20世紀ジャズ名盤の全て

パラレル・リアリティーズ/ジャック・デジョネット -ギター

名義上はデジョネットのリーダー作ではあるが、本質的にはパット・メセニー、ハービー・ハンコックの三者対等のグループ・コンセプトと考えるべきだ。中でも絶好調のメセニーのプレイには目を見張るものがある。

 

アーティスト:ジャック・ディジョネット(DS,KEY) パット・メセニー(G,SYN-G) ハービー・ハンコック(P,KEY)

 

収録曲:

01JACK IN
02EXOTIC ISLES
03DANCING
04NINE OVER REGGAE
05JOHN MCKEE
06INDIGO DREAMSCAPES
07PARALLEL REALITIES

 

フレディ・フリーローダー/ジョン・ヘンドリックス&フレンズ -ヴォーカル

マンハッタン・トランスファーの音楽性に多大な影響を与えたジョン・ヘンドリックスはボーカリーズの大御所だ。しかしベテランの円熟味よりも、若手のような溌剌としてチャレンジ精神を持ち続ける姿勢には脱帽だ。

 

アーティスト:ジョン・ヘンドリックス,ジョージ・ベンソン,アル・ジャロウ(vo)トミー・フラナガン(p)ジョージ・ムラツ(b)ジミー・コブ(ds)他

 

収録曲:

01ジャンピン・アット・ザ・ウッドサイド
02イン・サマー
03フレディ・フリーローダー
04スターダスト
05シュガー
06テイク・ジ“A”トレイン
07ファス・リヴィン・ブルース
08ハイ・アズ・ア・マウンテン
09トリンクル・ティンクル
10スウィング・ザット・ミュージック
11ファイナー・シングス・イン・ライフ
12リッスン・トゥ・モンク (リズム・ア・ニング)
13シング・シング・シング

恋人たちの予感~サウンド・トラック/ハリー・コニック・Jr. -ヴォーカル

映画のサウンドトラックだが、そのための作曲はなく、すべてスタンダード・ナンバー。実際に映画では使われていないトラックも多く、映画を離れても楽しめる内容だ。ボーカルもピアノも脂が乗りきって絶好調だ。

 

アーティスト:ハリー・コニックJr.(P,VO) ベン・ウルフ(B) ジェフ・ワッツ(DS) フランク・ウェス(TS) ジェイ・バーリナー(G) マーク・シャイマン(P)

 

収録曲:

01イット・ハド・トゥ・ビー・ユー~“恋人たちの予感”のテーマ (ウィズ・ビッグ・バンド&ボーカル)
02ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ (わが恋はここに)
03サヴォイでストンプ
04バット・ノット・フォー・ミー
05ウインター・ワンダーランド
06ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニイモア
07ニューヨークの秋
08書き残したいこの恋を
09レッツ・コール・ザ・ホール・シング・オフ
10イット・ハド・トゥ・ビー・ユー (インストゥルメンタル・トリオ)
11いつかどこかで

ミュージック/ミシェル・ペトルチアーニ -ヴォーカル

ブルーノート時代のペトルチアーニはまさに絶頂期だ、飛ぶ鳥を落とす勢いで次々に名盤を生み出した。本作ではエレクトリック・ピアノを大胆かつ大幅にフューチャー、フュージョン色を強めて新境地を切り開いている。

 

アーティスト:ミシェル・ペトルチアーニ(P,SYN,OG,VO)タニア・マリア(VO)エディ・ゴメス(B)レニー・ホワイト(DS)アンソニー・ジャクソン(EL-B) 他

 

収録曲:

01LOOKING UP
02MEMORIES OF PARIS
03MY BEBOP TUNE
04BRAZILIAN SUITE NO.2
05BITE
06LULLABY
07O NANA OYE
08PLAY ME
09HAPPY BIRTHDAY MR.K
10THINKING OF WAYNE

風はジョビンのように/イリアーヌ -ヴォーカル

ボサノバを歌う限り、JC・ジョビンの音楽は避けて通れないバイブルのような存在だ。イリアーヌも過去のボサノバ・シンガーに影響を受けつつも、自己の個性をジョビンの音楽に見事に反映させた独創性が感じられる。

 

アーティスト:イリアーヌ(P,VO) エディ・ゴメス(B) ナナ・ヴァスコンセロス(PERC) ジャック・デジョネット(DS)

 

収録曲:

01WATERS OF MARCH|AGUA DE BEBER
02SABIA
03PASSARIM
04DON’T EVER GO AWAY
05DESAFINADO
06ANGELA
07CHILDREN’S GAMES
08DINDI
09ZINGARO
10ONE NOTE SAMBA
11DON’T EVER GO AWAY (POR CAUSA DE VOCE)

トゥ・ビー・オーネット・トゥ・ビー/アルド・ロマーノ -ドラムス

フリー・ジャズの雄オーネット・コールマンの作品を、欧州の優秀なミュージシャンを集め、巧妙なアレンジで見事なアンサンブルを聴かせた問題作。難解に聞こえるオーネットの曲がどこかポップな味わいすら感じる。

 

アーティスト:アルド・ロマーノ(DS) フランコ・ダンドレア(P) パオロ・フレズ(TP,FLH,他)フリオ・ディ・キャストリ(B)

 

収録曲:

01THE BLESSING
02W.R.U.
03LORRAINE
04TEARS INSIDE
05CONTOS DE SONU INTRO’E SONNU
06MIND AND TIME
07CHECK UP
08HALF WAY
09FEET MUSIC
10THE BLESSING
11JAYNE
12THEME FROM A SYMPHONY / SKIES OF AMERICA
13DO

ライブ/ヨアヒム・キューン -1989年

ドイツ出身のキューンは欧州のクラシックの伝統から現代音楽、フリー・ジャズやロックまで幅広い音楽を吸収し、ストレート・アベッドなジャズに回帰したわけだが、本作ではそれらの要素を凝縮した見事な名演だ。

 

アーティスト:ヨアヒム・キューン(p)ダニエル・ユメール(ds)J.F.ジェニー・クラーク(b)

 

収録曲:

01変化
02ラスト・タンゴ・イン・パリ
03クレヴァー・フィーリングス
04ギレーヌ
05イエスタデイズ
06パラ

オール・オブ・ユー/キース・ジャレット・スタンダーズ・ケルン・コンサート -1989年

スタンダードを演奏するために結成された当グループも、回を重ねるごとに軌道修正を加えながら、より緻密で濃厚なインター・プレイを展開し、充実したものになった。まさに脂の乗った充実期のライブといえるだろう。

 

アーティスト:キース・ジャレット(P) ゲイリー・ピーコック(B) ジャック・ディジョネット(DS)

 

収録曲:

[Disc 1]
01LOVER MAN
02I HEAR A RHAPSODY
03LITTLE GIRL BLUE
04SOLAR
05SUN PRAYER
[Disc 2]
01JUST IN TIME
02SMOKE GETS IN YOUR EYES
03ALL OF YOU
04BALLAD OF THE SAD YOUNG MEN
05ALL THE THINGS YOU ARE
06IT’S EASY TO REMEMBER
07U DANCE

スタンダード・タイムVol.3/ウイントン・マルサリス -ヴォーカル

マルサリスのスタンダード・シリーズの第3段。父エリスとの共演盤だ。さすがに親子共演ということもあり、トランペットのワン・ホーン・カルテットという難しさを微塵も感じさせず、リラックスした味わいがある。

 

アーティスト:ウイントン・マルサリス(TP,VO) エリス・マルサリス(P) レジナルド・ヴィール(B) ハーリン・ライリー(DS)

 

収録曲:

01IN THE COURT OF KING OLIVER
02NEVER LET ME GO
03STREET OF DREAMS
04WHERE OR WHEN
05BONA AND PAUL
06THE SEDUCTRESS
07A SLEEPIN’ BEE
08BIG BUTTER AND EGG MAN
09THE VERY THOUGHT OF YOU
10I COVER THE WATERFRONT
11HOW ARE THINGS IN GLOCCA MORRA?
12MY ROMANCE
13EVERYTHING HAPPENS TO ME
14FLAMINGO
15YOU’RE MY EVERYTHING
16SKYLARK
17IT’S EASY TO REMEMBER
18TAKING A CHANCE ON LOVE
19I GOTTA RIGHT TO SING THE BLUES
20IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING
21IT’S TOO LATE NOW

ふらんす物語/バルネ・ウィラン -ソプラノサックス

ウィランとマル・ウォルドロンの顔合わせはいかにも日本人好みだ。すべてフランスにちなんだ名曲ばかりで、独特のフレンチ・ムードもいい。安易な企画のようにも見えるが、緻密な構成で緊張感溢れる名演揃いだ。

 

アーティスト:バルネ・ウィラン(ts,ss)マル・ウォルドロン(p)スタッフォード・ジェイムス(b)エディ・ムーア(ds)

 

収録曲:

01男と女
02死刑台のエレベーター
03シェルブールの雨傘
04危険な関係のブルース
05黒いオルフェ
06殺られるのテーマ
07オータム・リーヴス
08クワイエット・テンプル

ボディ・アンド・ソウル/アーチー・シェップ&リチャード・デイビス -ベース

60年代にフリー・ジャズ・シーンに有望な新人として登場したシェップも最近はバラード・プレイに新境地を開拓している。本作は過渡期の録音で、デイビスの革新的なベーシストと、ユニークなデュオを聴かせてくれる。

 

アーティスト:アーチー・シェップ(ts)リチャード・デイヴィス(b)

 

収録曲:

01昔はよかったね
02ボディ・アンド・ソウル
03パノニカ
04ラウンド・アバウト・ミッドナイト

マサト/今津雅仁 -1989年

ジーン・アモンズを彷彿させる豪快なスタイルを持つ今津の本格派デビュー作。すべてオリジナルで固めて、ワン・ホーンで持ち味を存分に発揮している。コルトレーン派ではないテナーの新人は貴重な存在だ。

 

アーティスト:今津雅仁(ts)吉岡秀晃(p)沼上励(b)藤沢博延(ds)(1)(4)(7)村田浩(tp,flh)

 

収録曲:

01ファイアー・ボール
02ヴァイオレット・ラヴ
03ズーム
04ソー・ロング
05ライク・フォレスト
06バグダッド
07ディア・ハンク

スウェーデンの城/ヨーロピアン・ジャズ・トリオ -ベース

耳に心地よく、聴き易く、難しいことをしない80~90年代のイージー・リスニング・ジャズ的な明確な方向性にこのグループの存在価値がある。この潔さが多くの冠トリオと違って安心して聴けるところでもある。

 

アーティスト:カレル・ボエリー(P) フランス・ホーヴァン(B) ロイ・ダッカス(DS)

 

収録曲:

01エリナー・リグビー
02スウェーデンの城
03ルーフィー
04ビーズと腕輪
05オレンジ・シティ
06ホワット・ザ・ヘック
07ネイチャー・ボーイ
08パッセージ・オブ・ジャコ
09ビューティフル・ラヴ
10君は恋を知らない
11マイ・シップ
12ジェントル・ブレイン

スカボロー・フェア/クリス・ハンター -アルトサックス

ギル・エバンスの元で腕を磨いた新鋭。英国に因んだ曲が多いのは彼の出身国だから。7管編成というスモール・ビッグ・バンドのゴージャスな響きと清澄なクリスのアルトが絶妙なコントラストを描いている。

 

アーティスト:クリス・ハンター(AS) クリス・ボッティ(TP) コンラッド・ハーウィッグ(TB) ジョン・クラーク(HR) ジョー・デイリー(EUPH) アレックス・フォスター(FL,PICC,SS) ハワード・ジョンソン(BS-CL) ギル・ゴールドスタイン(P,SYN) チャック・ローブ(G) マイク・リッチモンド(B) アダム・ナスバウム(DS)

 

収録曲:

01SCARBOROUGH FAIR
02BOPLICITY
03GOD BLESS THE CHILD
04TROLLEY SONG
05PRELUDE BY GEORGE GERSHWIN
06BUD, BIRD & GIL
07BEAUTY & THE BEAST
08‘ROUND MIDNIGHT

モーニン/マンハッタン・ジャズ・オーケストラ -ビッグバンド

マンハッタン・ジャズ・クインテットをビッグ・バンド化した感じで、デビッド・マシューズの指揮とアレンジによるビッグ・バンドだ。本作はお馴染みの曲ばかりだが、新鮮味のあるアレンジで聴き応えがある。

 

アーティスト:ルー・ソロフ,ジョン・ファディス,ランディ・ブレッカー(TP) バーチ・ジョンソン,アービー・グリーン,キース・オークィン(TB) クリス・ハンター(AS) ジョージ・ヤング(TS,CL) デビッド・マシューズ(P) デイブ・ウェックル(DS) 他

 

収録曲:

01キャラヴァン
02モーニン
03マイ・ファニー・ヴァレンタイン
04サマータイム
05ザ・サイドワインダー
06ビッグ・アップル・ジャム
07枯葉

セレクト・ライブ・サキソフォン・ワークショップ/マイケル・ブレッカー他 -1989年

ライブ・アンダー・ザ・スカイでのライブ録音。ビル・エバンスやスタンリー・タレンタインなど新旧様々なスタイルのテナー・マンと4管の大バトルを繰り広げる。ライブゆえの張り切ったプレイが聴きものだ。

 

アーティスト:マイケル・ブレッカー,ビル・エヴァンス,スタンリー・タレンタイン,アーニー・ワッツ(ts)ドン・グロルニック(p)鈴木良雄(b)アダム・ナスバウム(ds)

 

収録曲:

01ストラタスファンク
02ザ・フォー・スリーパーズ/プールス
03ウォーター・ベイビーズ
04ラヴァー・マン
05スウィングしなけりゃ意味がない
06ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ

ライブ・アット・モントリオール/チャーリー・ヘイデン・リベレーション・ミュージック・オーケストラ -ベース

89年モントリオールに於けるヘイデンのライブは5本あり、いずれも名盤揃いだ。本作はリベレーション・ミュージック・オーケストラとしては唯一のライブ盤でもあり、溌剌とした演奏で一、二を争う名演だ。

 

アーティスト:チャーリー・ヘイデン(B)トム・ハレル,スタントン・デイヴィス(TP)レイ・アンダーソン(TB)シャロン・フリーマン(FRH)ジョー・デイリー(TUB)ケン・マッキンタイヤー(AS)アーニー・ワッツ,ジョー・ロヴァーノ(TS)ミック・グッドリック(G)ジェリ・アレン(P)ポール・モチアン(DS)

 

収録曲:

01LA PASIONARIA
02SILENCE
03SANDINO
04WE SHALL OVERCOME

ライブ・アット・モントリオールⅠ/チャーリー・ヘイデン -ベース

かつてのオーネット・コールマン5からの3人が集まり、オーネットとドン・チェリーの曲で構成され、さながら同窓会のように演奏を楽しんでいるのが魅力だ。でも内容は緊張と緩和を取り混ぜ、ハイレベルな名演だ。

 

アーティスト:チャーリー・ヘイデン(b)ドン・チェリー(tp)エド・ブラックウェル(ds)

 

収録曲:

01ザ・スフィンクス
02アール・デコ
03ハッピー・ハウス
04ロンリー・ウーマン
05モプティ
06ザ・ブレッシング
07ホェン・ウィル・ザ・ブルース・リーヴ?
08ロウ・イヤーズ

エピタフ/チャールス・ミンガス -1989年

チャールス・ミンガスの考えるビッグ・バンド・ジャズを鬼才ガンザー・シェラーが指揮するビッグ・バンドで、発展させたような演奏だ。マルサリスやブレッカーを始め新旧オールスターが顔を揃え一流のソロが聴ける。

 

アーティスト:ガンサー・シュラー指揮 ウイントン・マルサリス,ランディ・ブレッカー,ルー・ソロフ(tp)ジョン・ハンディ,ジェローム・リチャードソン(as)ジョージ・アダムス(ts)ローランド・ハナ,ジョン・ヒックス(p)ビクター・ルイス(ds)ジョン・アバクロンビー(g)他

 

収録曲:

[Disc 1]
01メイン・スコア・パート1
02パーカッション・ディスカッション
03メイン・スコア・パート2
04スターテッド・メロディ
05ベター・ゲット・イット・イン・ユア・ソウル
06ザ・ソウル
07ムーズ・イン・マンボ
08セルフ・ポートレイト/チル・オブ・デス
09O.P. (オスカー・ペティフォード)
10プリーズ・ドント・カム・バック・フロム・ザ・ムーン
[Disc 2]
01モンク、バンク・アンド・ヴァイス・ヴァーサ
02ペギーズ・ブルー・スカイライト
03ウルヴァリン・ブルース
04ザ・チルドレンズ・アワー・オブ・ドリーム
05バラッド
06フリーダム
07インタールード
08ヌーン・ナイト
09メイン・スコア・リプライズ

JAZZに恋して/ソニー・ロリンズ -1989年

ブランフォード・マルサリスと2テナーで、新旧テナー対決を聴かせてくれる。当時のロリンズは演奏時間が延びていたが、本作は適度な長さにとどめて、凝縮されたまとまりのよいシンプルな演奏ばかりで好感が持てる。

 

アーティスト:ソニー・ロリンズ,(1)(5)ブランフォード・マルサリス(TS) ジェローム・ハリス((1)(5)EL-B,(2)(3)(4)(6)(7)EL-G) (2)(4)(6)(7)ジャック・デジョネット,(1)(5)ジェフ・ワッツ(DS) マーク・ソスキン((2)(3)P,(4)(6)(7)SYN) (2)(3)(4)(6)(7)ボブ・クランショウ(EL-B) (4)(6)(7)クリフトン・アンダーソン(TB) (1)(5)トミー・フラナガン(P)

 

収録曲:

01FOR ALL WE KNOW
02TENNESSEE WALTZ
03LITTLE GIRL BLUE
04FALLING IN LOVE WITH LOVE
05I SHOULD CARE
06SISTER
07AMANDA

ジャスト・フレンズ -ヴォーカル

メリルとゲッツの30年ぶりの再会セッション。パリとニューヨークの録音でサイドメンの違いから微妙に雰囲気が違っているところも面白い。数多くの歌伴をこなしているゲッツだけに、ツボを押さえた助演が魅力だ。

 

アーティスト:ヘレン・メリル(VO) スタン・ゲッツ(TS) ヨアヒム・キューン,トリー・ジトー(P) ジャン=フランソワ・ジェニー=クラーク(B) ダニエル・ユメール(DS)

 

収録曲:

01CAVATINA
02IT NEVER ENTERED MY MIND
03JUST FRIENDS
04IT DON’T MEAN A THING (IF IT AIN’T GOT THAT SWING)
05BABY AIN’T I GOOD TO YOU
06IT’S NOT EASY BEING GREEN
07IF YOU GO AWAY
08YESTERDAYS
09MUSIC MAKERS

リズム・スティック/CTIオール・スターズ -CTIオール・スターズ

イージー・リスニングからフュージョンにかけての名プロデューサー、クリード・テイラーが組織したオール・スターによるフュージョン作品。とはいえモダンなアドリブ名手も参加しているので聴き応え充分だ。

 

アーティスト:ディジー・ガレスピー,アート・ファーマー(tp)フィル・ウッズ(as)ボブ・バーグ(ts,ss)ジョン・スコフィールド,ロベン・フォード(g)アンソニー・ジャクソン,チャーリー・ヘイデン(b)

 

収録曲:

01カリビ
02フライデイ・ナイト・アット・ザ・キャデラック・クラブ
03キロンボ
04バルバドス
05ナナ
06ソフトリー・アズ・イン・ア・モーニング・サンライズ
07コロ・デ・リオ
08パリセイズ・イン・ブルー
09ワンバ

アメリカ/ジョージ・アダムス -ヴォーカル

前作『ナイチンゲール』の続編ともいうべき内容で、アメリカ人の琴線に触れる曲というか、心の友というような曲を集めたアメリカ讃歌だ。無骨だが豪快かつ悠々と歌うテナーがアメリカのおおらかさに通じるようだ。

 

アーティスト:ジョージ・アダムス(ts,fl,vo)ヒュー・ロウソン(p)セシル・マクビー(b)マーク・ジョンソン(ds)

 

収録曲:

01アメリカ・ザ・ビューティフル
02テネシー・ワルツ
03モティヴェイション
04故郷の人々
05ジー・ベイビー
06ボールゲームに連れてって
07ユー・アー・マイ・サンシャイン
08わが心のジョージア
09ハヴ・ユー・サンクト・アメリカ
10星条旗

バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー/ゲイリー・トーマス -1989年

マイルスの元で腕を挙げたトーマスがディジョネットのスペシャル・エディションに在籍中に録音した3枚目のリーダー作。メンバーに統一感が感じられないが、そこが混沌としたハードな世界を構築したともいえるだろう。

 

アーティスト:ゲイリー・トーマス(ts,fl,syn)ティム・マーフィー(p,syn)アンソニー・コックス(b)デニス・チェンバース(ds)(7)(9)グレッグ・オズビー(as,syn)(1)(3)(8)ジョン・スコフィールド,(6)(8)ミック・グッドリック(g)(4)(5)(7)ジェリ・アレン(p,syn)(1)(2)(4)(6)(7)(8)ナナ・ヴァスコンセロス(perc)

 

収録曲:

01バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー
02コンティニュアム
03ユア・アンダー・アレスト
04ポテンシャル・ハザード
05トゥ・ザ・ヴァニシング・ポイント
06スクリーン・ジェム
07ジャナーラ
08アット・リスク
09アウト・オブ・ハームズ・ウェイ

セグメンツ/ジェリ・アレン~チャーリー・ヘイデン~ポール・モチアン -ベース

アレンはチャーリー・ヘイデンのリベレーション・ミュージック・オーケストラに加入して以降、その特異な才能が開花したといえるだろう。本作もこのオーケストラがあってこそ実現した彼女の理想のようなトリオだ。

 

アーティスト:ジェリ・アレン(p)チャーリー・ヘイデン(b)ポール・モチアン(ds)

 

収録曲:

01ロウ・イヤーズ
02ユール・ネヴァー・ノウ
03マーマデューク
04カバラ (ドラム・ミュージック)
05ホーム
06アイム・オール・スマイルズ
07セグメント
08ラ・パッショナリア
09レイン

アフター・アワーズ/アンドレ・プレビン -1989年

久々にジャズに帰ってきたプレビンがジョー・パスとレイ・ブラウンのベテラン勢と共に往年の西海岸ジャズを蘇らせた。リラックスした中にもツボを心得たパスやブラウンの好サポートがプレビンを引き立てる。

 

アーティスト:アンドレ・プレヴィン(p)ジョー・パス(g)レイ・ブラウン(b)

 

収録曲:

01THERE’LL NEVER BE ANOTHER YOU
02I ONLY HAVE EYES FOR YOU
03WHAT AM I HERE FOR
04LIMEHOUSE BLUES
05ALL THE THINGS YOU ARE
06HONEYSUCKLE ROSE
07I GOT IT BAD AND THAT AIN’T GOOD
08SMOKE GETS IN YOUR EYES
09COTTON TAIL
10LAURA
11ONE FOR BUNZ

ジャズ・ポエット/トミー・フラナガン -1989年

日本生まれの冠トリオ「スーパー・ジャズ・トリオ」の『プリーズ・リクエスト・アゲイン』と同一内容。かつては名脇役と言われたが、晩年になると力強さやメロディアスなフレーズが増えてより円熟の妙味が増した。

 

アーティスト:トミー・フラナガン(P) ジョージ・ムラーツ(B) ケニー・ワシントン(DS)

 

収録曲:

01キャラバン

02ラメント

03セントルイス・ブルース

04ミーン・ストリーツ

05アイム・オールド・ファッションド

06ボセ・ア・ゴッソ

07ザット・タイアード・ルーティーン・コールド・ラブ

08グラッド・トゥ・ビー・アンハッピー

09レインチェック

10ウィロー・ウィーブ・フォー・ミー

 

スタンダーズ&モア/チック・コリア・アコースティック・バンド -1989年

キース・ギャレットのスタンダーズに対抗して、コリアが打ち出したコンセプトがエレクトリック・バンドと同一メンバーのこのバンド。どの曲でも豊富なアイデアを盛り込んで一癖も二癖もある演奏で飽きることがない。

 

アーティスト:チック・コリア(P) ジョン・パティトゥッチ(B) デイヴ・ウェックル(DS)

 

収録曲:

01BESSIE’S BLUES
02MY ONE & ONLY LOVE
03SO IN LOVE
04SOPHISTICATED LADY
05AUTUMN LEAVES
06SOMEDAY MY PRINCE WILL COME
07MORNING SPRITE
08T.B.C. (TERMINAL BAGGAGE CLAIM)
09CIRCLES
10SPAIN

ライブ・アット・モントリオール/チャーリー・ヘイデン&ジェリ・アレン -ベース

モントリオール・ジャズ・フェスティバルでのライブ。アレンのピアノは非和声的でフリー・ジャズの要素を含んだ非主流派のスタイルだ。この特異な才能をヘイデン~モチアンのリズム陣は見事にサポートしている。

 

アーティスト:チャーリー・ヘイデン(b)ジェリ・アレン(p)ポール・モチアン(ds)

 

収録曲:

01BLUES IN MOTIAN
02FIASCO
03FIRST SONG
04DOLPHY’S DANCE
05FOR JOHN MALACHI
06IN THE YEAR OF THE DRAGON

ライブ・アット・モントリオールⅣ/チャーリー・ヘイデン&ゴンザロ・ルバルカバ -ベース

ルバルカバは本作録音当時、まだ無名に近い存在で、彼を起用したヘイデンの目に狂いはなかった。早いパッセージをくり出し突っ走るルバルカバを、ヘイデン~モチアンのリズム陣は的確にサポートし盛り上げる。

 

アーティスト:チャーリー・ヘイデン(b)ゴンサロ・ルバルカバ(p)ポール・モチアン(ds)

 

収録曲:

01VIGNETTE
02BAY CITY
03LA PASSIONARIA
04SILENCE
05THE BLESSING
06SOLAR

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ