20世紀ジャズ名盤の全て

コンテンポラリー・リーダーズ・プラス/ソニー・ロリンズ -1950年代

ロリンズ1958年の一作。ハンプトン・ホーズやバーニー・ケッセルら西海岸系のプレイヤーと繰り広げた洒脱なセッション。ゆったりとしたスウィング感が巨人のスケールの大きなフレーズとマッチしている。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01I’VE TOLD EV’RY LITTLE STAR

02ROCK-A-BYE YOUR BABY WITH A DIXIE MELODY

03HOW HIGH THE MOON

04YOU

05I’VE FOUND A NEW BABY

06ALONE TOGETHER

07IN THE CHAPEL IN THE MOONLIGHT

08THE SONG IS YOU

09YOU

10I’VE FOUND A NEW BABY

11THE SONG IS YOU

【演奏】

ソニー・ロリンズ(TS) バーニー・ケッセル(G) ハンプトン・ホーズ(P) リロイ・ヴィネガー(B) シェリー・マン(DS) (4)(9)ヴィクター・フェルドマン(VIB)

【録音】

1958年10月

レム・ウィンチェスター&ラムゼイ・ルイス・トリオ/レム・ウィンチェスター -ブログ

ベテラン人気キーボード奏者、ラムゼイ・ルイス若かりし頃のピアノ・プレイが楽しめるCD。ここで33歳で亡くなった幻の名ヴァイブ奏者レム・ウィンチェスターと共演しているが、贅肉を削ぎ落としたハード・バップ・スタイルの演奏は緊張感漂う、好演。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01JOY SPRING

02WHERE IT IS

03SANDU

04ONCE IN A WHILE

05JORDU

06IT COULD HAPPEN TO YOU

07EASY TO LOVE

08A MESSAGE FROM BOYSIE

【演奏】

レム・ウィンチェスター(vib)ラムゼイ・ルイス(p)エルディー・ヤング(b)レッド・ホルト(ds)

【録音】

1958年10月

ガイズ・アンド・ドールズ・ライク・バイブス/エディ・コスタ・ウィズ・ビル・エンバス -1950年代

ミュージカルを素材にした1958年の録音。ピアニストとしても知られるエディがマレットを握り、ピアノはビル・エヴァンスに譲っている。ドラムのポール・モチアン含め全体的にクールな佇まいのアルバムだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01GUYS AND DOLLS

02ADELAIDE

03IF I WERE A BELL

04LUCK BE A LADY

05I’VE NEVER BEEN IN LOVE BEFORE

06I’LL KNOW

【演奏】

エディ・コスタ(VIB) ビル・エヴァンス(P) ウェンデル・マーシャル(B) ポール・モチアン(DS)

【録音】

1958年1月

マリガン・ミーツ・モンク/ジェリー・マリガン -1950年代

ウエストコーストの大スター、マリガンと共演者キラー、モンク。超個性派の巨星2人による史上名高い名セッション。傑出した個性がぶつかることにより、素晴らしい作品が誕生した。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01’ROUND MIDNIGHT

02RHYTHM-A-NING

03SWEET AND LOVELY

04DECIDEDLY

05STRAIGHT, NO CHASER

06I MEAN YOU

07DECIDEDLY

08STRAIGHT, NO CHASER

09I MEAN YOU

10I MEAN YOU

(7)(8)(9)(10)ボーナストラック

【演奏】

ジェリー・マリガン(BRS) セロニアス・モンク(P) ウィルバー・ウェア(B) シャドウ・ウィルソン(DS)

【録音】

1957年8月

プレスティッジ・ジャズ・カルテット -1950年代

MJQの成功にあやかって結成されたグループによる作品。これ以前にもカルテットはテオ・マセロと共演したアルバムをプレスティッジに残している。かなり思索的な内容だが、そこに特異な個性も息づいていた。

【収録曲】

01 テイク・スリー・パーツ・ジャズ

02 メタ・ワルツ

03 ディアー・エレイン

04 13日の金曜日

【演奏】

テディ・チャールズ(vib)、マル・ウォルドロン(p)、アディソン・ファーマー(b)、ジェリー・シーガル(ds)

【録音】1957年6月

オパス・デ・ジャズ/ミルト・ジャクソン -1950年代

バグスの愛称で親しまれた屈指のジャズ・ヴァイブラフォン奏者が1955年に行なったリーダー・セッション。ホレス・シルヴァーのペンによるタイトル曲ほかを、ハンク・ジョーンズら実力派とともにプレイしたサヴォイ盤。

【収録曲】
01 OPUS DE FUNK
02 OPUS POCUS
03 YOU LEAVE ME BREATHLESS
04 OPUS AND INTERLUDE

【演奏】
ミルト・ジャクソン(VIB) フランク・ウェス(FL,TS) ハンク・ジョーンズ(P) エディ・ジョーンズ(B) ケニー・クラーク(DS)

【録音】
1955年10月

コンコルド/MJQ -1950年代

MJQのプレスティッジ盤としては筆頭に挙げられる傑作。根底に流れるブルースを基調としながらも、洗練された室内楽的典雅さを持ち併せている。ラストのタイトル曲にそのすべてが凝縮されているかのようだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 RALPH’S NEW BLUES
02 ALL OF YOU
03 I’LL REMEMBER APRIL
04 GERSHWIN MEDLEY; SOON|FOR YOU, FOR ME, FOREVERMORE|LOVE WALKED IN|OUR LOVE IS HERE TO STAY
05 SOFTLY, AS IN A MORNING SUNRISE
06 CONCORDE

【演奏】
ミルト・ジャクソン(VIB) ジョン・ルイス(P) パーシー・ヒース(B) コニー・ケイ(DS)

【録音】
1955年7月

テンテット/テディ・チャールズ -1950年代

この作品には学究肌の白人パイプ演奏者チャールズの野心的な試みが集約されている。興味深い面々と展開するクール派に通じた演奏およびモード・ジャズをも視野に入れた斬新なスタイルが時代を超越して新鮮に響く。

【収録曲】

01 VIBRATIONS
02 THE QUIET TIME
03 THE EMPEROR
04 NATURE BOY
05 GREEN BLUES
06 YOU GOT TO MY HEAD
07 LYDIAN M-1

【演奏】
アート・ファーマー(TP) ドン・バターフィールド(TUB) ジジ・グライス(AS) J.R.モンテローズ(TS) ジョージ・バロウ,ソル・シュリンガー(BRS) テディ・チャールズ(VIB) マル・ウォルドロン(P) ジミー・レイニー(G) テディ・コティック(B) ジョー・ハリス(DS)

【録音】
1956年1月

ジャンゴ/MJQ -1950年代

かつてドラムのケニー・クラークが在籍していた頃の1stアルバム。モダン・ジャズの室内楽といった趣きの作品で、清楚でさわやかな作風が今日までファンの支持を得ている。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 DJANGO
02 ONE BASS HIT
03 LA RONDE SUITE; A) PIANO|B) BASS|C) VIBES|D) DRUMS
04 THE QUEEN’S FANCY
05 DELAUNAY’S DILEMMA
06 AUTUMN IN NEW YORK
07 BUT NOT FOR ME
08 MILANO

【演奏】
ミルト・ジャクソン(VIB) ジョン・ルイス(P) パーシー・ヒース(B) ケニー・クラーク(DS)

【録音】
(1)(2)(8)1954年12月 (3)1955年1月 (4)~(7)1953年6月

MJQ&ミルト・ジャクソン・クインテット -1952年

名盤『ジャンゴ』『コンコルド』に先立つプレスティッジに残された最も初期の作品。モダン・ジャズ・カルテットの名演4曲とミルト・ジャクソンのリーダー・セッションから成る名作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 ALL THE THINGS YOU ARE
02 LA RONDE
03 VENDOME
04 ROSE OF THE RIO GRANDE
05 OPUS DE FUNK
06 I’VE LOST YOUR LOVE
07 BUHAINA
08 SOMA

【演奏】

ミルト・ジャクソン(VIB)パーシー・ヒース(B)ケニー・クラーク(DS)(1)~(4)ジョン・ルイス(P)(5)~(8)ヘンリー・ブージアー(TP)(5)~(8)ホレス・シルヴァー(P)

【録音】

(1)~(4)1952年12月 (5)~(8)1954年6月

モダン・ジャズ・カルテット -1951年

ミルト・ジャクソンのリーダー名義で録音されたモダン・ジャズ・カルテットの実質的なデビュー作品。保坂弘幸がDENONのデジタル技術を駆使したマスタリングに挑戦し、太く伸びのある音に。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 SOFTLY AS IN A MORNING SUNRISE
02 LOVE ME PRETTY BABY
03 AUTUMN BREEZE
04 MILT MEETS SID
05 MOVING NICELY
06 D & E
07 HEART AND SOUL
08 TRUE BLUES
09 BLUESOLOGY
10 YESTERDAYS
11 ROUND ABOUT MIDNIGHT
12 BETWEEN THE DEVIL AND THE DEEP BLUE SEA

【演奏】

ミルト・ジャクソン(VIB) ジョン・ルイス(P) (4)(6)(10)(12)レイ・ブラウン,(1)~(3)(5)(7)~(9)(11)パーシー・ヒース(B) (1)(2)(4)(6)~(8)(10)(12)ケニー・クラーク,(3)(5)(9)(11)アル・ジョーンズ(DS)

【録音】

(1)(2)(7)(8)1952年4月 (3)(5)(9)(11)1951年9月 (4)(6)(10)(12)5

ムーブ!/レッド・ノーボ -1950年

若きタル・ファーロウにチャールズ・ミンガスを擁したレッド・ノーボ・トリオ。ノーボの極めた進んだビ・バップの解釈は、クールな落ち着き湛えながらも、リズム陣の二人から躍動的な演奏を引き出す。ことにタルのスピード感に溢れたアドリブが快適だ。(「CDジャーナル」データベースより)

【曲目】

1. ムーヴ
2. アイ・キャント・ビリーヴ・ザッツ・ユーア・イン・ラヴ
3. アイル・リメンバー・エイプリル
4. セプテンバー・ソング
5. ジン・ウェント・ザ・ストリングス・オブ・マイ・ハート
6. アイヴ・ゴット・ユー・アンダー・マイ・スキン
7. アイ・ゲット・ア・キック・アウト・オブ・ユー
8. イフ・アイ・ハッド・ユー
9. ゴッドチャイルド
10. ディス・キャント・ビー・ラヴ
11. チーク・トゥ・チーク
12. スウェディッシュ・ペストリー

【演奏】

レッド・ノーヴォ (vib)
タル・ファーロウ (g)
チャールス・ミンガス (b)

録音:1950年10月13日(1~7),1951年4月13日(8~10),1950年3月3日(11、12)

ハワード・マギー&ミルト・ジャクソン -1940年代

ハワード・マギーは、ディジー・ガレスピー、ファッツ・ナヴァロらと並んでビ・バップ最初のトランペット奏者の一人。 速い運指、高音で知られ、1946年~47年、ダイアル・レコードでは二度チャーリー・パーカーと録音している。 本作は、ハワード・マギーとミルト・ジャクソン、二大名手によるビ・バップ・セッション。ザ・ヒース・ブラザース(The Heath Brothers)こと、ジミー・ヒース(サックス)&パーシー・ヒース(ベース)参加の完成度の高いセッションで、ハワードの代表作。

【収録曲】
01 メリー・リー
02 ショート・ライフ
03 トーク・オブ・ザ・タウン
04 ベース・C・ジャム
05 フリップ・リップ
06 ベル・フロム・バニーコック
07 ダウン・ホーム
08 スウィート・アンド・ラヴリー
09 フィエスタ
10 アイム・インザ・ムード・フォー・ラヴ
11 ザ・マン・アイ・ラヴ
12 ザ・ラスト・ワード

【演奏】
ハワード・マギー(tp)ジミー・ヒース(as,brs)ミルト・ジャクソン(vib)ウィル・デイヴィス(p)パーシー・ヒース(b)ジョー・ハリス(ds)他

【録音】
(1)~(5)1947年12月
(6)~(14)1948年10月

スターダスト/ライオネル・ハンプトン -1940年代

ジーン・ノーマン主催のジャズ・ジャスト・コンサートでの演奏を録音した実況盤。本作はJATPとのスリリングなジャム・セッションの模様が収録されている。「スターダスト」の名演が聴ける。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 STAR DUST
02 ONE O’CLOCK JUMP
03 THE MAN I LOVE
04 OH, LADY BE GOOD

【演奏者】
ライオネル・ハンプトン(VIB) チャーリー・シェイヴァース(TP) ウィリー・スミス(AS) コーキー・コーコラン(TS) トミー・トッド(P) バーニー・ケッセル(G) スラム・スチュワート(B) リー・ヤング,ジャッキー・ミルズ(DS)

【録音】
1947年8月

ライオネル・ハンプトン -1930年代

RCAレーベル・アーティストの名演をスーパー・プライスにてリリースする《プラネット・ジャズ・シリーズ》。黒人ジャンプ・バンドのリーダーであるハンプトンのベスト。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 THE MUNSON STREET BREAKDOWN
02 I’VE FOUND A NEW BABY
03 I CAN’T GET STARTED
04 FLAMENCO SOUL
05 HOT CLUB OF MADRID SERENADE
06 TENDERLY
07 DINAH
08 TEMPO AND SWING
09 JACK THE BELLBOY
10 TOLEDO BLADE
11 BOP CITY FLAMENCO
12 BLUE BECAUSE OF YOU
13 JIVIN’ WITH JARVIS
14 CENTRAL AVENUE BREAKDOWN

【演奏者】
ライオネル・ハンプトン(VIB,P)&ヒズ・オーケストラ他

【録音】
1939年(1-3.7),1940年(8.9.12-14),1956年(4-6.10.11)

ブラック・アクション・フィギュア/ステフォン・ハリス -1990年代

登場たちまち話題をかっさらい、あげく新人賞も総ナメしてみせたニューヨーク出身のヴァイブ奏者のブルーノート2作目。なんとも興趣の尽きないタイトルといい“只者じゃなさ”感が漂ってます。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 CLUB MADNESS
02 FELINE BLUES
03 THERE IS NO GREATER LOVE
04 OF THINGS TO COME
05 AFTER THE DAYS DONE
06 CONVERSATIONS AT THE MESS
07 BLACK ACTION FIGURE
08 COLLAGE
09 YOU STEPPED OUT OF A DREAM
10 ALOVI
11 BASS VIBES
12 THE ALCHEMIST
13 CHORALE
14 FADED BEAUTY
15 MUSICAL SILENCE

【演奏者】
ステフォン・ハリス(VIB)グレッグ・オズビー(AS)ゲイリー・トーマス(A-FL,TS)スティーヴ・トゥーレ(TB)ジェイソン・モラン(P)タルス・マティーン(B)エリック・ハーランド(DS)

【録音】
1999年2月

ザ・ベリー・トール・バンド/オスカー・ピーターソン、レイ・ブラウン、ミルト・ジャクソン -1990年代

ピーターソン~ジャクソン~ブラウンが久々の再会を果した。これまでに彼らはカルテットで2枚の作品を残している。いずれも名盤の誉れ高いもので、今回も当然素晴らしい内容となった。ライヴということもあって、いつも以上に彼らの名人芸が冴え渡る。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 JA-DA
02 SKJ
03 I REMEMBER CLIFFORD
04 WHEN SUMMER COMES
05 BLUES FOR JR
06 NATURE BOY
07 SOMETIMES I’M HAPPY
08 BASS SOLO MEDLEY : FULL MOON AND EMPTY ARMS~            THE  VERY THOUGHT OF YOU~THE WORK SONG
09 CARAVAN

【演奏者】
オスカー・ピーターソン(P) レイ・ブラウン(B) ミルト・ジャクソン(VIB) カリエム・リギンズ(DS)

【録音】
1998年11月24-26日

プロフェット・スピークス/ミルト・ジャクソン -1990年代

聴く度に驚かされるのが、この人のブルース感覚だ。まったく衰えていない。本作でも当時売りだし中だったジョシュア・レッドマンを迎え、じつにツボを押さえた安定感のある演奏を聴かせる。マンネリのようでマンネリでない、普遍的な魅力を感じさせるアルバムなのだ。

トラックリスト

01プロフェット・スピークス
02イン・ア・センチメンタル・ムード
03ファイヴ・オクロック・イン・ザ・モーニング
04ユー・アー・ソー・ビューティフル
05オフ・マイナー
06カム・トゥ・ミー
07ワンダー・ホワイ
08リヴ・ヴァイタリゼーション
09人生の楽しき秘密よ
10シリアス・グリース
11マイ・ロマンス
12ブルー・モンク

演奏

ミルト・ジャクソン(VIB) シダー・ウォルトン(P) ジョン・クレイトン(B) ビリー・ヒギンズ(DS) ジョー・ウィリアムス(VO) ジョシュア・レッドマン(TS)

レバレンス/ミルト・ジャクソン -1990年代

ジャクソンがクインシーの主催するクエストに移籍した第1作は、豪華なウイズ・ストリングス。しかしジャクソンのプレイは、周囲がどう変化しようと、いつも通りのブルージー&ソウルフル。個性はすべてを超える!

 

アーティスト:ミルト・ジャクソン(VIB) オスカー・ブラッシャー(TP) ジョージ・ボハノン(TB) ジェフ・クレイトン(AS) ゲイリー・フォスター(TS,FL) ロナルド・ブラウン(TS) ジャック・ニミッツ(BRS,BS-CL) ジュールス・チェイキン(STRINGS CB) ジェラルド・ヴィンキ(VN,CONCERT MASTER) アッサ・ドゥロリ,イサベル・ダスコフ,ジョエル・デルーイン,ヘンリー・ファーバー,アーヴィング・ゲラー,ピーター・ケント,ゴードン・マロン,ドン・パーマー,クワイヒー・シェインバン,イヴ・スプレッヒャー,ロバート・サシェル,エリザベス・ウィルソン,シャリ・ジッパート(VN) サミュエル・ボッホシアン,マリリン・ベイカー,マーゴット・マクレーン,ハーシェル・ワイズ(VA) フレッド・セイコラ,スージー・カタヤマ,アーニー・エルンハルト,アン・カラン,ラリー・コーベット,デイヴィッド・シェインバン(VC) シダー・ウォルトン(P) ジョン・クレイトン,ジム・ヒューアート,マーガレット・ストアー,デイヴィッド・スローン(B) ビリー・ヒギンズ(DS)

 

収録曲:

01レヴァレンス
02ヤング・アンド・フーリッシュ
03リトル・ガール・ブルー
04マスカレード
05J.C.
06シダー・レーン
07君に捧げるメロディー
08ニューエスト・ブルース
09イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マインド
10ブレット・バッグ
11コンパッション
12ヒアズ・ザット・レイニー・デイ

結成40周年記念~MJQ&フレンズ -1990年代

多彩なゲストがMJQの結成40周年を華やかに祝う豪華記念盤。イリノイ・ジャケーからテイク6までよくもまあこれだけの顔ぶれがそろったものだが、一番すごいのはどんな人がきても微動だにしないMJQの強固さだ。

 

アーティスト:ジョン・ルイス(p)ミルト・ジャクソン(vib)パーシー・ヒース(b)コニー・ケイ,ミッキー・ローカー(ds)他

 

収録曲:

01バグス・グルーヴ
02オール・ザ・シングス・ユー・アー
03チェロキー
04インディアナ
05降っても晴れても
06柳よ泣いておくれ
07メモリーズ・オブ・ユー
08ブルース・フォー・ワニータ
09ゼア・ウィル・ネヴァー・ビー・アナザー・ユー
10イージー・リヴィング
11ジャンゴ
12ダーン・ザット・ドリーム
13ビリーズ・バウンス

デュークに捧ぐ+1/モダン・ジャズ・カルテット -1988年

エリントンのトリビュート作品。これまでにもエリントンの曲はMJQのレパートリーに加えられてはいたが、本作は初録音がほとんどを占めている。長寿グループゆえマンネリ感もあるが、まとまりや味わいは超一流だ。

 

アーティスト:ジョン・ルイス(P) ミルト・ジャクソン(VIB) パーシー・ヒース(B) コニー・ケイ(DS)

 

収録曲:

01デュークに捧ぐ
02熊のようなジャック
03プレリュード・トゥ・ア・キッス
04スウィングしなけりゃ意味がない
05ココ
06マエストロ E.K.E.
07セピア・パノラマ
08ロッキン・イン・リズム
09カム・サンデイ

ワンダーラスト、マイク・マイニエリ -1981年

81年に発表されたマイニエリの名盤。フュージョン・ブームの折に出た数々の作品の中でも特にクオリティが高いが、それもそのはず、ブレッカー兄弟らツワモノの他、渡辺香津美も名を連ねているラインナップなのだ。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:マイク・マイニエリ(VIB,MARIMBA) ランディ・ブレッカー(TP,SS) ジェレミー・スタイグ(FL) マイケル・ブレッカー(SAX) ウォーレン・バーンハート(P,SYN) ドン・グロルニック(KEY) エド・ウォルシュ(SYN-PROG) ピーター・アースキン(DS) スティーヴ・カーン(G) マーカス・ミラー,トニー・レヴィン(B) 渡辺香津美(G) マノロ・バドリーナ(PERC,BIREMBAU) サミー・フィゲロア,ロジャー・スキテロ(PERC)

 

01クロスト・ワイアーズ
02サラの感触
03特急列車
04フライング・カラーズ
05リマージュ
06バンブー
07ワンダーラスト

〈録音〉
1981年

ミルト・ジャクソン&オスカー・ピーターソン・トリオ -1981年

 

ヴァーヴ盤、MPS盤に続く両巨匠3度目の共演作。ほとんど非の打ち所のない演奏で、メンバー各人の持ち味を出し切っている。ミルトはMJQでは押さえ気味なソウルなプレイも見せるなど、聴きどころも多い。全編スインギーな再会セッションだ。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ミルト・ジャクソン(VIB) オスカー・ピーターソン(P) レイ・ブラウン(B) グラディ・テイト(DS)

 

01エイント・バット・ア・フュー・オブ・アス・レフト
02スタッフィ
03ア・タイム・フォー・ラヴ
04ボディ・アンド・ソウル
05イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー
06ホワット・アム・アイ・ヒア・フォー

〈録音〉
1981年

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »