20世紀ジャズ名盤の全て

エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・スポットVol.2 -1960年代

エリック・ドルフィーを語る上で欠かすことのできないライヴの第2集。わずか2曲と侮るなかれ、メンバー各人の神がかり的な快演が堪能できる。ブッカー・リトルが自身のオリジナル曲で激しく燃える。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01AGGRESSION

02LIKE SOMEONE IN LOVE

【演奏】

エリック・ドルフィー(FL,BS-CL) ブッカー・リトル(TP) マル・ウォルドロン(P) リチャード・デイヴィス(B) エド・ブラックウェル(DS)

【録音】

1961年7月

モーター・シティ・シーン/ドナルド・バード&ペッパー・アダムズ -1960年代

モーター・シティ=デトロイトの出身者を集めて作られた企画アルバム。優れた“デトロイター”たちによる協調性に富んだ、都会的に洗練された演奏で、聴くものをぐいぐいと引き込んでいく。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01STARDUST

02PHILSON

03TRIO

04LIBECCIO

05BITTY DITTY

【演奏】

ドナルド・バード(TP) ペッパー・アダムス(BR) ケニー・バレル(G) トミー・フラナガン(P) ポール・チェンバース(B) ルイ・ヘイズ(DS)

【録音】

1960年

サンキュー・チャーリー・クリスチャン/ハーブ・エリス -チェロ

オスカー・ピーターソン・トリオでの活動が知られる白人ギタリスト、ハーブ・エリスが60~61年にヴァーヴに録音した快作。尊敬してやまないモダン・ギターの元祖、チャーリー・クリスチャンに捧げた作品だ。

※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01PICKLEY WICKLEY

02I TOLD YOU I LOVED YOU, NOW GET OUT

03COOK ONE

04KARIN

05CHERRY KIJAFA

06THANK YOU, CHARLIE CHRISTIAN

07ALEXANDER’S RAGTIME BAND

08LEMON TWIST

09EVERYTHING’S PAT

10WORKIN’ WITH THE TRUTH

【演奏】

ハーブ・エリス(G) フランク・ストラッツェリ(P) ハリー・ババシン(VC) チャック・バーグホーファー(B) ケニー・ヒューム(DS)

【録音】

1960年6月

トシコ・マリアーノ・カルテット/秋吉敏子 -1960年

秋吉敏子とチャーリー・マリアーノのクインテットが、1960年と翌1961年にニューヨークのバードランドに出演したときの実況録音盤。秋吉のオリジナル曲もふんだんに織り交ぜながら、熱のこもった演奏を披露。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 ディープ・リバー

02 ソング・オブ・ザ・ファーム

03 ブルース・フォー・ファーザー

04 ホエン・ユー・ミート・ハー

05 エレジー

06 ジョニーが凱旋するとき

07 テムパス・フュージット

08 ブルース・フォー・ファーザー

【演奏】

秋吉敏子(P) チャーリー・マリアーノ(AS) ジーン・チェリコ(B) エディ・マーシャル(DS)

【録音】

1960年4月 

ファー・クライ/エリック・ドルフィー -1960年

至上無二のパートナー、ブッカー・リトルが参加。敬愛するバードへのトリビュートということもあり、ファイヴ・スポットの炸裂さはないものの、親しみやすい雰囲気の名盤。

【収録曲】

01 MRS. PARKER OF K.C.

02 ODE DO CHARLIE PARKER

03 FAR CRY

04 MISS ANN

05 LEFT ALONE

06 TENDERLY

07 IT’S MAGIC

08 SEREN

【演奏】

エリック・ドルフィー(AS,B-CL,FL)(1)~(5)(7)(8)ブッカー・リトル(TP)(1)~(5)(7)(8)ジャッキー・バイアード(P)(1)~(5)(7)(8)ロン・カーター(B)(1)~(5)(7)(8)ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年12月

フリー・ジャズ₊1/オーネット・コールマン -1960年

1950年代末、フリー・ジャズの提唱者オーネット・コールマンはジャズ界に旋風を巻き起こすが、一時引退してしまう。だが数年後に復活して欧州ツアーを実施。これはその頂点となったストックホルムでの実況録音盤で、各国で音楽賞に輝いた傑作。全曲オリジナルで、冒頭から奔放自在に吹きまくる「フェイシズ・アンド・プレイシズ」、奇妙な浮遊感を持つ「ヨーロピアン・エコーズ」など、創造的かつ刺激的な世界が繰り広げられる。(ゴールデン・サークルより)

【収録曲】

1 アナウンスメント

2 フェイシズ・アンド・プレイシズ

3 ヨーロピアン・エコーズ

4 ディー・ディー

5 ドーン

6 フェイシズ・アンド・プレイシズ (別テイク)

7 ヨーロピアン・エコーズ (別テイク)

8 ドーナッツ

【演奏者】

オーネット・コールマン(as) デヴィッド・アイゼンソン(b) チャールズ・モフェット

【収録日】

1965年12月3日

ブルー・アワー/スタンリー・タレンタイン・ウィズ・ザ・スリー・サウンズ -1960年

その豪快で男性的なブローイングは、多くのファンを魅了してやまない。本作はタイトルどおり、ブルージーな魅力溢れるタレンタインとスリー・サウンズの幻の名作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 I WANT A LITTLE GIRL

02 GEE BABY AIN’T I GOOD TO YOU

03 BLUE RIFF

04 SINCE I FELL FOR YOU

05 WILLOW WEEP FOR ME

【演奏】

スタンリー・タレンタイン(TS) ジーン・ハリス(P) アンドリュー・シンプキンス(B) ビル・ドウディ(DS)

【録音】

1960年12月

アンダーカレント/ケニー・ドリュー -1960年代

ビル・エヴァンスとジム・ホールのクールで知的な対話によって、奥の深い多彩な表現を示した屈指の名盤。創造性豊かなインタープレイは、名セッションと呼ぶにふさわしい。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01UNDERCURRENT

02FUNK-COSITY

03LION’S DEN

04THE POT’S ON

05GROOVIN’ THE BLUES

06BALLADE

【演奏】

ケニー・ドリュー(P) フレディ・ハバード(TP) ハンク・モブレー(TS) サム・ジョーンズ(B) ルイス・ヘイズ(DS)

【録音】

1960年12月

アウト・オブ・ザクール₊1/ギル・エバンス -1960年代

音の魔術師とも称された鬼才ギル・エヴァンスがインパルスに遺した代表作。エルヴィン・ジョーンズのステディなドラミングで幕を開けた後、ジャズのクールネスを体現したサウンドが貫かれる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01LA NEVADA

02WHERE FLAMINGOS FLY

03BILBAO SONG

04STRATUSPHUNK

05SUNKEN TREASURE

【演奏】

ギル・エヴァンス(P,指揮) ジョニー・コールズ,フィル・サンケル(TP) ジミー・ネッパー,ケグ・ジョンソン,トニー・スタッド(TB) ビル・バーバー(TUB) レイ・ベッケンスタイン,エド・ケイン,バッド・ジョンソン,ボブ・トリカーリコ(REEDS) レイ・クロフォード(G) ロン・カーター(B) エルヴィン・ジョーンズ,チャーリー・パーシップ(DS,PERC)

【録音】

(1)(3)1960年12月 (2)(4)(5)1960年11月

ハウ・タイム・パッシーズ/ドン・エリス -1960年代

創意に富む実験的なオーケストラ作品を遺したドン・エリスの、初期の小コンボによる作品。5曲しか入っていない事が信じられない程、響や速度や合奏形態が目まぐるしく変化する音楽は既に独自。実験的でありながら晦渋にならない中々の快作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01…HOW TIME PASSES…

02SALLIE

03A SIMPLEX ONE

04WASTE

05IMPROVISATIONAL SUITE 1

【演奏】

ドン・エリス(tp)ジャッキー・バイアード(p,as)ロン・カーター(b)チャーリー・パーシップ(ds)

【録音】

1960年10月

ザ・グレート・カイ&J.J./J.J.ジョンソン&カイ・ウインディング -1960年代

J.J.ジョンソンとカイ・ウィンディング1960年のリユニオン。テクニックのみならずメロディにも卓越したセンスを見せる二人の快作で、機知に富んだアレンジも見事。ビル・エヴァンスの参加も華を添える。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01THIS COULD BE THE START OF SOMETHING

02GEORGIA ON MY MIND

03BLUE MONK

04JUDY

05ALONE TOGETHER

06SIDE BY SIDE

07I CONCENTRATE ON YOU

08THEME FROM PICNIC

09TRIXIE

10GOING, GOING, GONG!

11JUST FOR A THRILL

【演奏】

J.J.ジョンソン,カイ・ウィンディング(TB) ビル・エヴァンス(P) ポール・チェンバース,トミー・ウィリアムス(B) ロイ・ヘインズ,アート・テイラー(DS)

【録音】

1960年10月11月

ザ・ソウルフル・ピアノ・オブ・ジュニア・マンス -1960年代

グルーヴィかつファンキーな音楽性をもつジャズ・ピアニストの初期作品。若さあふれる力強いピアノ演奏を、最高のベース/ドラムで引き立てる。“リバーサイド”の隠れた名盤といえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01THE UPTOWN

02RALPH’S NEW BLUES

03MAIN STEM

04DARLING, JE VOUS AIME BEAUCOUP

05PLAYHOUSE

06SWEET AND LOVELY

07OO-BRA-DEE

08I DON’T CARE

09SWINGMATISM

【演奏】

ジュニア・マンス(P) ベン・タッカー(B) ボビー・トーマス(DS)

【録音】

1960年10月

マイフェイバリット・シングス/ジョン・コルトレーン -1960年代

コルトレーンがアトランティックに残した優れた作品群の中でも最重要作のひとつ。タイトル曲は、その後ライヴで幾度となく演奏されるマスターピース。多くの要望に応えてモノ・ヴァージョンでのリリース。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MY FAVORITE THINGS

02EVERYTIME WE SAY GOODBYE

03SUMMERTIME

04BUT NOT FOR ME

【演奏】

ジョン・コルトレーン((1)(2)SS,(3)(4)TS) マッコイ・タイナー(P) スティーヴ・デイヴィス(B) エルヴィン・ジョーンズ(DS)

【録音】

1960年10月

ミンガス・プレゼンツ・ミンガス/チャールス・ミンガス -1960年代

巨人ミンガスを中心とするワーク・ショップのパワーは今でも熱っぽく語られているが、今回の2枚はとくに有名なアルバムだ。両方ともチャーリー・ミンガスの意図を正確にとらえているエリック・ドルフィー(as)やテッド・カーソン(tp)らが大活躍。黒人公民権運動のまっただ中にいた彼らの主張を、ジャズというコンセプトの中で、今聴きなおして見るのも、いい勉強になる。魂から叫んでいるプレーヤーたちを実感できる2枚のアルバムだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01FOLK FORMS, NO.1

02ORIGINAL FAUBUS FABLES

03WHAT LOVE

04ALL THE THINGS YOU COULD BE MY NOW IF SIGMUND FREUD’S WIFE WAS YOUR MOTHER

【演奏】

チャールス・ミンガス(b)エリック・ドルフィー(as,b-cl)テッド・カーソン(tp)ダニー・リッチモンド(ds)

【録音】

1960年10月

ザ・ワールド・オブ・セシル・テイラー/セシル・テイラー -1960年代

テイラーの強烈で革新的な個性と方法論はヘントフという理解者を得て初めてあるがままの形で世に問われ、開花した。傑作『ザ・ワールド』はまさにその作品。『ジャンピン…』は既成曲への4管による展開である。共演者では若きシェップが面白い。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01AIR

02THIS NEARLY WAS MINE

03PORT OF CALL

04E.B.

05LAZY AFTERNOON

【演奏】

セシル・テイラー(p)ブエル・ネイドリンガー(b)デニス・チャールス(ds)(1)(5)アーチー・シェップ(ts)

【録音】

1960年10月11月

アート/アート・ファーマー -1960年代

玄人好みのジャズ・トランペッターが1979年にCTIに残したアルバム。本作でのアート・ファーマーはフリューゲルホーンに専念しており、ジョー・ヘンダーソンをフィーチャーしたライト・フュージョンといった趣き。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SO BEATS MY HEART FOR YOU

02GOODBYE, OLD GIRL

03WHO CARES

04OUT OF THE PAST

05YOUNGER THAN SPRINGTIME

06THE BEST THING FOR YOU IS ME

07I’M A FOOL TO WANT YOU

08THAT OLE DEVIL CALLED LOVE

【演奏】

アート・ファーマー(TP) トミー・フラナガン(P) トミー・ウィリアムス(B) アルバート・ヒース(DS)

【録音】

1960年9月

フライト・トゥ・ジョーダン/デューク・ジョーダン -1960年代

愁いを含んだ独特のタッチを持つピアニスト、デューク・ジョーダンが残したブルーノート唯一のリーダー作。哀愁の漂う「フライト・トゥ・ジョーダン」や映画『危険な関係』のテーマ「シ・ジョヤ」など、自作のヒット曲を網羅したアルバムだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01FLIGHT TO JORDAN

02STARBRITE

03SQUAWKIN’

04DEACON JOE

05SPLIT QUICK

06SI – JOYA

07DIAMOND STUD

08I SHOULD CARE

(7)(8)ボーナストラック

【演奏】

デューク・ジョーダン(P) ディジー・リース(TP) スタンリー・タレンタイン(TS) レジー・ワークマン(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1960年8月

ウイ・インシスト/マックス・ローチ -コンガ

50年代から60年代にわたる全米各地のブラック・パワーはニグロという差別用語をマスコミから失くしてしまった。マックス・ローチは、演奏でもわかる通り、シャープな頭でブラック・パワーを積極的に支持した。黒人存在を堂々と主張した代表的な一枚だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TEARS FOR JOHANNESBURG

02DRIVA’ MAN

03TRIPTYCH;PRAYER-PROTEST-PEACE

04ALL AFRICA

05FREEDOM DAY

【演奏】

マックス・ローチ(ds)(2)(3)(5)アビー・リンカーン(vo)(1)(2)(4)(5)ブッカー・リトル(tp),ジュリアン・プリースター(tb),ウォルター・ベントン(ts),ジェイムス・シェンク(b)(1)(4)マイケル・オランテュンジ(cong),レイモンド・マンティロ,トーマス・デュヴァル(perc)(2)コールマン・ホーキンス(ts)

【録音】

(2)(5)1960年8月,(1)(3)(4)1960年9月

ブルース・ムーズ/ブルー・ミッチェル -1960年代

バップ・トランペッター、ブルー・ミッチェルの代表作。軽快にスウィングするウィントン・ケリーのピアノとともに、伸びやかでブルージィなフレージングが楽しめる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01I’LL CLOSE MY EYES

02AVARS

03SCRAPPLE FROM THE APPLE

04KINDA VAGUE

05SIR JOHN

06WHEN I FALL IN LOVE

07SWEET PUMPKIN

08I WISH I KNEW

【演奏】

ブルー・ミッチェル(TP) ウィントン・ケリー(P) サム・ジョーンズ(B) ロイ・ブルックス(DS)

【録音】

1960年8月

アウト・ゼア/エリック・ドルフィー -チェロ

1960年に録音されたリーダー・セッション2作目。チェロ、ベース、ドラムスを従えたユニークなクァルテットが奏でる情緒とパッションが溶けたバッキングにのって、ドルフィーは4種の楽器を吹き分ける。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OUT THERE

02SERENE

03THE BARON

04ECLIPSE

0517 WEST

06SKETCH OF MELBA

07FEATHER

【演奏】

エリック・ドルフィー(AS,FL,BS-CL 他) ロン・カーター(VC) ジョージ・デュヴィヴィエ(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年8月

チュニジアの夜/アートブレイキー&jm -1960年代

日本にファンキー・ジャズ・ブームを巻き起こす前年、リー・モーガンとウェイン・ショーターをフロントに配したスーパー・クインテットで吹き込んだ決定盤。深さと広がりのあるプレイが堪能できる。1960年録音。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01A NIGHT IN TUNISIA

02SINCERELY DIANA

03SO TIRED

04YAMA

05KOZO’S WALTZ

【演奏】

アート・ブレイキー(DS) リー・モーガン(TP) ウェイン・ショーター(TS) ボビー・ティモンズ(P) ジミー・メリット(B)

【録音】

1960年8月

ダウン・ホーム/ズート・シムズ -1960年代

「ジャイヴ・アット・ファイブ」などベイシー楽団のレパートリーを筆頭に、スウィング以前を中心に選曲したアルバム。レスターの流れを汲むスマートなメロディ・センスを存分に堪能できる。※ 曲目等の収録内容は変更になる場合があります。(CDジャーナルより」)

【収録曲】

01ジャイヴ・アット・ファイヴ

02ドッギン・アラウンド

03アヴァロン

04アイ・クライド・フォー・ユー

05ビル・ベイリー

06グッドナイト・スウィートハート

07ゼアル・ビー・サム・チェインジズ・メイド

08アイヴ・ハード・ザット・ブルース・ビフォア

【演奏】

ズート・シムズ(TS) デイヴ・マッケンナ(P) ジョージ・タッカー(B) ダニー・リッチモンド(DS)

【録音】

1960年7月

ルッキン・アヘッド/ケン・マッキンタイヤー -1960年代

曲の構成にも重きを置いたマッキンタイヤーの音楽は一見複雑だが、そこには豊かな情感が溢れていて、聴けば聴くほどその魅力にとりつかれてしまう。ドルフィーを加えた本作で、彼とドルフィーの違いがよくわかる。(2000masterpiecesofJAZZ より)

【収録曲】

01ラウティア

02カートシー

03ジョーズ・チューン

04ゼイ・オール・ラフト

05ヘッド・シェイキン

06ディアンナ

【演奏】

エリック・ドルフィー(as)(fl)ケン・マッキンタイヤー(as)(fl)ウォルター・ビショップ(p)サム・ジョーンズ(b)アート・テイラー(ds)

【録音】

1960年

ムーズ/ザ・スリー・サウンズ -1960年代

ジーン・ハリス率いるピアノ・トリオの4thアルバム。「ラヴ・フォー・セール」などブルース色の濃いサウンドと4ビートに固執しないリズム・スタイル、美しい旋律が心地よい。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01LOVE FOR SALE

02THINGS AIN’T WHAT THEY USED TO BE

03ON GREEN DOLPHIN STREET

04LOOSE WALK

05LI’L DARLIN’

06I’M BEGINNING TO SEE THE LIGHT

07TAMMY’S BREEZE

08SANDU

【演奏】

ジーン・ハリス(P) アンドリュー・シンプキンス(G) ビル・ドウディ(DS)

【録音】

1960年6月

トゥルー・ブルー/ティナ・ブルックス -1960年代

他のプレーヤーにも冴えた曲を提供しているブルックスの唯一のオリジナル・アルバム。ブルージーなタイトル・ナンバー「トゥルー・ブルー」がお薦め。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01GOOD OLD SOUL

02UP TIGHT’S CREEK

03THEME FOR DORIS

04TRUE BLUE

05MISS HAZEL

06NOTHING EVER CHANGES MY LOVE FOR YOU

【演奏】

ティナ・ブルックス(TS)フレディ・ハバード(TP)デューク・ジョーダン(P)サム・ジョーンズ(B)アート・テイラー(DS)

【録音】

1960年6月

オープン・セサミ/フレディ・ハバード -1960年代

長きにわたりトップ・ジャズ・トランペッターとして活躍し続けたフレディの初のリーダー録音。後にも数々の名作を吹き込むブルーノートで、同い年のマッコイ・タイナーらと闊達なプレイを見せる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OPEN SESAME

02BUT BEAUTIFUL

03GYPSY BLUE

04ALL OR NOTHING AT ALL

05ONE MINT JULEP

06HUB’S NUB

【演奏】

フレディ・ハバード(TP) ティナ・ブルックス(TS) マッコイ・タイナー(P) サム・ジョーンズ(B) クリフォード・ジャーヴィス(DS)

【録音】

1960年6月

スイングス・シューバート・アレイ/メル・トーナ -1950年代

ジャズ・ヴォーカル史上最高のインプロヴァイザーがブロードウェイのミュージカルを都会的なセンスで快唱。イントロ無しで歌い出す冒頭の<トゥー・クロース~>は最高に粋で最高にスマート。マーティ・ペイチ率いるバックにはアート・ペッパーら錚々たる西海岸の名手が参加。(UNIVERSAL MUSICより)

【収録曲】

1トゥー・クロース・フォー・カンフォート

2ワンス・イン・ラヴ・ウィズ・エイミー

3ア・スリーピン・ビー

4君住む街角

5オール・アイ・ニード・イズ・ア・ガール

6ジャスト・イン・タイム

7ハロー、ヤング・ラヴァーズ

8飾りのついた四輪馬車

9オールド・デヴィル・ムーン

10ホワットエヴァー・ローラ・ウォンツ

11トゥー・ダーン・ホット

12ロンリー・タウン

【演奏】

メル・トーナ(vo)マーティ・ペイチ・オーケストラ

【録音】

1959年~1960年

スクリーミン・ザ・ブルース/オリバー・ネルソン -1960年代

アレンジの才にスポットの当たることの多いオリヴァー・ネルソンが、ブルースに根ざしたソウルフルなプレイを見せる1960年録音のアルバム。なんと言っても共演するエリック・ドルフィーとの対比がハイライトだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SCREAMIN’ THE BLUES

02MARCH ON, MARCH ON

03THE DRIVE

04THE MEETIN’

05THREE SECONDS

06ALTO-ITIS

【演奏】

オリヴァー・ネルソン(AS,TS) リチャード・ウィリアムス(TP) エリック・ドルフィー(AS,BS-CL) リチャード・ワイアンズ(P) ジョージ・デュヴィヴィエ(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年5月

ケリー・アット・ミッドナイト/ウイントン・ケリー -1960年代

スウィンギー・ピアノの代名詞、ウィントン・ケリーがヴィージェイに残した人気アルバム。マイルス・バンドの盟友であるポール・チェンバースらとの小気味よいセッション。適度にリラックスできる好トリオ作といったところ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TEMPERANCE

02WEIRD LULLABY

03ON STAGE

04SKATIN’

05POT LUCK

【演奏】

ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1960年4月

アス・スリー/ホレス・パーラン -1960年代

ホレスといえばシルヴァーという人にお薦めすべきホレス・パーランのブルーノート作品。冒頭のタイトル曲は彼のオリジナルで、タイトで緊張感のあるベースとドラムに煽られたドライヴ感たっぷりのピアノが魅力だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01US THREE

02I WANT TO BE LOVED

03COME RAIN OR COME SHINE

04WADIN’

05THE LADY IS A TRAMP

06WALKIN’

07RETURN ENGAGEMENT

【演奏】

ホレス・パーラン(P) ジョージ・タッカー(B) アル・ヘアウッド(DS)

【録音】

1960年4月

ブッカー・リトル -1960年代

1960年代初頭に彗星の如く登場し超短期間に名作を残した名門レーベル、タイム。ブッカー・リトル唯一のワン・ホーン作品で、ベースの革命児ラファロとの共演による天才同士の魂の交歓が味わえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OPENING STATEMENT

02MINOR SWEET

03BEE TEE’S MINOR PLEA

04LIFE’S LITTLE BLUE

05THE GRAND VALSE

06WHO CAN I TURN TO

【演奏】

ブッカー・リトル(TP) (1)(2)(5)(6)トミー・フラナガン,(3)(4)ウイントン・ケリー(P) スコット・ラファロ(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年4月

アウトワード・バウンド/エリック・ドルフィー -1960年代

特異な音楽性と新しい抒情的な世界の誕生を告げる、ドルフィーの鮮烈な初リーダー作。サウンド・クリエイターとしての第1歩を踏み出し、ジャズの新境地を拓いたドルフィーの傑作だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01G.W.

02GREEN DOLPHIN STREET

03LES

04245

05GLAD TO BE UNHAPPY

06MISS TONI

07G.W.

08245

09APRIL FOOL

(7)(8)(9)ボーナストラック

【演奏】

エリック・ドルフィー(AS,BS-CL,FL) フレディ・ハバード(TP) ジャッキー・バイアード(P) ジョージ・タッカー(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年4月

ヨーロピアン・コンサート/MJQ -1960年代

1960年4月の欧州ツアー時に、スウェーデンのストックホルムとイエテボリで収録された、モダン・ジャズ・カルテットの2枚組ライヴ・アルバム。最初から最後まで支配する緊張感が素晴らしい作品だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

[Disc 1]

01DJANGO

02BLUESOLOGY

03I SHOULD CARE

04LA RONDE

05I REMEMBER CLIFFORD

06FESTIVAL SKETCH

07VENDOME

08ODDS AGAINST TOMORROW

[Disc 2]

01PYRAMID

02IT DON’T MEAN A THING (IF IT AIN’T GOT THAT SWING)

03SKATING IN CENTRAL PARK

04THE CYLINDER

05’ROUND MIDNIGHT

06BAGS’ GROOVE

07I’LL REMEMBER APRIL

【演奏】

ジョン・ルイス(P) ミルト・ジャクソン(VIB) パーシー・ヒース(B) コニー・ケイ(DS)

【録音】

1960年4月

ソウル・ソサエティ/サム・ジョーンズ -チェロ

キャノンボール・アダレイ・クインテット在籍中の60年に収録された初リーダー盤。全8曲中4曲が彼のセロをフィーチャーした七重奏団による演奏で、豪快にスウィングするジャズ・セロが聴ける。アダレイ一派が全面的に協力したファンキー・ジャズの名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SOME KINDA MEAN

02ALL MEMBERS

03THE OLD COUNTRY

04JUST FRIENDS

05″HOME”

06DEEP BLUE CELLO

07THERE IS NO GREATER LOVE

08SO TIRED

【演奏】

サム・ジョーンズ((1)(4)(6)(7)VC,(2)(3)(5)(8)B) ジミー・ヒース(TS) チャールス・デイビス(BRS) ボビー・ティモンズ(P) ルイ・ヘイス(DS) (1)(4)(6)(7)ナット・アダレイ(COR) キーター・ベッツ(B) (2)(3)(5)(8)ブルー・ミッチェル(TP)

【録音】

1960年3月

ファンタスティック/フランク・ストロージャー -1960年代

ジャッキー・マクリーンに飽き足らなくなった、よりコアなハード・バップ・ファンにお勧めしたい1作が、追加曲入りのLPとして登場しました。フランク・ストロージャーはマイルス・デイヴィス、リー・モーガン、ウェイン・ショーターらと共演したメンフィス出身のアルト・サックス奏者。サイドメンにもブッカー・リトル(急逝する前年)やウィントン・ケリーら最高峰のメンバーが集まり、理屈抜きにグルーヴィーなサウンドを繰り広げています。( jazzyell.jpより)

【収録曲】

01W.K. BLUES 

02 A STARLING'S THEME 

03 I DON'T KNOW 

04 WALTZ OF THE DEMONS 

05 RUNNIN'

06 OFF SHORE 

07 JUST IN TIME(Bonus Track) 

08 RUN(Bonus Track)

【演奏】

フランク・ストロージャー(AS)ブッカー・リトル(TP)ウイントン・ケリー(P)ポール・チェンバーズ(B)ジミー・コブ(DS)

【録音】

1959年,1960年2月

ゲッティング・トゥゲザー/アート・ペッパー -1960年代

『ミーツ・ザ・リズム・セクション』から3年、フロントは2管だが、マイルス・グループのリズム・セクションを借りた続編的な一作。ペッパーのスウィンギーなソロが炸裂する(ユニバーサル ミュージック合同会社より)

【収録曲】

01ウィムス・オブ・チェンバース

02ビジュー・ザ・プードル

03ホワイ・アー・ウィ・アフレイド?

04朝日のようにさわやかに

05リズマニング

06ダイアン

07ゲッティン・トゥゲザー

【演奏】

アートペッパー(AS)(TS)コンテ・カンドリ(TP)ウイントン・ケリー(P)ポール・チェンバーズ(B)ジミー・コブ(DS)

【録音】

1960年2月

ソウル・ステーション/ハンク・モブレイ -1960年代

ブルーノートの人気サックス奏者による1960年の代表作。サイドメンとしての活躍も多いモブレーだが、ウィントン・ケリーのピアノ・トリオを従えたワン・ホーンでの本作は、彼の魅力が存分に発揮された名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01REMEMBER

02THIS I DIG OF YOU

03DIG DIS

04SPLIT FEELIN’S

05SOUL STATION

06IF I SHOULD LOSE YOU

【演奏】

ハンク・モブレー(TS) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) アート・ブレイキー(DS)

【録音】

1960年2月

ミート・ザ・ジャズテット/アート・ファーマー&ベニー・ゴルソン -1960年代

ファーマーとゴルソンのほかにカーティス・フラーも加わった3管セクステットによる1960年のレコーディング。作曲に類まれな才能を発揮するベニー・ゴルソンの音楽性を見事に引き出した、優秀なコンボの演奏を存分に味わえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SERENATA

02IT AIN’T NECESSARILY SO

03AVALON

04I REMEMBER CLIFFORD

05BLUES MARCH

06IT’S ALL RIGHT WITH ME

07PARK AVENUE PETITE

08MOX NIX

09EASY LIVING

10KILLER JOE

【演奏】

アート・ファーマー(TP) ベニー・ゴルソン(TS) カーティス・フラー(TB) マッコイ・タイナー(P) アディソン・ファーマー(B) レックス・ハンフリーズ(DS)

【録音】

1960年2月

メイク・エブリバディ・ハッピー/MJT₊3 -1960年代

MJT(モダン・ジャズ・トゥ)+3、つまりドラムスのウォルター・パーキンスとベースのボブ・クランショウのMJTに、2ホーンとピアノによる「3」という編成のグループだった。60年録音のMJT+3の3作目が『メイク・エヴリバディ……』で、同年5月の4作目が『MJT+3+[1]』というわけ。ハード・バップ・グループの典型ともいえる演奏で、シカゴのブルース・バンドに共通するファンキーさがありながらもモダニズムを発散するピアノ・プレイなど、未だに色あせぬ魅力を持っている。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MAKE EVERYBODY HAPPY

02THE TROLLEY SONG

03SWEET SILVER

04DON7T GET ARAOUND MUCHE ANYMORE

05MY BUDDY

06RICHIE’S DILEMMA

07LOVE LETTERS

08MAKE EVERYBODY HAPPY

09DON’T GET AROUND MUCH ANYMORE

10LOVE LETTERS

11BAMSEY

【演奏】

フランク・ストロジャー(AS)ハロルド・メイバーン(P)ボブ・クランショウ(B)ウイリー・トーマス(TP)ウォルター・パーキンス(DS)

【録音】

1960年2月

ヒアズ・リー・モーガン/リー・モーガン -1960年代

ヴィー・ジェイに録音されたハードバップの名作。モーガン22歳の誕生日の前。18歳のデビュー作で天才と騒がれたモーガンは、すでにビッグ・ネームと肩を並べる実績を残していた。C.ジョーダンのテナー、バックに回ったブレイキーらにも耳を傾けよう。ガイドコメントジャケットもクールなリー・モーガンの代表作。ウィントン・ケリーやアート・ブレイキーなどの豪華なサポートの中で、そのテクニックが冴えわたる。「アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー」が聴きもの。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TERRIBLE “T”

02MOGIE

03I’M A FOOL TO WANT YOU

04RUNNING BROOK

05OFF SPRING

06BESS

07TERRIBLE “T”

08MOGIE

09I’M A FOOL TO WANT YOU

10RUNNING BROOK11BESS

【演奏】

リー・モーガン(TP) クリフォード・ジョーダン(TS) ウイントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) アート・ブレイキー(DS)

【録音】

1960年2月

ザ・ミュージック・フロム・ザ・コネクション/フレディ・レッド -1960年代

玄人好みのするピアニスト、フレディ・レッドのオリジナルによる力作で、同名の舞台劇がきっかけとなって吹き込まれたもの。ジャッキー・マクリーンが参加しているが、リズム隊もしっかりと個性を発揮している。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WHO KILLED COCK ROBIN

02WIGGLIN’

03MUSIC FOREVER

04TIME TO SMILE

05THEME FOR SISTER SALVATION

06JIM DUNN’S DILEMMA

07O.D.

【演奏】

ジャッキー・マクリーン(AS) フレディ・レッド(P) マイク・マトス(B) ラリー・リッチー(DS)

【録音】

1960年2月

マック・ザ・ナイフ/エラ・イン・ベルリン -1960年代

1960年ベルリンで、12,000人の大観衆を前にして熱唱されたジャズ・ヴォーカルの女王、エラの人気作品。クルト・ワイル作品をはじめ、彼女のスウィンギーなヴォーカルが楽しめる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01GONE WITH THE WIND

02MISTY

03THE LADY IS A TRAMP

04THE MAN I LOVE

05SUMMERTIME

06TOO DARN HOT

07LORELEI

08MACK THE KNIFE

09HOW HIGH THE MOON

【演奏】

エラ・フィッツジェラルド(VO) ポール・スミス(P) ジム・ホール(G) ウィルフレッド・ミドルブルックス(B) ガス・ジョンソン(DS)

【録音】

1960年2月

ジャズ・コンテンポラリー/ケニー・ドーハム -1960年代

1960年代初頭に彗星の如く登場し超短期間に名作を残した名門レーベル、タイム。ケニー・ドーハムはじめ、俊英たちの瑞々しい息吹が残された隠れ名盤。だからハード・バップ期は面白い!(CDジャーナルより)

【収録曲】

01A WALTZ

02MONK’S MOOD

03IN YOUR OWN SWEET WAY

04HORN SALUTE

05TONICA

06THIS LOVE OF MINE

07SIGN OFF

08A WALTZ

09MONK’S MOOD

10THIS LOVE OF MINE

【演奏】

ケニー・ドーハム(TP) チャールズ・デイビス(BRS) スティーヴ・キューン(P) (1)~(3)(8)(9)ジミー・ギャリソン,(4)~(7)(10)ブッチ・ウォーレン(B) バディ・エンロウ(DS)

【録音】

1960年2月

クレイジー・ベイビー/ジミー・スミス -1960年代

オルガン・ジャズのトップ・スターとして絶頂期にあった時期、60年の録音。ダイナミックでソウルフルなプレイを、ドラムスのベイリーや新加入のギタリストであるウォーレンが支える。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WHEN JOHNNY COMES MARCHING HOME

02MAKIN’ WHOOPEE

03A NIGHT IN TUNISIA

04SONNYMOON FOR TWO

05MACK THE KNIFE

06WHAT’S NEW

07ALFREDO

【演奏】

ジミー・スミス(OG) クウェンティン・ウォーレン(G) ドナルド・ベイリー(DS)

【録音】

1960年1月

インクレディブル・ジャズ・ギター/ウエス・モンゴメリー -1960年代

フラナガン・トリオの好サポートを受け、オクターヴ奏法とブロック奏法で構成され、ダイナミックにドライヴするウエスの脂の乗り切った時期の作品。ジャズ史上にその名を刻む代表作だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01AIREGIN

02D-NATURAL BLUES

03POLKA DOTS AND MOONBEAMS

04FOUR ON SIX

05WEST COAST BLUES

06IN YOUR OWN SWEET WAY

07MISTER WALKER

08GONE WITH THE WIND

【演奏】

ウェス・モンゴメリー(G) トミー・フラナガン(P) パーシー・ヒース(B) アルバート・ヒース(DS)

【録音】

1960年1月

ワーク・ソング/ナット・アダレイ -チェロ


情感あふれるコルネットを聴かせるナット・アダレイの名作。見事なサポートが光るウェス・モンゴメリー、ピチカートで盛り上げるサム・ジョーンズなど、各人のプレイにも聴き所の多い、1960年のリヴァーサイド盤。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WORK SONG

02PRETTY MEMORY

03I’VE GOT A CRUSH ON YOU

04MEAN TO ME

05FALLOUT

06SACK OF WOE

07MY HEART STOOD STILL

08VIOLETS FOR YOUR FURS

09SCRAMBLED EGGS

【演奏】

ナット・アダレイ(COR) ウェス・モンゴメリー(G) ボビー・ティモンズ(P) サム・ジョーンズ,キーター・ベッツ(VC,B) パーシー・ヒース(B) ルイ・ヘイズ(DS)

【録音】

1960年1月

ジス・ヒア/ボビー・ティモンズ -1960年代

ファンキーなシングル・トーンとブロック・コードに独特の味わいのあるティモンズ。ファンキー・ブームを彩ったティモンズの3大オリジナルを含む記念すべき初リーダー作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 THIS HERE

02 MOANIN’

03 LUSH LIFE

04 THE PARTY’S OVER

05 PRELUDE TO A KISS

06 DAT DERE

07 MY FUNNY VALENTINE

08 COME RAIN OR COME SHINE

09 JOY RIDE

【演奏】

ボビー・ティモンズ(P) (1)(2)(4)~(9)サム・ジョーンズ(B) ジミー・コブ(DS)

【録音】

1960年1月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »