20世紀ジャズ名盤の全て

ミスティ/エロール・ガーナー -1950年

ビ・バップ時代、ハード・バップ時代を問わず、類まれな個性で不動の地位を獲得したジャズ・ピアノの名手ガーナーの1954年発表の最高傑作。スタンダードの名曲「ミスティ」の初演ヴァージョンを収録。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 MISTY
02 EXACTLY LIKE YOU
03 YOU ARE MY SUNSHINE
04 WHAT IS THIS THING CALLED LOVE
05 FRANTENALITY
06 AGAIN
07 WHERE OR WHEN
08 LOVE IN BLOOM
09 THROUGH A LONG AND SLEEPLESS NIGHT
10 THAT OLD FEELING

【演奏】
エロール・ガーナー(P) ワイアット・ルーサー(B) ユージン・ファッツ・ハード(DS) 他

【録音】
1946年~1955年

オリジナル・ジェリー・マリガン・カルテット -1952年

西海岸ジャズの魅力を端的に感じさせてくれる永遠の名盤。ピアノ・レスの自由なフォーマットによるマリガンとチェットのレイドバックしたインタープレイが、古き良き1950年代を想起させてくれる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 BERNIE’S TUNE
02 WALKIN’ SHOES
03 NIGHTS AT THE TURNTABLE
04 LULLABY OF THE LEAVES
05 FRENESI
06 FREEWAY
07 SOFT SHOE
08 AREN’T YOU GLAD YOU’RE YOU
09 I MAY BE WRONG
10 I’M BEGINNING TO SEE THE LIGHT
11 THE NEARNESS OF YOU
12 TEA FOR TWO
13 UTTER CHAOS 1
14 LOVE ME OR LEAVE ME
15 JERU
16 DARN THAT DREAM
17 SWINGHOUSE
18 UTTER CHAOS 2

【演奏】

ジェリー・マリガン(BRS) チェット・ベイカー(TP) ボブ・ホイットロック,カーソン・スミス(B) チコ・ハミルトン,ラリー・バンカー(DS)

【録音】

(1)(4)(13)1952年8月 (2)(3)(5)~(8)1952年10月 (9)~(12)(14)~(18

コンプリート・ニュー・コンセプツ/スタン・ケントン -1952年

白人のビッグ・バンドとして最も人気の高かったスタン・ケントン楽団。それも全盛の52年録音の傑作「ニュー・コンセプツ…」を核に同時期の4曲をプラスしたお徳用で、C・カンドリ、M・ファーガソン、L・ニコッツらスター級の豪快なソロも聴きどころ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 プロローグ
02 ポートレイト・オブ・ア・カウント
03 ヤング・ブラッド
04 フランク・スピーキング
05 北緯23度西経82度
06 タブー
07 ロンサム・トレイン
08 ギターとトランペットのためのインヴェンション
09 マイ・レディ
10 スイング・ハウス
11 インプロヴィゼーション
12 ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド

【録音】

1952年9月

プレジデント・プレイズ・ウイズ・オスカー・ピーターソン+4/レスター・ヤング -ヴォーカル

“プレジデント”との異名を取る彼の52年のアルバム。オスカー・ピーターソン・トリオとの相性は本作でも抜群で、ご機嫌なソロが見事にスウィングする。スタンダードを多く収録しているので入門者にも聴きやすい。

【収録曲】

01 AD LIB BLUES
02 I CAN’T GET STARTED
03 JUST YOU, JUST ME
04 ALMOST LIKE BEING IN LOVE
05 TEA FOR TWO
06 THERE WILL NEVER BE ANOTHER YOU
07 (BACK HOME AGAIN IN) INDIANA
08 ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET
09 STAR DUST
10 I’M CONFESSIN’
11 I CAN’T GIVE YOU ANYTHING BUT LOVE
12 THESE FOOLISH THINGS
13 (IT TAKES) TWO TO TANGO; REHEARSAL|FALSE START & CHATTER|MASTER TAKE
(10)(11)(12)(13)ボーナストラック

【演奏】

レスター・ヤング(TS,(13)VO) (1)(3)~(13)オスカー・ピーターソン(P) バーニー・ケッセル(G) レイ・ブラウン(B) J.C.ハード(DS)

【録音】

1952年11月

カルテット、クインテット、セクステット/ルー・ドナルドソン -アルトサックス

クラブ・ファンにも人気のファンキー・テナーマンの、初リーダー・セッションを含む代表作。50年代の前半で、ファンキー色はないが、この時期はビ・バップの香ばしさがたまらない。二度とこない若かしり日の生気に満ちる。24ビットbyRGVシリーズ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 IF I LIVE AGAIN
02 DOWN HOME
03 THE BEST THINGS IN LIFE ARE FREE
04 LOU’ BLUES
05 CHEEK TO CHEEK
06 SWEET JUICE
07 THE STROLLER
08 ROCCUS
09 CARACAS
10 MOE’S BRASS

【演奏】

ルー・ドナルドソン(AS)ブルー・ミッチェル(TP)ケニー・ドーハム(TP)マシュー・ジー(TB)ホレス・シルヴァー(P)エルモ・ホープ(P)ジーン・ラミー(B)パーシー・ヒース(B)アート・テイラー(DS)アート・ブレイキー(DS)

【録音】
(1)~(3)(6)1952年11月 (4)(5)(8)1952年6月 (7)(9)(10)1954年8月

テンパス・フュージット~オン・ブルーノート/マイルス・デイビス -1952年

52~54年、マイルスがブルーノートに残したリーダー・セッションをまとめたもの。従来の『マイルス・デイヴィスVol.1』『同Vol.2』に未発表テイクを合わせてコンプリートにしたものだ。……40年前から、マイルスはグレイトだった。必聴。(CDジャーナルより)

【収録曲】

[Disc 1]
01 ディア・オールド・ストックホルム
02 チャンス・イット (別テイク)
03 同
04 ドナ (別テイク)
05 同
06 ウディン・ユー (別テイク)
07 同
08 イエスタデイズ
09 ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン
10 ケロ (別テイク)
11 同
12 エニグマ (別テイク)
13 同
14 レイズ・アイディア (別テイク)
15 同
[Disc 2]
01 テンパス・フュージット
02 同 (別テイク)
03 C.T.A. (別テイク)
04 同
05 アイ・ウェイテッド・フォー・ユー
06 テイク・オフ
07 レイジー・スーザン
08 ザ・リープ
09 ウェル・ユー・ニードント
10 ウィアード
11 イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド

【演奏】

マイルス・デイヴィス(tp)他

【録音】
1952年~1954年

ザ・ビギニング・アンド・ジ・エンド/クリフォード・ブラウン -1952年

共演者はあまり有名ではないが、初の吹き込みと最後の録音が1枚に収録されているという点で特別なアルバム。後半3曲を演奏した数時間後に25年の短い生涯を終えた“ブラウニー”。演奏が素晴らしい分、悲しくも聴こえる作品。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 I COME FROM JAMAICA
02 IDA RED
03 WALKIN’
04 NIGHT IN TUNISIA
05 DONNA LEE

【演奏】

クリフォード・ブラウン(TP) ジギー・ヴァインス(TS) ビリー・ルート(TS) サム・ドッケリー(P) エース・ティゾーン(B) エリス・トーリン(DS) 他

【録音】

(1)(2)1952年3月 (3)~(5)1955年5月

バーモントの月/ジョニー・スミス -1952年

練された美しいギターを奏でるジョニー・スミスが、スタン・ゲッツをゲストに迎えて完成させた大ヒット作。アメリカ東部、ヴァーモントの風景をロマンティックに描写する。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 WHERE OR WHEN
02 TABU
03 MOONLIGHT IN VERMONT
04 JAGUAR
05 STARS FELL ON ALABAMA
06 TENDERLY
07 A GHOST OF A CHANCE
08 VILIA
09 CAVU
10 I’LL BE AROUND
11 YESTERDAYS
12 CHEROKEE

【演奏】

ジョニー・スミス(G) スタン・ゲッツ,ズート・シムズ,ポール・クイニシェット(TS) サンフォート・ゴールド(P) エディ・サフランスキー,アーノルド・フィシュキン(B) ドン・ラモンド(DS)

【録音】
1952年3月 1953年

チェイス/デクスター・ゴードン~ワーデル・グレイ -1952年

モダン・ジャズの初期にテナー・サックスでならした二人の共演盤。しかも実況録音盤ということでその自由度の高いインタープレイは必聴に値する。コンテ・カンドリらサイドメンも軒並みホットなプレイ。 (CDジャーナルより)

【収録曲】

01 THE CHASE
02 THE STEEPLECHASE

【演奏】

ワーデル・グレイ,デクスター・ゴードン(TS) コンテ・カンドリ(TP) ボビー・タッカー(P) ドン・バグレイ(B) チコ・ハミルトン(DS)

【録音】

1952年2月

スタン・ゲッツ・プレイズ+1 -1952年

1950年代初期に吹き込まれたゲッツの人気作の一つ。個々の曲が短めで、ともすれば小品集の趣もあるが、次々と印象的なフレーズを繰り出す尽きぬクリエイティヴィティを満喫するには最適なアルバムだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 STELLA BY STARLIGHT
02 TIME ON MY HANDS
03 ’TIS AUTUMN
04 THE WAY YOU LOOK TONIGHT
05 LOVER COME BACK TO ME
06 BODY AND SOUL
07 STARS FELL ON ALABAMA
08 YOU TURNED THE TABLES ON ME
09 THANKS FOR THE MEMORY
10 HYMN OF THE ORIENT
11 THESE FOOLISH THINGS (REMIND ME OF YOU)
12 HOW DEEP IS THE OCEAN
(12)ボーナストラック

【演奏】

スタン・ゲッツ(TS) デューク・ジョーダン(P) ジミー・レイニー(G) ビル・クロウ(B) フランク・イソーラ(DS)

【録音】
1952年12月

ナウズ・ザ・タイム/チャーリー・パーカー -アルトサックス

バップの帝王、名アルト奏者チャーリー・パーカーによる1950年代前半の円熟期のプレイを収録した名盤。豪華メンバーによるワン・ホーン・クァルテットでタイトル曲や「コンファーメーション」などの名曲を快演。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 THE SONG IS YOU
02 LAIRD BAIRD
03 KIM
04 KIM
05 COSMIC RAYS
06 COSMIC RAYS
07 CHI – CHI
08 CHI – CHI
09 CHI – CHI
10 CHI – CHI
11 I REMEMBER YOU
12 NOW’S THE TIME
13 CONFIRMATION
(9)ボーナストラック

【演奏】

チャーリー・パーカー(AS) ハンク・ジョーンズ,アル・ヘイグ(P) テディ・コティック,パーシー・ヒース(B) マックス・ローチ(DS)

【録音】

1952年12月 1953年7月

MJQ&ミルト・ジャクソン・クインテット -1952年

名盤『ジャンゴ』『コンコルド』に先立つプレスティッジに残された最も初期の作品。モダン・ジャズ・カルテットの名演4曲とミルト・ジャクソンのリーダー・セッションから成る名作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 ALL THE THINGS YOU ARE
02 LA RONDE
03 VENDOME
04 ROSE OF THE RIO GRANDE
05 OPUS DE FUNK
06 I’VE LOST YOUR LOVE
07 BUHAINA
08 SOMA

【演奏】

ミルト・ジャクソン(VIB)パーシー・ヒース(B)ケニー・クラーク(DS)(1)~(4)ジョン・ルイス(P)(5)~(8)ヘンリー・ブージアー(TP)(5)~(8)ホレス・シルヴァー(P)

【録音】

(1)~(4)1952年12月 (5)~(8)1954年6月

コンプリート・ホレス・シルバー・トリオ -1952年

実質的にホレス・シルヴァーの初リーダー・セッションを含んだ1950年前半のブルーノート盤で、既に彼らしい変幻自在のプレイが聴ける。ドラムのブレイキーや一部で参加したサブーのパーカッションも印象に残る。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 SAFARI
02 ECAROH
03 PRELUDE TO A KISS
04 THOU SWELL
05 QUICKSILVER
06 HOROSCOPE
07 YEAH
08 KNOWLEDGE BOX
09 HOW ABOUT YOU
10 I REMEMBER YOU
11 SILVERWARE
12 MESSAGE FROM KENYA
13 OPUS DE FUNK
14 NOTHING BUT THE SOUL
15 BUHAINA
16 DAY IN, DAY OUT
(4)(5)(8)(15)ボーナストラック

【演奏】

ホレス・シルヴァー(P) アート・ブレイキー(DS) (1)(4)(6)ジミー・ラミー,(2)(3)(5)(7)(8)カーリー・ラッセル,(9)~(16)パーシー・ヒース(B) (12)サブー(VO,CONGA)

【録音】

(1)~(8)1952年10月 (9)~(16)1953年11月

セロニアス・モンク・トリオ -1952年

モンクの特異なトリオ演奏が堪能できるアルバム。彼のオリジナルや愛奏曲として知られる曲が多数収録されており、アート・ブレイキーとマックス・ローチという2大ドラマーが参加。1952~54年の3回にかけて行なわれた録音だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 LITTLE ROOTIE TOOTIE
02 SWEET AND LOVELY
03 BYE-YA
04 MONK’S DREAM
05 TRINKLE TINKLE
06 THESE FOOLISH THINGS
07 BLUE MONK
08 JUST A GIGOLO
09 BEMSHA SWING
10 REFLECTIONS
11 WORK
12 NUTTY
(11)(12)ボーナストラック

【演奏】

セロニアス・モンク(P) ゲイリー・マップ,パーシー・ヒース(B) アート・ブレイキー,マックス・ローチ(DS)

【録音】
(1)~(4)1952年10月 (5)(6)(9)(10)1952年12月 (7)(8)(11)(12)1954年9月

ベン・ウェブスター・オン・エマーシー/ベン・ウェブスター -1951年

テナーの巨人ベン・ウエブスターのマーキュリー録音(’51~’53年)集大成。スタンダード・ナンバーからR&Bマーケットを意識したものまで、彼の豪快でありながら温かさを感じさせるテナーの響きを満喫できる。

【収録曲】

[Disc 1]
01 ユー・ディドゥント・テル・ミー
02 ゴット・ユー・ベギング (Alt.Tk)
03 ゴット・ユー・ベギング
04 デューク・アンド・ブルート
05 リーチ
06 リーチ (Alt.Tk)
07 ウーピー・ドゥ
08 ワン・オクロック・ジャンプ (Alt.Tk)
09 ワン・オクロック・ジャンプ (Alt.Tk)
10 ワン・オクロック・ジャンプ
11 ワン・ナイター・ブルース
12 グーンプ・ブルース
13 スターダスト (Alt.Tk)
14 スターダスト (Alt.Tk)
15 スターダスト
[Disc 2]
01 ランドルス・アイランド (Alt.Tk)
02 ランドルス・アイランド
03 ランドルス・アイランド (Alt.Tk)
04 オールド・フォークス (Alt.Tk)
05 オールド・フォークス (Alt.Tk)
06 オールド・フォークス
07 キングス・リフ
08 ユアー・マイ・スリル
09 ユアー・マイ・スリル (Alt.Tk)
10 ユアー・マイ・スリル
11 トラブル・イン・マインド
12 アイル・ビー・バック
13 ドント・メンション・マイ・ネイム
14 フート
15 パウティング
16 アイアン・ハット
17 アイアン・ハット (Alt.Tk)
18 ス・ワンダフル

【録音】

1951年~53年

モダン・ジャズ・カルテット -1951年

ミルト・ジャクソンのリーダー名義で録音されたモダン・ジャズ・カルテットの実質的なデビュー作品。保坂弘幸がDENONのデジタル技術を駆使したマスタリングに挑戦し、太く伸びのある音に。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE
02 LOVE ME PRETTY BABY
03 AUTUMN BREEZE
04 MILT MEETS SID
05 MOVING NICELY
06 D & E
07 HEART AND SOUL
08 TRUE BLUES
09 BLUESOLOGY
10 YESTERDAYS
11 ROUND ABOUT MIDNIGHT
12 BETWEEN THE DEVIL AND THE DEEP BLUE SEA

【演奏】

ミルト・ジャクソン(VIB) ジョン・ルイス(P) (4)(6)(10)(12)レイ・ブラウン,(1)~(3)(5)(7)~(9)(11)パーシー・ヒース(B) (1)(2)(4)(6)~(8)(10)(12)ケニー・クラーク,(3)(5)(9)(11)アル・ジョーンズ(DS)

【録音】

(1)(2)(7)(8)1952年4月 (3)(5)(9)(11)1951年9月 (4)(6)(10)(12)5

ハイ・ファイ・エリントン・アップ・タウン/デューク・エリントン -1951年

1952年にレコーディングされたデューク・エリントンの作品。何といってもハイライトは凄腕でならしたルイ・ベルソンのドラムだろう。「A列車で行こう」などの周知の楽曲も良く練られたアレンジで、聴く者を飽きさせない。

【収録曲】

01 SKIN DEEP
02 THE MOOCHE
03 TAKE THE “A” TRAIN
04 PERDIDO
〈コントラヴァーシャル組曲〉
05 BEFORE MY TIME
06 LATER
〈ハーレム組曲〉
07 A TONE PARALLEL TO HARLEM
(7)ボーナストラック

【演奏】

デューク・エリントン(P) デューク・エリントン楽団 他

【録音】

(1)1952年2月 (2)(4)1952年7月 (3)1952年6月 (5)~(7)1951年12月

ブルーベック~デスモンド+8/デイブ・ブルーベック -1951年

モダン・ジャズが生んだもっとも美しいコラボレーション。二人のインタープレイの極致とも言うべき演奏は、感動に満ちて今も新鮮。LP3枚分を1枚のCDに収録した作品だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 CRAZY CHRIS
02 A FOGGY DAY
03 LYON’S BUSY
04 SOMEBODY LOVES ME
05 AT A PERFUME COUNTER
06 MAM’SELLE
07 ME AND MY SHADOW
08 FRENESHI
09 THIS CAN’T BE LOVE
10 LOOK FOR THE SILVER LINING
11 MY ROMANCE
12 I MAY BE WRONG
13 JUST ONE OF THOSE THINGS
14 LULU’S BACK IN TOWN
15 STREET IN SINGAPORE
16 ALL THE THINGS YOU ARE
17 ALICE IN WONDERLAND
18 STARDUST
(9)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)ボーナストラック

【演奏】

デイヴ・ブルーベック(P) ポール・デスモンド(AS) フレッド・ダットン,ワイアット・ルーサー(B) ハーブ・バーマン,ロイド・デイヴィス(DS)

【録音】

1951年8月~1952年10月

エズセティック/リー・コニッツ&マイルス・デイビス -1951年

マイルスを含むセクステットでコニッツのアブストラクトな名演が楽しめるセッションに、鬼才テディ・チャールズのクァルテットによる革新的なセッションを収録した作品。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 ODJENAR
02 HI BECK
03 YESTERDAYS
04 EZZ-THETIC
05 INDIAN SUMMER
06 DUET FOR SAXPHONE & GUITAR
07 EDGING OUT
08 NOCTURNE
09 COMPOSITION FOR FOUR PIECES
10 A NIGHT IN TUNISIA

【演奏】

(1)~(6)リー・コニッツ(AS) (1)~(4)マイルス・デイヴィス(TP) (1)~(6)ビリー・バウアー(G) (1)~(4)サル・モスカ(P) (1)~(4)アーノルド・フィシュキン(B) (1)~(4)マックス・ローチ(DS) (7)~(10)テディ・チャールズ(VIB) (7)~(10)ジミー・レイニー(G) (7)~(10)ディック・ニヴィソン(B) (7)~(10)エド・ショーネシー(DS)

【録音】

(1)~(6)1951年3月 (7)~(10)1952年12月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »