20世紀ジャズ名盤の全て

J5/向井滋春フィーチャリング大西順子 -トロンボーン

ナンバー1トロンボーン奏者、向井滋春が、赤丸急上昇中だった大西を迎えて作ったのが本作。ウイテカー~ハッチンソンというサイバー・リズム・チームに、日本のサムライがどう挑むか。助っ人の山口真文も頼もしい。

 

アーティスト:向井滋春(tb)山口真文(ts)大西順子(p)ロドニー・ウィテカー(b)グレゴリー・ハッチンソン(ds)

 

収録曲:

01オン・リフレクション
02スピリチュアル・コーリング
03ストレッチ・アウト
04セレニティ
05ウーマン・チャイルド
06マルドロール
07ベルリン

カーマ/ロビン・ユーバンクス -1990年

最近は何となく大人しいロビンも、80年代には本当にはち切れんばかりの野心に満ちていた。中でも本作は屈指の出来。ブランフォードとのコラボレーションに、この人の自由なスタンスと表現の幅広さが見て取れる。

 

アーティスト:ロビン・ユーバンクス(tb)ブランフォード・マルサリス(ts)グレッグ・オズビー(as)アール・ガードナー(tp)ケヴィン・ユーバンクス(g)リニー・ロスネス(p)ケニー・ワーナー(key)カサンドラ・ウィルソン,キムソン“キスム”アルバート(vo)デイヴ・ホランド,ロニー・プラキシコ(b)マーヴィン“スミティ”スミス(ds)ミノ・シネル(perc)

 

収録曲:

01カーマ
02ミノ
03メイビー・ネクスト・タイム
04エヴィデントリー
05センド・ワン・ユア・ラヴ
06ネヴァー・ギヴ・アップ
07ザ・ヤーニング
08ペンタコース
09レゾリューション・オブ・ラヴ
10リメンバー・ホエン

クインタージ/J.J.ジョンソン -トロンボーン

長年ジャズ界を遠ざかっていたJJ久々のカムバック作品。ニューヨークで活躍中の若手に囲まれてのビレッジ・バンガードでのライブ録音だ。若々しいJJのプレイだけでなく、より柔軟な編曲や音楽性が聴きものだ。

 

アーティスト:J.J.ジョンソン(tb)ラルフ・ムーア(sax)スタンリー・カウエル(p)ルーファス・リード(b)ヴィクター・ルイス(ds)

 

収録曲:

01聖者の行進
02ブルー・ボッサ
03ドック・ワズ・ヒア
04バズ・ブルース
05クインタージー
06ラメント
07ホワイ・インディアナポリス、ホワイ・ノット・インディアナポリス
08イッツ・オール・ライト・ウィズ・ミー
09コッピン・ザ・バップ
10ネフェルティティ
11ユーヴ・チェンジド
12コミュテイション

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ