20世紀ジャズ名盤の全て

トゥルー・ブルー/ティナ・ブルックス -1960年

他のプレーヤーにも冴えた曲を提供しているブルックスの唯一のオリジナル・アルバム。ブルージーなタイトル・ナンバー「トゥルー・ブルー」がお薦め。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01GOOD OLD SOUL

02UP TIGHT’S CREEK

03THEME FOR DORIS

04TRUE BLUE

05MISS HAZEL

06NOTHING EVER CHANGES MY LOVE FOR YOU

【演奏】

ティナ・ブルックス(TS)フレディ・ハバード(TP)デューク・ジョーダン(P)サム・ジョーンズ(B)アート・テイラー(DS)

【録音】

1960年6月

オープン・セサミ/フレディ・ハバード -1960年

長きにわたりトップ・ジャズ・トランペッターとして活躍し続けたフレディの初のリーダー録音。後にも数々の名作を吹き込むブルーノートで、同い年のマッコイ・タイナーらと闊達なプレイを見せる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OPEN SESAME

02BUT BEAUTIFUL

03GYPSY BLUE

04ALL OR NOTHING AT ALL

05ONE MINT JULEP

06HUB’S NUB

【演奏】

フレディ・ハバード(TP) ティナ・ブルックス(TS) マッコイ・タイナー(P) サム・ジョーンズ(B) クリフォード・ジャーヴィス(DS)

【録音】

1960年6月

スイングス・シューバート・アレイ/メル・トーナ -1960年

ジャズ・ヴォーカル史上最高のインプロヴァイザーがブロードウェイのミュージカルを都会的なセンスで快唱。イントロ無しで歌い出す冒頭の<トゥー・クロース~>は最高に粋で最高にスマート。マーティ・ペイチ率いるバックにはアート・ペッパーら錚々たる西海岸の名手が参加。(UNIVERSAL MUSICより)

【収録曲】

1トゥー・クロース・フォー・カンフォート

2ワンス・イン・ラヴ・ウィズ・エイミー

3ア・スリーピン・ビー

4君住む街角

5オール・アイ・ニード・イズ・ア・ガール

6ジャスト・イン・タイム

7ハロー、ヤング・ラヴァーズ

8飾りのついた四輪馬車

9オールド・デヴィル・ムーン

10ホワットエヴァー・ローラ・ウォンツ

11トゥー・ダーン・ホット

12ロンリー・タウン

【演奏】

メル・トーナ(vo)マーティ・ペイチ・オーケストラ

【録音】

1959年~1960年

スクリーミン・ザ・ブルース/オリバー・ネルソン -1960年

アレンジの才にスポットの当たることの多いオリヴァー・ネルソンが、ブルースに根ざしたソウルフルなプレイを見せる1960年録音のアルバム。なんと言っても共演するエリック・ドルフィーとの対比がハイライトだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SCREAMIN’ THE BLUES

02MARCH ON, MARCH ON

03THE DRIVE

04THE MEETIN’

05THREE SECONDS

06ALTO-ITIS

【演奏】

オリヴァー・ネルソン(AS,TS) リチャード・ウィリアムス(TP) エリック・ドルフィー(AS,BS-CL) リチャード・ワイアンズ(P) ジョージ・デュヴィヴィエ(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年5月

ケリー・アット・ミッドナイト/ウイントン・ケリー -1960年

スウィンギー・ピアノの代名詞、ウィントン・ケリーがヴィージェイに残した人気アルバム。マイルス・バンドの盟友であるポール・チェンバースらとの小気味よいセッション。適度にリラックスできる好トリオ作といったところ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TEMPERANCE

02WEIRD LULLABY

03ON STAGE

04SKATIN’

05POT LUCK

【演奏】

ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1960年4月

アス・スリー/ホレス・パーラン -1960年

ホレスといえばシルヴァーという人にお薦めすべきホレス・パーランのブルーノート作品。冒頭のタイトル曲は彼のオリジナルで、タイトで緊張感のあるベースとドラムに煽られたドライヴ感たっぷりのピアノが魅力だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01US THREE

02I WANT TO BE LOVED

03COME RAIN OR COME SHINE

04WADIN’

05THE LADY IS A TRAMP

06WALKIN’

07RETURN ENGAGEMENT

【演奏】

ホレス・パーラン(P) ジョージ・タッカー(B) アル・ヘアウッド(DS)

【録音】

1960年4月

ブッカー・リトル -1960年

1960年代初頭に彗星の如く登場し超短期間に名作を残した名門レーベル、タイム。ブッカー・リトル唯一のワン・ホーン作品で、ベースの革命児ラファロとの共演による天才同士の魂の交歓が味わえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OPENING STATEMENT

02MINOR SWEET

03BEE TEE’S MINOR PLEA

04LIFE’S LITTLE BLUE

05THE GRAND VALSE

06WHO CAN I TURN TO

【演奏】

ブッカー・リトル(TP) (1)(2)(5)(6)トミー・フラナガン,(3)(4)ウイントン・ケリー(P) スコット・ラファロ(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年4月

アウトワード・バウンド/エリック・ドルフィー -1960年

特異な音楽性と新しい抒情的な世界の誕生を告げる、ドルフィーの鮮烈な初リーダー作。サウンド・クリエイターとしての第1歩を踏み出し、ジャズの新境地を拓いたドルフィーの傑作だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01G.W.

02GREEN DOLPHIN STREET

03LES

04245

05GLAD TO BE UNHAPPY

06MISS TONI

07G.W.

08245

09APRIL FOOL

(7)(8)(9)ボーナストラック

【演奏】

エリック・ドルフィー(AS,BS-CL,FL) フレディ・ハバード(TP) ジャッキー・バイアード(P) ジョージ・タッカー(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年4月

ヨーロピアン・コンサート/MJQ -1960年

1960年4月の欧州ツアー時に、スウェーデンのストックホルムとイエテボリで収録された、モダン・ジャズ・カルテットの2枚組ライヴ・アルバム。最初から最後まで支配する緊張感が素晴らしい作品だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

[Disc 1]

01DJANGO

02BLUESOLOGY

03I SHOULD CARE

04LA RONDE

05I REMEMBER CLIFFORD

06FESTIVAL SKETCH

07VENDOME

08ODDS AGAINST TOMORROW

[Disc 2]

01PYRAMID

02IT DON’T MEAN A THING (IF IT AIN’T GOT THAT SWING)

03SKATING IN CENTRAL PARK

04THE CYLINDER

05’ROUND MIDNIGHT

06BAGS’ GROOVE

07I’LL REMEMBER APRIL

【演奏】

ジョン・ルイス(P) ミルト・ジャクソン(VIB) パーシー・ヒース(B) コニー・ケイ(DS)

【録音】

1960年4月

ソウル・ソサエティ/サム・ジョーンズ -1960年

キャノンボール・アダレイ・クインテット在籍中の60年に収録された初リーダー盤。全8曲中4曲が彼のセロをフィーチャーした七重奏団による演奏で、豪快にスウィングするジャズ・セロが聴ける。アダレイ一派が全面的に協力したファンキー・ジャズの名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SOME KINDA MEAN

02ALL MEMBERS

03THE OLD COUNTRY

04JUST FRIENDS

05″HOME”

06DEEP BLUE CELLO

07THERE IS NO GREATER LOVE

08SO TIRED

【演奏】

サム・ジョーンズ((1)(4)(6)(7)VC,(2)(3)(5)(8)B) ジミー・ヒース(TS) チャールス・デイビス(BRS) ボビー・ティモンズ(P) ルイ・ヘイス(DS) (1)(4)(6)(7)ナット・アダレイ(COR) キーター・ベッツ(B) (2)(3)(5)(8)ブルー・ミッチェル(TP)

【録音】

1960年3月

ファンタスティック/フランク・ストロージャー -1960年

ジャッキー・マクリーンに飽き足らなくなった、よりコアなハード・バップ・ファンにお勧めしたい1作が、追加曲入りのLPとして登場しました。フランク・ストロージャーはマイルス・デイヴィス、リー・モーガン、ウェイン・ショーターらと共演したメンフィス出身のアルト・サックス奏者。サイドメンにもブッカー・リトル(急逝する前年)やウィントン・ケリーら最高峰のメンバーが集まり、理屈抜きにグルーヴィーなサウンドを繰り広げています。( jazzyell.jpより)

【収録曲】

01W.K. BLUES 

02 A STARLING'S THEME 

03 I DON'T KNOW 

04 WALTZ OF THE DEMONS 

05 RUNNIN'

06 OFF SHORE 

07 JUST IN TIME(Bonus Track) 

08 RUN(Bonus Track)

【演奏】

フランク・ストロージャー(AS)ブッカー・リトル(TP)ウイントン・ケリー(P)ポール・チェンバーズ(B)ジミー・コブ(DS)

【録音】

1959年,1960年2月

ゲッティング・トゥゲザー/アート・ペッパー -1960年

『ミーツ・ザ・リズム・セクション』から3年、フロントは2管だが、マイルス・グループのリズム・セクションを借りた続編的な一作。ペッパーのスウィンギーなソロが炸裂する(ユニバーサル ミュージック合同会社より)

【収録曲】

01ウィムス・オブ・チェンバース

02ビジュー・ザ・プードル

03ホワイ・アー・ウィ・アフレイド?

04朝日のようにさわやかに

05リズマニング

06ダイアン

07ゲッティン・トゥゲザー

【演奏】

アートペッパー(AS)(TS)コンテ・カンドリ(TP)ウイントン・ケリー(P)ポール・チェンバーズ(B)ジミー・コブ(DS)

【録音】

1960年2月

ソウル・ステーション/ハンク・モブレイ -1960年

ブルーノートの人気サックス奏者による1960年の代表作。サイドメンとしての活躍も多いモブレーだが、ウィントン・ケリーのピアノ・トリオを従えたワン・ホーンでの本作は、彼の魅力が存分に発揮された名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01REMEMBER

02THIS I DIG OF YOU

03DIG DIS

04SPLIT FEELIN’S

05SOUL STATION

06IF I SHOULD LOSE YOU

【演奏】

ハンク・モブレー(TS) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) アート・ブレイキー(DS)

【録音】

1960年2月

ミート・ザ・ジャズテット/アート・ファーマー&ベニー・ゴルソン -1960年

ファーマーとゴルソンのほかにカーティス・フラーも加わった3管セクステットによる1960年のレコーディング。作曲に類まれな才能を発揮するベニー・ゴルソンの音楽性を見事に引き出した、優秀なコンボの演奏を存分に味わえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SERENATA

02IT AIN’T NECESSARILY SO

03AVALON

04I REMEMBER CLIFFORD

05BLUES MARCH

06IT’S ALL RIGHT WITH ME

07PARK AVENUE PETITE

08MOX NIX

09EASY LIVING

10KILLER JOE

【演奏】

アート・ファーマー(TP) ベニー・ゴルソン(TS) カーティス・フラー(TB) マッコイ・タイナー(P) アディソン・ファーマー(B) レックス・ハンフリーズ(DS)

【録音】

1960年2月

メイク・エブリバディ・ハッピー/MJT₊3 -1960年

MJT(モダン・ジャズ・トゥ)+3、つまりドラムスのウォルター・パーキンスとベースのボブ・クランショウのMJTに、2ホーンとピアノによる「3」という編成のグループだった。60年録音のMJT+3の3作目が『メイク・エヴリバディ……』で、同年5月の4作目が『MJT+3+[1]』というわけ。ハード・バップ・グループの典型ともいえる演奏で、シカゴのブルース・バンドに共通するファンキーさがありながらもモダニズムを発散するピアノ・プレイなど、未だに色あせぬ魅力を持っている。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MAKE EVERYBODY HAPPY

02THE TROLLEY SONG

03SWEET SILVER

04DON7T GET ARAOUND MUCHE ANYMORE

05MY BUDDY

06RICHIE’S DILEMMA

07LOVE LETTERS

08MAKE EVERYBODY HAPPY

09DON’T GET AROUND MUCH ANYMORE

10LOVE LETTERS

11BAMSEY

【演奏】

フランク・ストロジャー(AS)ハロルド・メイバーン(P)ボブ・クランショウ(B)ウイリー・トーマス(TP)ウォルター・パーキンス(DS)

【録音】

1960年2月

ヒアズ・リー・モーガン/リー・モーガン -1960年

ヴィー・ジェイに録音されたハードバップの名作。モーガン22歳の誕生日の前。18歳のデビュー作で天才と騒がれたモーガンは、すでにビッグ・ネームと肩を並べる実績を残していた。C.ジョーダンのテナー、バックに回ったブレイキーらにも耳を傾けよう。ガイドコメントジャケットもクールなリー・モーガンの代表作。ウィントン・ケリーやアート・ブレイキーなどの豪華なサポートの中で、そのテクニックが冴えわたる。「アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー」が聴きもの。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TERRIBLE “T”

02MOGIE

03I’M A FOOL TO WANT YOU

04RUNNING BROOK

05OFF SPRING

06BESS

07TERRIBLE “T”

08MOGIE

09I’M A FOOL TO WANT YOU

10RUNNING BROOK11BESS

【演奏】

リー・モーガン(TP) クリフォード・ジョーダン(TS) ウイントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) アート・ブレイキー(DS)

【録音】

1960年2月

ザ・ミュージック・フロム・ザ・コネクション/フレディ・レッド -1960年

玄人好みのするピアニスト、フレディ・レッドのオリジナルによる力作で、同名の舞台劇がきっかけとなって吹き込まれたもの。ジャッキー・マクリーンが参加しているが、リズム隊もしっかりと個性を発揮している。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WHO KILLED COCK ROBIN

02WIGGLIN’

03MUSIC FOREVER

04TIME TO SMILE

05THEME FOR SISTER SALVATION

06JIM DUNN’S DILEMMA

07O.D.

【演奏】

ジャッキー・マクリーン(AS) フレディ・レッド(P) マイク・マトス(B) ラリー・リッチー(DS)

【録音】

1960年2月

マック・ザ・ナイフ/エラ・イン・ベルリン -1960年

1960年ベルリンで、12,000人の大観衆を前にして熱唱されたジャズ・ヴォーカルの女王、エラの人気作品。クルト・ワイル作品をはじめ、彼女のスウィンギーなヴォーカルが楽しめる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01GONE WITH THE WIND

02MISTY

03THE LADY IS A TRAMP

04THE MAN I LOVE

05SUMMERTIME

06TOO DARN HOT

07LORELEI

08MACK THE KNIFE

09HOW HIGH THE MOON

【演奏】

エラ・フィッツジェラルド(VO) ポール・スミス(P) ジム・ホール(G) ウィルフレッド・ミドルブルックス(B) ガス・ジョンソン(DS)

【録音】

1960年2月

ジャズ・コンテンポラリー/ケニー・ドーハム -1960年

1960年代初頭に彗星の如く登場し超短期間に名作を残した名門レーベル、タイム。ケニー・ドーハムはじめ、俊英たちの瑞々しい息吹が残された隠れ名盤。だからハード・バップ期は面白い!(CDジャーナルより)

【収録曲】

01A WALTZ

02MONK’S MOOD

03IN YOUR OWN SWEET WAY

04HORN SALUTE

05TONICA

06THIS LOVE OF MINE

07SIGN OFF

08A WALTZ

09MONK’S MOOD

10THIS LOVE OF MINE

【演奏】

ケニー・ドーハム(TP) チャールズ・デイビス(BRS) スティーヴ・キューン(P) (1)~(3)(8)(9)ジミー・ギャリソン,(4)~(7)(10)ブッチ・ウォーレン(B) バディ・エンロウ(DS)

【録音】

1960年2月

クレイジー・ベイビー/ジミー・スミス -1960年

オルガン・ジャズのトップ・スターとして絶頂期にあった時期、60年の録音。ダイナミックでソウルフルなプレイを、ドラムスのベイリーや新加入のギタリストであるウォーレンが支える。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WHEN JOHNNY COMES MARCHING HOME

02MAKIN’ WHOOPEE

03A NIGHT IN TUNISIA

04SONNYMOON FOR TWO

05MACK THE KNIFE

06WHAT’S NEW

07ALFREDO

【演奏】

ジミー・スミス(OG) クウェンティン・ウォーレン(G) ドナルド・ベイリー(DS)

【録音】

1960年1月

インクレディブル・ジャズ・ギター/ウエス・モンゴメリー -1960年

フラナガン・トリオの好サポートを受け、オクターヴ奏法とブロック奏法で構成され、ダイナミックにドライヴするウエスの脂の乗り切った時期の作品。ジャズ史上にその名を刻む代表作だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01AIREGIN

02D-NATURAL BLUES

03POLKA DOTS AND MOONBEAMS

04FOUR ON SIX

05WEST COAST BLUES

06IN YOUR OWN SWEET WAY

07MISTER WALKER

08GONE WITH THE WIND

【演奏】

ウェス・モンゴメリー(G) トミー・フラナガン(P) パーシー・ヒース(B) アルバート・ヒース(DS)

【録音】

1960年1月

ワーク・ソング/ナット・アダレイ -1960年


情感あふれるコルネットを聴かせるナット・アダレイの名作。見事なサポートが光るウェス・モンゴメリー、ピチカートで盛り上げるサム・ジョーンズなど、各人のプレイにも聴き所の多い、1960年のリヴァーサイド盤。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WORK SONG

02PRETTY MEMORY

03I’VE GOT A CRUSH ON YOU

04MEAN TO ME

05FALLOUT

06SACK OF WOE

07MY HEART STOOD STILL

08VIOLETS FOR YOUR FURS

09SCRAMBLED EGGS

【演奏】

ナット・アダレイ(COR) ウェス・モンゴメリー(G) ボビー・ティモンズ(P) サム・ジョーンズ,キーター・ベッツ(VC,B) パーシー・ヒース(B) ルイ・ヘイズ(DS)

【録音】

1960年1月

ジス・ヒア/ボビー・ティモンズ -ボビー・ティモンズ

ファンキーなシングル・トーンとブロック・コードに独特の味わいのあるティモンズ。ファンキー・ブームを彩ったティモンズの3大オリジナルを含む記念すべき初リーダー作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 THIS HERE

02 MOANIN’

03 LUSH LIFE

04 THE PARTY’S OVER

05 PRELUDE TO A KISS

06 DAT DERE

07 MY FUNNY VALENTINE

08 COME RAIN OR COME SHINE

09 JOY RIDE

【演奏】

ボビー・ティモンズ(P) (1)(2)(4)~(9)サム・ジョーンズ(B) ジミー・コブ(DS)

【録音】

1960年1月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »