20世紀ジャズ名盤の全て

ゴー・ウエスト・マン/クインシー・ジョーンズ -アルトサックス

クインシー・ジョーンズは名義だけで、編曲/演奏ともウェスト・コーストのスター・プレイヤー達による作品。3つのセットによる演奏が収められているが、それほど変化はない。いずれもウェスト・コースト・ジャズらしい瀟洒でスウィンギーな演奏集だ。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01DANCIN’ PANTS
02BLUES DAY
03BRIGHT MOON
04NO BONES AT ALL
05THE OOM IS BLUES
06BE MY GUEST
07BALLAD MEDLEY;WHAT’S NEW|WE’LL BE TOGETHER AGAIN|TIME ON MY HANDS |YOU GO TO MY HEAD|LAURA
08LONDON DERRIERE
09KINGS ROAD BLUES
【演奏】
クインシー・ジョーンズ(arr)ベニー・カーター,アート・ペッパー(as)ルー・レヴィ(p)レッド・ミッチェル(b)シェリー・マン(ds) 他
【録音】
1957年2月

ザ・ニューヨーク・シーン/ジョージ・ウォーリントン -1950年代

ハード・バップ全盛期を彩ったジョージ・ウォーリントンが放った名演。タイトなアレンジに切れの良いピアノ、そしてバード、ウッズの見事な演奏が楽しめる“キャリッジ・トレード”と並ぶ代表作だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01IN SALAH
02UP TOHICKON CREEK
03GRADUATION DAY
04INDIAN SUMMER
05‘DIS MORNIN’
06SOL’S OLLIE
【演奏】
ジョージ・ウォーリントン(P) ドナルド・バード(TP) フィル・ウッズ(AS) テディ・コティック(B) ニック・スタビュラス(DS)
【録音】
1957年3月

アット・ザ・クレッセンド/メル・トーメ -ヴォーカル

白人ジャズ男性歌手の最高峰といわれたトーメが1957年、盟友マーティ・ペイチを含むコンボをバックに、ハリウッドの名門クラブで録音したライヴ。おなじみのスタンダードをいずれも鮮やかに唄いながら、聴衆を魅了する。一流のエンタテイナーらしい構成のうまさも絶品。
ハリウッド、クレッセンドでのライヴ録音。マーティ・ペイチ・グループに、ドン・ファガーキストら西海岸のスターが勢揃いした。洒落っ気たっぷりのスマートなヴォーカルと語りが絶好調。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01IT’S ONLY A PAPER MOON
02WHAT IS THIS THING CALLED LOVE
03ONE FOR MY BABY (ONE FOR THE ROAD)
04LOVE IS JUST A BUG
05A NIGHTINGALE SANG IN BERKELEY SQUARE
06AUTUMN LEAVES
07JUST ONE OF THOSE THINGS
08THE BOY NEXT DOOR
09LOVER COME BACK TO ME
10LOOKING AT YOU
11THE TENDER TRAP
12I’M BEGINNING TO SEE THE LIGHT
【演奏】
メル・トーメ(VO) ドン・ファガーキスト(TP) ラリー・バンカー(VIB,ACD 他) マックス・ベネット(B) メル・ルイス(DS) (1)~(5)(7)(9)~(12)マーティ・ペイチ(P)
【録音】
1957年2月

アット・ジ・オルガンVol.1/ジミー・スミス -1950年代

初期のリーダー作の1枚。1957年2月に3日間連続で行なわれたセッションのひとつで、本作にはブレイキーが参加。ケニー・バレルとのデュオ「サマータイム」とカルテット演奏の両方が聴けるバラエティに富んだ作品。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01サマータイム
02ゼアズ・ア・スモール・ホテル
03オール・デイ・ロング
04ヤードバード組曲
【演奏】
ジミー・スミス(OG) ルー・ドナルドソン(AS) ケニー・バレル(G) アート・ブレイキー(DS)
【録音】
1957年2月

ダイアル・J.J.・ファイブ/J.J.ジョンソン -1950年代

モダン・トロンボーンの王者、J.J.の傑作アルバムで57年録音。T・フラナガン、E・ジョーンズら名手によるレギュラー・クインテットの乗りは抜群で、特に後に傑作「オーバーシーズ」を生むリズム・セクションの存在はこの作品の価値を一層高めている。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01TEA POT
02BARBADOS
03IN A LITTLE PROVINCIAL TOWN
04CETTE CHOSE
05BLUE HAZE
06LOVE IS HERE TO STAY
07SO SORRY PLEASE
08IT COULD HAPPEN TO YOU
09BIRD SONG
10OLD DEVIL MOON
【演奏】
J.J.ジョンソン(tb)ボビー・ジャスパー(ts,fl)トミー・フラナガン(p)ウイルバー・リトル(b)エルヴィン・ジョーンズ(ds)
【録音】
(1)(7)(10)1957年5月、(2)~(6)(8)(9)1957年1月

ミーツ・ザ・リズム・セクション/アート・ペッパー -アルトサックス

アルト・サックス奏者、アート・ペッパーがマイルス・デイヴィスのリズム・セクションとプレイしたイースト・ミーツ・ウエストの名盤。ヘレン・メリルの名唱で名高い「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」での、明るい快演が心地良い。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO
02RED PEPPER BLUES
03IMAGINATION
04WALTZ ME BLUES
05STRAIGHT LIFE
06JAZZ ME BLUES
07TIN TIN DEO
08STAR EYES
09BIRKS WORKS
10THE MAN I LOVE
(10)ボーナストラック
【演奏】
アート・ペッパー(AS) レッド・ガーランド(P) ポール・チェンバース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)
【録音】
1957年1月

ハンク・モブレー・オールスターズ/ハンク・モブレー -テナーサックス

初代ジャズ・メッセンジャーズのリズム隊にミルト・ジャクソンを加え、モブレーのオリジナル曲を演奏。ブルーノートにおけるハード・バップ期の代表作だ。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01REUNION
02ULTRAMARINE
03DON’T WALK
04LOWER STRATOSPHERE
05MOBLEY’S MUSINGS
【演奏】
ハンク・モブレー(TS) ミルト・ジャクソン(VIB) ホレス・シルヴァー(P) ダグ・ワトキンス(B) アート・ブレイキー(DS)
【録音】
1957年1月

アニタ・シングス・ザ・モスト/アニタ・オデイ -ヴォーカル

最高傑作「ジス・イズ・アニタ」の3ヶ月後(56年)に録音された、これまた傑作。白人女性ヴォーカリストの頂点に位置しているが、この50年代が彼女としては絶頂期と言えそうだ。独特の器楽的唱法や強力なアドリブでバックのピーターソンをも圧倒。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01‘S WONDERFUL|THEY CAN’T TAKE THAT AWAY FROM ME
02TENDERLY
03OLD DEVIL MOON
04LOVE ME OR LEAVE
05WE’LL BE TOGETHER AGAIN
06STELLA BY STARLIGHT
07TAKING A CHANCE ON LOVE
08THEM THERE EYES
09I’VE GOT THE WORLD ON A STRING
10YOU TURNED THE TABLES ON ME
11BEWITCHED, BOTHERED AND BEWILDERED
【演奏】
アニタ・オデイ(VO) オスカー・ピーターソン(P) ハーブ・エリス(G) レイ・ブラウン(B) ミルト・ホランド,ジョン・プール(DS)
【録音】
1957年1月

ラス・フリーマン・トリオ~リチャード・トゥワージク・トリオ -1950年代

24歳で他界したツワージクは、熱心なファン以外にその名は知られていないが、西海岸ジャズ台頭の折り、チェット・ベイカーなどと活動した異才。フリーマンのような切れ味を身上とするピアニストではなかったが、特有の和声感覚には再注目すべきものあり。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 ユー・ステップト・アウト・オブ・ア・ドリーム
02 ドント・ウォリー・バウト・ミー
03 ボックス・トップス
04 イエスタデイズ・ガーデニアス
05 アット・ラスト
06 バックフィールド・イン・モーション
07 ラーフ・クライ
08 ジ・アイ・オープナー
09 ララバイ・イン・リズム
10 ザ・パーティズ・オーヴァー
11 ジョーイ・ジョーイ・ジョーイ
12 ウディズ・ドット
13 アルバカーキ・ソーシャル・スイム
14 ベス・ユー・イズ・マイ・ウーマン
15 イエロー・タンゴ
16 ラウンド・ミッドナイト
17 四月の思い出
18 ア・クラッチ・フォー・ザ・クラブ (別テイク)
19 ア・クラッチ・フォー・ザ・クラブ
20 ジャスト・ワン・オブ・ゾーズ・シングス

【演奏】
ラス・フリーマン・トリオ(p)リチャード・ツワージク・トリオ(p)

【録音】
1953年10.12月 1957年8月 1954年12月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »