ケニー・ドーハム(TP) ハンク・モブレー(TS) ホレス・シルヴァー(P) ダグ・ワトキンス(B)

【収録】
1955年11月23日ライヴ録音

マイルス~ザ・ニュー・マイルス・デイビス・クインテット -1950年代

コルトレーンを擁する黄金のクインテットのプレスティッジ初録音。荒削りながら、次代のジャズの創造意欲にあふれたサウンドを披露。

【収録曲】
01ジャスト・スクイーズ・ミー
JUST SQUEEZE ME (BUT DON’T TEASE ME)
02ノー・グレイター・ラヴ
There Is No Greater Love
03ハウ・アム・アイ・トゥ・ノウ?
HOW AM I TO KNOW?
04スポージン
S’POSIN
05ザ・テーマ
THE THEME
06ステイブルメイツ
STABLEMATES

【演奏者】
マイルス・デイヴィス(tp) ジョン・コルトレーン(ts) レッド・ガーランド(p) ポール・チェンバース(b) フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)

【録音】
1955年11月16日、ニュージャージーにて録音

イン・ハイ・ファイ/チコ・ハミルトン・クインテット -1950年代

派手さはないものの独特のスティックさばきでファンに愛されたドラマーのリーダー作。多くの共演作を残したジム・ホールらとの息の合ったプレイが収められており、名演に数えられる「トプシー」も収録。

【収録曲】
01 JONALAH
02 CHRISSIE
03 THE WIND
04 GONE LOVER (WHEN YOUR LOVER HAS GONE)
05 THE GHOST
06 SLEEPY SLEPT HERE (SANTA MONICA)
07 TAKIN’ A CHANCE ON LOVE
08 THE SQUIMP
09 TOPSY
10 DRUMS WEST
11 SLEEP

【演奏者】
チコ・ハミルトン(DS) バディ・コレット(AS,TS,FL,CL) フレッド・カッツ(VC) ジム・ホール(G) カーソン・スミス(B)

【録音】
1955年11月,1956年1月,2月

オパス・デ・ジャズ/ミルト・ジャクソン -1950年代

バグスの愛称で親しまれた屈指のジャズ・ヴァイブラフォン奏者が1955年に行なったリーダー・セッション。ホレス・シルヴァーのペンによるタイトル曲ほかを、ハンク・ジョーンズら実力派とともにプレイしたサヴォイ盤。

【収録曲】
01 OPUS DE FUNK
02 OPUS POCUS
03 YOU LEAVE ME BREATHLESS
04 OPUS AND INTERLUDE

【演奏】
ミルト・ジャクソン(VIB) フランク・ウェス(FL,TS) ハンク・ジョーンズ(P) エディ・ジョーンズ(B) ケニー・クラーク(DS)

【録音】
1955年10月

ホワイ・ドゥ・アイ・ラブ・ユー/ヘレン・カー -ヴォーカル

60年に38歳で交通事故死した白人女性歌手。1955年に録音した2枚のベツレヘム盤が全録音とあって、知る人ぞ知る存在。渋めのスタンダードばかりという選曲がひと味変わっている。ストレートに心に届くハートウォーミングな歌声。バックはtp・g・bという変則トリオ。

【収録曲】
01 BE CAREFUL, IT’S MY HEART
02 MY KIND OF TROUBLE IS YOU
03 LONELY STREET
04 SYMPHONY
05 YOU’RE GETTING TO BE A HABIT WITH ME
06 BYE BYE BABY
07 THEN YOU’VE NEVER BEEN BLUE
08 SUMMER NIGHT
09 GOT A DATE WITH AN ANGEL
10 WHY DO I LOVE YOU
11 DO I WORRY
12 I’VE GOT A FEELIN’ YOU’RE FOOLIN’

【演奏者】
ヘレン・カー(VO) (1)(2)(4)~(12)キャッピー・ルイス(TP) ハワード・ロバーツ(G) レッド・ミッチェル(B)

【録音】
1955年11月

ザ・リターン・オブ・ハワード・マギー -1950年代

ディジー、ナヴァロと並ぶビ・バップ・トランぺッター。本作はフィリー・ジョーのダイナミックな大プッシュを受けて、往時の瞬発力を発揮。サヒブ・シハブも快演。「ゲット・ハッピー」などを収録。

【収録曲】
01 ゲット・ハッピー
02 タヒチアン・ララバイ
03 ラヴァー・マン
04 木の葉の子守唄
05 ユーア・ティージング・ミー
06 トランスピキュアス
07 リフタイド
08 ウー・ウィー・バット・アイ・ドゥ
09 ドント・ブレイム・ミー
10 トゥイードルズ
11 四月の思い出

【演奏者】
ハワード・マギー(TP) サヒブ・シハブ(BRS) デューク・ジョーダン(P) パーシー・ヒース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】
1955年10月

ラウンド・アバウト・ミッドナイト/マイルス・デイビス -1950年代

米コロンビア移籍後にマイルス・デイビスが初めて録音した記念碑的なアルバム。貴重な未発表ライヴ・テイクを多数収録したファン垂涎のアイテムだ。最高傑作と言われるマイルスの名盤。

【収録曲】
01 ’ROUND MIDNIGHT
02 AH – LEU – CHA
03 ALL OF YOU
04 BYE BYE BLACKBIRD
05 TADD’S DELIGHT
06 DEAR OLD STOCKHOLM

【演奏者】
マイルス・デイビス(TP) ジョン・コルトレーン(TS) レッド・ガーランド(P) ポール・チェンバース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】
1955年、1956年

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »