20世紀ジャズ名盤の全て

ライブ・イン・パリ82、スタン・ゲッツ -ブログ

82年にパリのクラブ、ニュー・モーニングで行なわれたライヴ・テイクを収録。パリの洗練された雰囲気が、彼の奏でる音色からも伝わってくる。ライヴとは思えないほどクリアな音も魅力。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:スタン・ゲッツ(TS) ジム・マクニーリー(P) マーク・ジョンソン(B) ビクター・ルイス(DS)

 

01アン・グラン・アムール
02ブラッド・カウント
03エアジン
04ブルー・スカイズ
05オン・ジ・アップ・アンド・アップ
06アイ・ウォンテッド・トゥ・セイ
07テンパス・フュジット

シティスケイプ、マイケル・ブレッカー&クラウス・オガーマン -ブログ

名作曲家にして名編曲家であったクラウス・オガーマンとマイケル・ブレッカーの幸せな邂逅。当時若手最有望株であったサクソフォニストの実力を引き出し、ジャズとクラシックの垣根を超える名作となった82年の記録。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:クラウス・オガーマン(COND) マイケル・ブレッカー(SAX) スティーヴ・ガッド(DS) (2)ジョン・トロペイ,(4)バズ・フェイテン(G) (1)(3)エディ・ゴメス,(2)(4)~(6)マーカス・ミラー(B) (2)(4)パウリーニョ・ダ・コスタ(PERC) 他

 

01CITYSCAPE
02HABANERA
03NIGHTWINGS
04IN THE PRESENCE AND ABSENCE OF EACH OTHER
05IN THE PRESENCE AND ABSENCE OF EACH OTHER
06IN THE PRESENCE AND ABSENCE OF EACH OTHER

ライト・ミー・アップ、ハービー・ハンコック -ブログ

ディスコ系サウンドを追究していたころのハービーがロッド・テンパートンを迎え、クインシー・ジョーンズを意識して制作されたと言われる82年作品。TOTOのメンバーらを加えたパーティ的な雰囲気が特徴。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ハービー・ハンコック(KEY,VO) ナラダ・マイケル・ウォルデン(DS) ルイス・ジョンソン(B) ポリーニョ・ダ・コスタ(PERC) パティ・オースティン(VO) スティーヴ・ルカサー(G) ジェフ・ポーカロ(DS) 他

01LITE ME UP!
02THE BOMB
03GETTIN’ TO THE GOOD PART
04PARADISE
05CAN’T HIDE YOUR LOVE
06THE FUN TRACKS
07MOTOR MOUTH
08GIVE IT ALL YOUR HEART

 

トラベルズ、パット・メセニー・グループ・ライブ -ブログ

82年7~10月、『オフランプ』時のメンバーで行なわれた80公演にも及ぶ全米ツアーから選りすぐって選曲された、グループ初のライヴ・アルバム。ライヴの魅力満載の2枚組。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:パット・メセニー(G,G-SYN) ライル・メイズ(P,SYN,OG 他) スティーヴ・ロドビー(B,EL-B,B-SYN) ダン・ゴットリーブ(DS) ナナ・ヴァスコンセロス(PERC,VO)

 

[Disc 1]
01ついておいで
02ザ・フィールズ、ザ・スカイ
03グッドバイ
04フェイズ・ダンス
05ストレート・オン・レッド
06ファーマーズ・トラスト
[Disc 2]
01エクストラディション
02ゴーイン・アヘッド/ウィチタ・フォールズ
03トラヴェルズ
04ソング・フォー・ビルバオ
05想い出のサン・ロレンツォ

マリエル、パキート・デリベラ -ブログ

元イラケレのメンバーだったパキートがソニーに残した2枚目のアルバム。奔放で情熱的なプレイはもちろん魅力的だが、その影にあるこの人の生真面目さも見過ごしてはならない。本作にはその特質がよく出ている。

 

アーティスト:パキート・デリベラ(as,ss)ランディ・ブレッカー(tp)ヒルトン・ルイス,ホルヘ・ダルト(p)ジェフ・フラー(b)エディ・ゴメス(b)ジョージ・ワデニウス(g)イグナシオ・ベロア(ds)ダニエル・ポンセ(per)

 

01マリエル

02マイアミ

03クラウディア

04ニューヨーク・イズ・ユー

05ワバンゴ

06モンクートゥーノ

07モーメンツ・ノーティス

 

 

ブラック・ロック、ジェームス・ブラッド・ウルマー -ブログ

オーネット・コールマンのもとからハーモロディック理論を体得し巣立ったギタリストの82年作品。メイジャーCBS(これは2弾目)が放っておけなかったブラックごった煮音楽のパワーと勢いが生々しく詰め込まれている。表題は彼の自由な思想の表われだ。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ジェームス・ブラッド・ウルマ―(g)アミン・アリ(b)ロナルド・ドレイトン(g)カルビン・ウエストン(ds,vo)コーネル・ロチェスター(ds)サム・サンダース(ts)アイリーン・ダッチャー(vo)

 

01OPEN HOUSE
02BLACK ROCK
03MOON BEAM
04FAMILY AFFAIR
05MORE BLOOD
06LOVE HAVE TWO FACES
07OVERNIGHT
08FUN HOUSE
09WE BOP

クリフォード賛歌、フレディ・ハーバード~ウディ・ショウ・ベニー・ゴルソン -ブログ

向かって左のスピーカーからはフレディ・ハバードのトランペットが、右のスピーカーからはウディ・ショトウのトランペットが、そしてベニー・ゴルソンらが絶妙のサポートを繰り広げる。ブラウニー死して26年後82年の賛歌。特に親友ゴルソンの作品が秀逸。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:フレディ・ハバード,ウディ・ショウ(TP) ベニー・ゴルソン(TS) ケニー・バロン(P) セシル・マクビー(B) ベン・ライリー(DS)

 

01I’LL REMEMBER APRIL
02TIME SPEAKS
03NO DANCIN’
04JORDU
05BLUES FOR DUANE
06THEME FOR MAXINE

戦死者たちのバラッド、チャーリー・ヘイデン&リベレーション・ミュージック・オーケストラ -ブログ

69年の作品同様、スペインの市民戦争にインスパイアされて生まれたアルバム。民謡を素材にした曲が多いが、その悲痛な響きはヘイデンの悲しみと憤りをそのまま映し出しているようだ。あまりに美しい鎮魂の歌。

 

アーティスト:チャーリー・ヘイデン(b)カーラ・ブレイ(p)ドン・チェリー(pocket,tp)マイク・マントラ―(tp)ゲイリー・バレンテ(tp)ステーブ・スレイグル(as,ss,cl,fl)ジム・ペッパー(ts,ss,fl)デューイ・レッドマン(ts)シャロン・フリーマン(frh)ミック・グッドリック(g)ポール・モチアン(ds)

 

01エルス・セガドルス
02戦死者たちのバラッド
03サイレンス
04トゥー・レイト
05ラ・パシオナリア
06ラ・サンタ・エスピニャ

 

グリーン・ドルフィン、宮沢昭 -ブログ

仕事に対するハングリーさがないので、最高の実力を持ちながら地味な活動しかしてこなかった宮沢昭が、81年の「マイ・ピッコロ」そして82年のこのアルバムをきっかけに昔とったきねづかの実力を従来にも増してシャープに発揮している。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:宮沢昭(TS,SS)佐藤允彦(P)井野信義(B)日野元彦(DS)

 

01ON GREEN DOLPHIN STREET
02VIERD BLUES
03THRIVING ON A RIFF
04SWEET AND LOVELY
05ALL THE THINGS YOU ARE
06THE SHADOW OF YOUR SMILE

ディセンバー、ジョージ・ウインストン -ブログ

“四季4部作”の3作目となる作品。「パッヘルベルのカノン」やバッハの「主よ,人の望みの喜びよ」などのクラシック曲も含めた楽曲で綴られた、静かに雪が降り積もっていく冬景色を描いたアルバム。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ジョージ・ウインストン(p)

 

01サンクスギヴィング
02ジーザス、レスト・ユア・ヘッド
03ジョイ (主よ、人の望みの喜びよ)
04プレリュード
05キャロル・オブ・ザ・ベルズ
06パート1:スノウ (ナイト)
07パート2:ミッドナイト (ナイト)
08パート3:ミンストレルズ (ナイト)
09パッヘルベルのカノン
10柊と蔦
11サム・チルドレン・シー・ヒム
12ピース

ツインズⅠ&Ⅱ~ライブ・イン・ジャパン”82、ジャコ・パストリアス -ブログ

以前は『インビテーション』のタイトルで出ていた82年のワード・オブ・マウス・バンド来日公演の完全版である。DISC1^①やDISC2-④など、必聴の名曲・名園が追加。ジャコ・ファンならずとも、絶対の買い。

 

アーティスト:ジャコ・パストリアス(B) ランディ・ブレッカー(TP) ボブ・ミンツァー(SAX) ピーター・アースキン(DS) アセロ・モリノウ(STEEL-DS) ドン・アライアス(PERC) 他

 

[Disc 1]
01INVITATON
02SOUL INTRO.|THE CHIKEN
03CONTINUUM
04LIBERTY CITY
05THREE VIEWS OF A SECRET
06SOPHISTICATED LADY
[Disc 2]
01AMERIKA
02OKONKOLE’Y TROMPA
03REZA|GIANT STEPS|REZA
04ELEGANT PEOPLE
05TWINS
06PAC-MAN BLUES (FANNIE MAE)
07ELEVEN

インフレーション・ブルース、ジャック・デジョネット -ブログ

パワーの衰えをまったく感じさせないスペシャル・エディションの第3段。新たにトランペットを加えることで若干のサウンドの変化は見られるが、この時代のロフト・ジャズが放っていたい熱い息吹は確実に伝わってくる。

 

アーティスト:ジャック・デジョネット(ds)バイキダ・キャロル(tp)チコ・フリーマン、ジョン・バーセル(reed)ルーファス・リード(b)

 

01スターバースト

02エボニー

03ジ・アイランズ

04インフレーション・ブルース

05スロウダウン

 

 

セクステットの為の抒情組曲、チック・コリア~ゲイリー・バートン -ブログ

黄金デュオ、チック&ゲイリー、82年のこの作品は一味違う。タイトルの通り、セクステット、つまり、彼ら以外は二つのヴァイオリンとヴィオラ、チェロという弦楽四重奏の加わったもの。試みとしてはおもしろいが、デュオ&弦楽四重奏の観を強く感じる。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:チック・コリア(p)ゲイリー・バートン(vib)

 

01パート1~序曲
02同2~ワルツ
03同3~スケッチ
04同4~ローラー・コースター
05同5~ブラジリア
06同6~夢
07同7~フィナーレ

スター・ピーブル、マイルス・デイビス -ブログ

カムバック後のマイルスを象徴する強力な布陣によるライヴ音源。マーカス・ミラーのベースあり、ジョンスコとマイキーの二人によるツイン・ギターありと、共演者が注目を集めるあたりが80年代マイルス作らしい。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:マイルス・デイビス(TP,KEY) ミノ・シネル(PERC) ビル・エヴァンス(TS,SS) ジョン・スコフィールド,マイク・スターン(EL-G) マーカス・ミラー,トム・バーニー(EL-B) アル・フォスター(DS)

 

01COME GET IT
02IT GETS BETTER
03SPEAK
04STAR PEOPLE
05U ‘N’ I
06STAR ON CICELY

 

プロセッション、ウエザー・リポート -ブログ

全面的なメンバー・チェンジ、マンハッタン・トランスファーのゲスト参加など、話題満載の作品。個々の能力をひけらかすのではなく、総合的なサウンドの完成度により重点が置かれた、いわば原点回帰的な作品だ。

 

アーティスト:ジョー・ザビヌル(KEY) ウェイン・ショーター(SS,TS) オマー・ハキム(DS) ヴィクター・ベイリー(B) ホセ・ロッシー(PERC) マンハッタン・トランスファー(VO)

 

01PROCESSION
02PLAZA REAL
03TWO LINES
04WHERE THE MOON GOES
05THE WELL
06MOLASSES RUN

 

 

ピーター・アースキン、ピーター・アースキン -ブログ

ピーター・アースキンの代表的名盤。ブレッカー・ブラザーズをはじめとする、80年代のジャズ・シーンを担ったスター・プレイヤーたちとの共演が楽しめる。82年6月22・23日、ニューヨーク録音。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ピーター・アースキン(DS,PERC 他) (1)(3)~(7)ランディ・ブレッカー(TP,FLH) (1)(4)(5)マイケル・ブレッカー(TS) (1)(3)~(5)(7)ボブ・ミンツァー(TS,BS-CL) (3)(5)(7)マイク・マイニエリ(VIB) (1)(5)ドン・グロルニック(EL-P 他) (1)(3)(4)(7)ケニー・カークランド(P) (1)(3)~(7)エディ・ゴメス(B) (1)(3)~(7)ドン・アライアス(PERC)

 

01LEROY STREET
02IN STATU NASCENDI
03E.S.P.
04CHANGE OF MIND
05ALL’S WELL THAT ENDS
06MY SHIP
07COYOTE BLUES
08IN STATU NASCENDI

パーディド、高瀬アキ -ブログ

画像準備中

現在ドイツに住む高瀬が10年前に同地で残したピアノ・ソロ・アルバム。日本的な部分や女性らしさもかい間覗かせながら、彼女は独自の境地をピアノで表現してみせる。キチンとした音楽感を提示した意欲的な作品だけに、いまだ彼女の演奏は新鮮に響く。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:高瀬アキ(p,中国琴)

 

01ABC
02竹田の子守唄
03ダウン・ダンス
04アフター・ア・イヤー
05パーディド

アフリカン・ドーン、ダラー・ブランド -ブログ

現アブドゥーラ・イブラヒムのピアノ・ソロ。タイトルが示すようにテーマはアフリカ。その中でストレイホーンや文句のナンバーが演奏されているところが興味深い。ジャズ・ピアニストとしての彼のルーツが見える。

 

アーティスト:ダラー・ブランド(p)

 

01ブルース・フォー・ア・ヒップ・キング
02ア・フラワー・イズ・ア・ラブサム・シング
03アフリカン・ドーン
04アフリカン・ピアノ
05フォー・モンク
06ラウンド・ミッドナイト
07ブルー・モンク
08フォー・コルトレーン

オール・ザ・マジック、レスター・ボウイ -ブログ

ボウイの過去と(当時の)現在のすべてが投影された傑作。ブラスバンドからアバンギャルドまで、一見対極にある音楽が、この人の手にかかると1本の道につながる。ウイントンとはまた違った、ルーツ探しのジャズだ。

 

アーティスト:レスター・ボウイ(tp)アリ・ブラウン(ts,ss)アリ・マシューズ(p)フレッド・ウイリアムス(b)フィリップ・ウイルソン(ds)フォンテラ・バス、デビット・ビーストン(vo)

 

DISC01

01ロウィーニ

02スペースヘッド

03ゴースト

04音楽はマジックだ~オール・ザ・マジック・~エブリシング・マスト・チェンジ~T・ジャム・ブルース

05レット・ザ・グッド・タイムス・ロール

 

DISC02

01オーガニック・エコー

02ダンス・ダンス

03チャーリーM

04かわいてるかい?

05ほとんどクリスマス

06ダウンホーム

07オクラ・インフルエンス

08マイルス対ドナルド・ダック

09デブ・デブの顔

他全12曲

ミスティック・ブリッジ、ペニー・ウォレス&チック・コリア -ブログ

トリッキーなフレージングが魅力のテナー・サックス奏者率いるトリオが、チック・コリア(p)を迎えて録音した82年作品。セロニアス・モンクのピアノをサックスに置き換えたような主役のソロもさることながら、チックのフリーに片足を突っ込んだアグレッシブなプレイも聴き応え十分だ。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ベニー・ウォレス(TS) チック・コリア(P) エディ・ゴメス(B) ダニー・リッチモンド(DS)

 

01THE BOB CROSBY BLUES
02MYSTIC BRIDGE
03MY ONE AND ONLY LOVE
04FOXTROT
05‘LLOWED
06OUTLINE

ファイナル・アート~アート・ペッパー・ラスト・コンサート1982、アート・ペッパーふ -ブログ

突然の死が訪れる2週間前にペッパーが残したライヴ盤。フリー・ジャズにも接近するほどこの日の彼は燃えに燃えた演奏を聴かせてくれる。その好調振りが余りに見事ゆえ、彼の死は悔やんでも悔やみきれないものとなった。今月推薦の突出した作品だ。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:アート・ペッパー(as,cl)ロジャー・ケラウェイ(p)デヴィッド・ウィリアムス(b)カール・バーネット(ds)

 

01ランドスケープ
02オフェリア
03マンボ・コヤマ
04虹の彼方に
05ホエン・ユー・アー・スマイリング

コンプリート”ゴーイン-・ホーム”セッション、アート・ペッパー&ジョージ・ケイブルス -楽器

晩年のアート・ペッパーがよく共演していたジョージ・ケイブルスとのデュオ。波乱万丈のサックス人生を物語る美しい旋律が満載で、特にドヴォルザークのメロディーを取り上げたタイトル曲はファンならずとも必聴だ。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:アート・ペッパー(AS,CL) ジョージ・ケイブルス(P)

 

01GOIN’ HOME
02SAMBA MOM MOM
03IN A MELLOTONE
04DON’T LET THE SUN CATCH YOU CRYIN’
05ISN’T SHE LOVELY
06BILLIE’S BOUNCE
07LOVER MAN (OH, WHERE CAN YOU BE)
08THE SWEETEST SOUNDS
09DON’T LET THE SUN CATCH YOU CRYIN’
10YOU GO TO MY HEAD

アナザーステップ、梅津和時~マル・ウォルドロン -ブログ

生活向上委員会などで活躍していた梅津の82年の力作。来日したウォルドロンを招聘し自己のグループとレコーディング。アルトが奔放なまでに鳴り切っているほか、フリーから正統への壁を自然体で乗り越えてしまった懐の深さが凄い。マルは重く好演する。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:梅津和時(as)マル・ウォルドロン(p)早川岳晴(b)菊池隆(ds)

 

01アイ・シュッド・ケア
02ロンリー・ナイツ
03ストマック・ウーマン
04サーキュラー・ライン
05ラウンド・ミッドナイト

枯葉、サラ・ボーン -ブログ

テーマを排除した「枯葉」で繰り広げられる驚異的なスキャットと、バラッドでの豊潤なフェイクで女王の貫禄を見せつけた、サラ・ヴォーンの表現力の奥深さを感じる傑作。ジョー・パスのサポートも光る。

-内容(「CDジャーナル」より)

 

アーティスト:サラ・ヴォーン(VO) ローランド・ハナ(P) (1)~(6)ジョー・パス(G) (1)~(7)アンディ・シンプキンス(B) ハロルド・ジョーンズ(DS)

 

01I DIDN’T KNOW WHAT TIME IT WAS
02THAT’S ALL
03AUTUMN LEAVES
04LOVE DANCE
05THE ISLAND
06SEASONS
07IN LOVE IN VAIN
08YOU ARE TOO BEAUTIFUL

エスターテ、ミシェル・ペトルチアーニ -ブログ

類稀なる音楽性とみずみずしいピアニズムが存分に発揮されたペトルチアーニのトリオ作。この、歌にあふれたフレージングと疾走感は、長いジャズ・ピアノの歴史においても一頭地を抜いたもの。この音楽がもう聴けないとは!

 

アーティスト:ミシェル・ペトルチアーニ(P) フリオ・ジ・キャストリ(B) アルド・ロマーノ(DS)

 

01PASOLINI
02VERY EARLY
03ESTATE
04MAYBE YES
05I JUST SAY HELLO
06TONE POEM
07SAMBA DES PROPHETES

ジャイアント・ステップス、トミー・フラナガン -ブログ

コルトーレンのオリジナル・バーションでは惨憺プレイを残したフラナガン。その意趣返しとも思えるのが本作だ。トレーンのナンバーばかりを集めて、それがフラナガン流の流麗なビバップになっているのが見事。

 

アーティスト:トミー・フラナガン(P) ジョージ・ムラーツ(B) アル・フォスター(DS)

 

01MR.P.C.
02CENTRALPARK WEST
03SYEEDA’S SONG FLUTE
04COUSIN MARY
05NAIMA
06GIANT STEPS

ジャズ・アット:ザ・オペラハウス -ブログ

34歳で白血病に倒れたジャズ評論家、コンラッド・シルバーとのために企画されたコンサートの記録。絢爛豪華な顔ぶれを見れば、彼がジャズメンからいかに愛されていたかがわかる。ほかでは絶対にない競演が満載。

 

アーティスト:ハービー・ハンコック(p)ウエイン・ショーター(ts)チャーリー・ヘイデン(b)

 

DISC01

01フリー・フォーム・ストレート・ノー・ちゅいさー

02ザ・ビレッジ

03フォーリング・ハタル

04処女航海

05シスター・シェリル

 

DISC02

06デディケイション・トゥ・コンラッド・シルバート

07ヘジテイション

08テディケイション・トゥ・コンラッド・シルバート

09サイレンス

10フットプリンツ

11ラウンド・ミッドナイト

ロータス・フラワー、ウディ・ショウ -ブログ

70~80年代にトランペットの第一人者として活躍したウディ・ショウの代表作。この2年前ショウはこのクインテットを率いて初来日を果たしている。ミラー、トゥーレら新進気鋭のミュージシャンを迎え、オリジナリティのある演奏で80年代NYの息吹を伝える。

-内容(「CDジャーナル」データベース)

 

アーティスト:ウディ・ショウ(TP)マルグリュー・ミラー(P)スティーヴ・トゥーレ(TB)スタッフォード・ジェイムス(B)トニー・リーダス(DS)

 

01EASTERN JOY DANCE
02GAME
03LOTUS FLOWER
04RAHSAAN’S RUN
05SONG OF SONGS

コール・ポーター作品集、ローズマリー・クルーニー -ブログ

82年録音。ソング・ライター・シリーズの第2弾として吹き込まれたコール・ポーター集。今も高い評価を集める1枚だ。コンコードの名手たちに囲まれ、嬉々とした雰囲気の10曲は硬派ジャズ・ファンにも強くアピール。アップもスローも堂々たる仕上がり。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ローズマリー・クルーニー(vo)ウォーレン・ヴァシェ(cor,flh)デヴィッド・ラッド(fl)スコット・ハミルトン(ts)カル・ジェイダー(vib)カル・コリンズ(g)ナット・ピアース(p)ボブ・メイズ(b)ジェイク・ハナ(ds)

 

01夜の静けさに
02私の心はパパのもの
03君にこそ心ときめく
04ゲット・アウト・オブ・タウン
05あなたに夢中
06ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス
07あなたはしっかり私のもの
08イッツ・ディラヴリー
09ユーアー・ザ・トップ
10エニシング・ゴーズ

キーストン3、アート・ブレイキー&J.M. -1980年代

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズによる、サンフランシスコはキーストーンでの3回目となるライヴ録音。フレッシュな精鋭メンバーによりグループの再起をはかった時期の、オリジナル曲を中心としたホットな演奏となっている。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ

 

01イン・ウォークト・バド
02イン・ア・センチメンタル・ムード
03フラー・ラヴ
04ウォーターフォールズ
05ア・ラ・モード

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ