20世紀ジャズ名盤の全て

黒い聖者と罪ある女/チャールス・ミンガス -1960年代

ミンガス自身が「エスニック・フォークダンス」と呼んだ11人編成の音絵巻。彼の代表作のひとつに数えられている1963年の録音で、ジャズを起点として生まれたオーケストラ作品としては珠玉の一枚。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TRACK A – SOLO DANCER

02TRACK B – DUET SOLO DANCERS

03TRACK C – GROUP DANCERS

04MODE D – TRIO AND GROUP DANCERS|MODE E – SINGLE SOLOS AND GROUP DANCE|MODE F – GROUP AND SOLO DANCE

【演奏】

チャールス・ミンガス(B,P) ロルフ・エリクソン,リチャード・ウィリアムス(TP) クェンティン・ジャクソン(TB) ドン・バターフィールド(TUB) ジェローム・リチャードソン(SS,BRS,FL) ディック・ヘイファー(TS,FL) チャーリー・マリアーノ(AS) ジャッキー・バイアード(P) ジェイ・バーリナー(G) ダニー・リッチモンド(DS)

【録音】

1963年1月

キャラバン/アート・ブレイヤー -ブログ

ブレイキーによるイントロとそれに続く3管のユニゾンによるメロディだけでノックアウトされるパワフルな1962年の作品。息の合ったアンサンブルとライヴ盤のような熱気が同居した名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01CARAVAN

02SWEET ‘N’ SOUR

03IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING

04THIS IS FOR ALBERT

05SKYLARK

06THERMO

07SWEET ‘N’ SOUR

08THERMO

(7)(8)ボーナストラック

【演奏】

アート・ブレイキー(DS) フレディ・ハバード(TP) カーティス・フラー(TB) ウェイン・ショーター(TS) シダー・ウォルトン(P) レジー・ワークマン(B)

【録音】

1962年10月

アワ・マン・イン・ジャズ/ソニー・ロリンズ -1960年代

RCA100周年記念の24ビット・リマスター・シリーズ。なんとドン・チェリーを迎え、よりワイルドになった新生カルテットによるライヴ盤。60年代らしいフリーっぽさも魅力。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OLEO

02DEARLY BELOVED

03DOXY

【演奏】

ソニー・ロリンズ(TS) ドン・チェリー(TP) ボブ・クランショウ(B) ビリー・ヒギンズ(DS)

【録音】

1962年7月

ザ・トーキョー・ブルース/ホレス・シルバー -1960年代

ブルーノート・レーベルの音源を紙ジャケット仕様で発売する”BLUE NOTE 24bit by RVG”シリーズ。ピアニスト、ホレス・シルヴァーの、1962年初来日時の日本の印象をテーマとしたアルバム。(TOWER RECORDS ONLINEより)

【収録曲】

01トゥー・マッチ・サケ

02サヨナラ・ブルース

03ザ・トーキョー・ブルース

04チェリー・ブロッサム

05アー!ソー

【演奏】

ホレス・シルヴァー(P) ブルー・ミッチェル(TP) ジュニア・クック(AS) ジーン・テイラー(B) ジョン・ハリスJr.(DS)

【録音】

1962年7月

インタープレイ/ビル・エバンス -1960年代

ビル・エヴァンスにしては珍しいトランペットとギターを加えたクインテット。ドライヴするフィリー・ジョー・ジョーンズ、若き才能フレディ・ハバード、後にデュエットするジム・ホールらが個性を十二分に発揮する会心の一枚。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC

02WHEN YOU WISH UPON A STAR

03I’LL NEVER SMILE AGAIN

04INTERPLAY

05YOU GO TO MY HEAD

06WRAP YOUR TROUBLES IN DREAMS

07I’LL NEVER SMILE AGAIN

(7)ボーナストラック

【演奏】

ビル・エヴァンス(P) フレディ・ハバード(TP) ジム・ホール(G) パーシー・ヒース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1962年7月

テイキン・オフ+3/ハービー・ハンコック -フリューゲルホーン

ジャズ界のスーパースター、ハービー・ハンコックの初リーダー作。多くのミュージシャンがカヴァーして大ヒットした「ウォーターメロン・マン」を筆頭に、全曲オリジナルが並ぶ。コンポーザーとしての才能も開花させた。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WATERMELON MAN

02THREE BAGS FULL

03EMPTY POCKETS

04THE MAZE

05DRIFTIN’

06ALONE AND I

07WATERMELON MAN

08THREE BAGS FULL

09EMPTY POCKETS

(7)(8)(9)ボーナストラック

【演奏】

ハービー・ハンコック(P) フレディ・ハバード(TP,FLH) デクスター・ゴードン(TS) ブッチ・ウォーレン(B) ビリー・ヒギンズ(DS)

【録音】

1962年5月

マタドール/ケニー・ドーハム -1960年代

1962年にユナイテッド・アーティスツで吹き込まれた作品。「闘牛士」というタイトルにあわせるように、幾分ラテン・テイストを感じさせるケニーのトランペット。ジャッキー・マクリーンの活躍ぶりも見逃せない。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01EL MATADOR

02MELANIE – PT.1|MELANIE – PT.2|MELANIE – PT.3

03SMILE

04BEAUTIFUL LOVE

05PRELUDE

06THERE GOES MY HEART

【演奏】

ケニー・ドーハム(TP) ジャッキー・マクリーン(AS) ボビー・ティモンズ(P) テディ・スミス(B) J.C.モーゼス(DS)

【録音】

1962年4月

コンプリート・スリー・ブラインド・マイスVol.1&2/アート・ブレイキー&j.m -1960年代

常にジャズ・コンボの最高峰として、若手育成の巧みさとともにブレイキーのメッセンジャーズはジャズ・シーンを担ってきた。F・ハバード、C・フラー、そしてW・ショーターと62年前後のフロントは超強力で、ライヴならではの黄金期の迫力を伝えている。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

(Vol.1)

01スリー・ブラインド・マイス

02ブルー・ムーン

03ザット・オールド・フィーリング

04プレクシス

05アップ・ジャンプト・スプリング

06同 (別テイク)

07ホエン・ライツ・アー・ロー

(Vol.2)

01イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン

02モザイク

03ピンポン

04ザ・プロミスト・ランド

05アラビア

【演奏】

アート・ブレイキー(ds)フレディ・ハバード(tp)カーティス・フラー(tb)ウェイン・ショーター(ts)シダー・ウォルトン(p)ジミー・メリット(b)

【録音】

1961年,1962年3月

イントゥ・ザ・ホット/ギル・エバンス -1960年代

ジョン・キャリシ率いるアンサンブルによる楽曲と、セシル・テイラーやアーチー・シェップからなるコンボの演奏を交互に並べた不思議なアルバム。ギルならでは音楽性がアルバム全体から滲み出ているインパルス盤。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MOON TAJ

02POTS

03ANGKOR WAT

04BULBS

05BARRY’S TUNE

06MIXED

【演奏】

ギル・エヴァンス(COND) (1)(3)(5)ジョン・キャリシ(TP)クラーク・テリー,ジョー・ワイルダー(TP) ボブ・ブルックマイヤー,アービー・グリーン(TB) フィル・ウッズ,ジーン・クイル(AS) エディ・コスタ(P,VIB) ミルト・ヒントン(B) 他 (2)(4)(6)テッド・カーソン(TP) ラズウェル・ラッド(TB) ジミー・ライオンズ(AS) アーチー・シェップ(TS) セシル・テイラー(P) ヘンリー・グライムス(B) サニー・マレイ(DS)

【録音】

(1)(2)(4)~(6)1961年10月 (3)1961年9月

ザ・クインテッセンス/クインシー・ジョーンズ -1960年代

ポピュラー音楽史に残る最重要人物の一人が1961年にインパルスに残した唯一のアルバム。それまでのビッグバンド・ジャズをさらに進化させたような完成度の高さで、フィル・ウッズらのソロも非常に効果的に使われている。

(CDジャーナルより)

【収録曲】01QUINTESSENCE

02ROBOT PORTRAIT

03LITTLE KAREN

04STRAIGHT, NO CHASER

05FOR LENA AND LENNIE

06HARD SOCK DANCE

07INVITATION

08THE TWITCH

【演奏】

クインシー・ジョーンズ(指揮) フレディ・ハバード,サド・ジョーンズ,クラーク・テリー(TP) カーティス・フラー(TB) フィル・ウッズ(AS) フランク・ウェス,オリヴァー・ネルソン(TS) ボビー・スコット(P) ミルト・ヒントン(B) オシー・ジョンソン(DS)他

【録音】

(1)~(4)(6)(7)1961年12月 (5)(8)1961年11月

シカゴ&オール・ザット・ジャズ/エディ・コンドン -1960年代

当時は若手だったシカゴのジャズ・ミュージシャンたちのセッションを1枚のアルバムに記録した作品。61年録音。シカゴという土地の特性が見事に現れているのも面白い。世界初CD化。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01LOGAN SQUARE

02CHICAGO

03AFTER YOU’VE GONE

04CHINA BOY

05TAKE ME TO THE LAND OF JAZZ

06SUGAR

07ORIGINAL BOOGIE

08NOBODY’S SWEETHEART NOW

09ORIGINAL RAG

10WOLVERINE BLUES

11CHICAGO

【演奏】

エディ・コンドン(G)ジミー・マクパートランド(TP)ジャック・ティーガーデン(TB,VO)バド・フリーマン(TS)ピー・ウィー・ラッセル(CL)ジョー・サリヴァン(P)ボブ・ハガート(B)ジーン・クルーバ(DS)リル・アームストロング,ブロッサム・シーリー(VO)

【録音】

1961年10月

モザイク/アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ -1960年代

タイトル曲ほか各人のペンによる魅力的なオリジナルで構成された充実の一枚。フレディ・ハバード、カーティス・フラー、ウェイン・ショーターの強力な3管と、バンドをグイグイと引っ張るアート・ブレイキーのドラミングを堪能できる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MOSAIC

02DOWN UNDER

03CHILDREN OF THE NIGHT

04ARABIA

05CRISIS

【演奏】

アート・ブレイキー(DS) フレディ・ハバード(TP) カーティス・フラー(TB) ウェイン・ショーター(TS) シダー・ウォルトン(P) ジミー・メリット(B)

【録音】

1961年10月

ラー/マーク・マーフィー -コンガ

ヴォーカリーズの代表的シンガーが若き日に残した傑作アルバム。スタンダードを中心に「マイ・フェイヴァリット・シングス」などをカヴァー。(レコードショップ芽瑠璃堂より)

【収録曲】

01Angel Eyes


02 Green Dolphin Street


03 Stoppin’the Clock


04 Spring Can Really Hang You Up the Most


05 No Tears for Me


06 Out of This World


07Milestones


08My Favorite Things

09Doodlin’


10 Li’l Darlin’


11Twisted


12I’ll Be Seeing You

13My Favorite Things (alt.takes)

【演奏】

<パーソネル> マーク・マーフィー(vo) クラーク・テリー、ブルー・ミッチェル、ジョー・ワイルダー(tp) ジミー・クリーヴランド、アービー・グリーン、メルバ・リストン(tb) ウィント
ン・ケリー、ビル・エヴァンス(p) ジョージ・デュヴィヴィエ(b) ジミー・コブ(ds) レイ・バレット(cga) アーニー・ウィルキンス(arr) 他

【録音】

1961~1962年

渡辺貞夫 -1960年代

日本のジャズ・レジェンド、渡辺貞夫の記念すべきファースト作。バークリー音楽院に留学する直前の1961年に吹き込まれたもので、チャーリー・パーカーで知られるブルース他を若手らしからぬ腕前で披露。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01DEL SASSER

02ROMANADE

03NOW’S THE TIME

04JUST IN TIME

05GREASY

06M & M

07AMEN

08MY ELEGY

【演奏】

渡辺貞夫(AS,FL) 仲野彰(TP) 八城一夫(P) 原田政長(B) 長谷川昭弘,(2)(6)(7)猪俣猛(DS)

【録音】

1961年8月

ブッカー・リトル&フレンド -1960年代

23歳で夭逝してしまった伝説のトランぺッター、ブッカー・リトルの最後のアルバムであり、彼の4枚のアルバムの中でも特に人気の高い名盤。当時サイド面としての録音も多くその後の活躍が期待されていた早熟な天才ジャズメンによる名演。(TOWER RECORDSより)

1.ヴィクトリー・アンド・ソロウ

2.フォワード・フライト

3.ルッキング・アヘッド

4.イフ・アイ・シュッド・ルーズ・ユー

5.コーリング・ソフトリー

6.ブッカーズ・ブルース

7.マティルデ

8.ルッキング・アヘッド (テイク4) (ボーナストラック)

9.ルッキング・アヘッド (テイク7) (ボーナストラック)

【演奏】

ブッカー・リトル(TP) ジュリアン・プリースター(TB) ジョージ・コールマン(TS) ドン・フリードマン(P) レジー・ワークマン(B) ピート・ラロッカ(DS)

【録音】

1961年8,9月

アット・ニューポート’61/クインシー・ジョーンズ -1960年代

数々の名演を生んだニューポート・ジャズ祭の音源。1961年録音の本作は、当時のクインシーのハイライト的な楽曲を押さえつつ、フィル・ウッズらによるライヴならではの開放的かつ臨場感あふれる演奏を堪能できる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MEET B.B.

02THE BOY IN THE TREE

03EVENING IN PARIS

04AIR MAIL SPECIAL

05LESTER LEAPS IN

06G’WON TRAIN

07BANJA LUKA

【演奏】

クインシー・ジョーンズ・オーケストラ ジョー・ニューマン(TP) カーティス・フラー(TB) ジュリアス・ワトキンス(HR) フィル・ウッズ(AS) ジェローム・リチャードソン,エリック・ディクソン(FL,TS) パティ・ボウン(P) レス・スパン(FL,G) アート・デイヴィス(B) スチュ・マーティン(DS) 他

【録音】

1961年7月

エリック・ドルフィー・アット・ザ・ファイブ・スポットVol.2 -1960年代

エリック・ドルフィーを語る上で欠かすことのできないライヴの第2集。わずか2曲と侮るなかれ、メンバー各人の神がかり的な快演が堪能できる。ブッカー・リトルが自身のオリジナル曲で激しく燃える。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01AGGRESSION

02LIKE SOMEONE IN LOVE

【演奏】

エリック・ドルフィー(FL,BS-CL) ブッカー・リトル(TP) マル・ウォルドロン(P) リチャード・デイヴィス(B) エド・ブラックウェル(DS)

【録音】

1961年7月

エズセティックス/ジョージ・ラッセル -1960年代

エリック・ドルフィーの史上名高い「ラウンド・ミッドナイト」の名演を生んだ、鬼才ジョージ・ラッセルが創造した60年代ジャズ。個性派による各人のソロは綿密さだけでなく、実にスリリングで素晴らしい。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01EZZ-THETIC

02NARDIS

03LYDIOT

04THOUGHTS

05HONESTY

06’ROUND MIDNIGHT

【演奏】

ジョージ・ラッセル(P) ドン・エリス(TP) デイヴ・ベイカー(TB) エリック・ドルフィー(AS,(2)(4)BS-CL) スティーヴ・スワロウ(B) ジョー・ハント(DS)

【録音】

1961年5月

ニュー・アイディア/ドン・エリス -1960年代

ャズの歴史に名を刻むトランペッター、ドン・エリスの1961年リリースの名盤がお買い得価格でHALLMARKレーベルからリイシュー! モーダルな雰囲気は、さすが! と思わず唸ってしまいそうな、ジャズファンには当たり前の名盤かもしれませんが、入門者のかたにもおすすめします。(ディスクユニオンより)

【収録曲】

1.Natural H.

2.Despair To Hope

3.Uh- Huh

4.Four And Three

5.Imitation

6.Solo

7.Cock And Bull

8.Tragedy

【演奏】

ドン・エリス(tp)アル・フランシス(vib)ジャッキー・バイヤード(p)ロン・カーター(b)チャーリー・パーシップ(ds)

【録音】

1961年

ハブ・キャップ/フレディ・ハバード -1960年代

フレディ・ハバードのリーダー作第3弾アルバムは、フレディの完璧なテクニックが存分に駆使された自信作。3本管編成で全体のサウンドに厚味が加わり、その迫力に圧倒される。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01HUB CAP

02CRY ME NOT

03LUANA

04OSIE MAE

05PLEXUS

06EARMON JR.

【演奏】

フレディ・ハバード(TP) ジュリアン・プリースター(TB) ジミー・ヒース(TS) シダー・ウォルトン(P) ラリー・リドレー(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1961年4月

ブラック・ホークのマイルス・デイビスVol.1&2/マイルス・デイビス -1960年代

Vol.1

マイルス・デイヴィスのライヴ作の中でも一般的な意味で最も“ジャズらしい”アルバム。1961年の演奏で、スタンダード中心の聴きやすい内容。とはいえ、ウィントン・ケリーらメンバーのクオリティは相当高い。

Vol.2

帝王マイルスの入門者に最初に薦めるライヴ作としては最適の一枚。彼の代表曲である「ソー・ホワット」のほか、当時のレパートリーとして人気の高かった「イフ・アイ・ワー・ベル」も収録。お酒を片手に聴きたい。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

Vol.1

01WALKIN’

02BYE BYE BLACKBIRD

03ALL OF YOU

04NO BLUES

05BYE BYE (THE THEME)

06LOVE, I’VE FOUND YOU

Vol.2

01WELL YOU NEEDN’T

02FRAN-DANCE

03SO WHAT

04ON GREEN DOLPHIN STREET

05OLEO

06IF I WERE A BELL

07NEO

【演奏】

マイルス・デイビス(TP) ハンク・モブレイ(TS) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) ジミー・コブ(DS)

【録音】

1961年4月

プレンティ・オブ・ホーン/テッド・カーソン -1960年代

カーソンが残した名盤中の名盤。かつては非常に貴重な1枚だったが、いまでは容易に入手が可能となった。当時のフリーと伝統的なジャズの中間をいくような演奏からは、彼がユニークな才能の持ち主であったことが窺える。カーソンの代表的な1枚だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01キャラヴァン

02ノスラック・ワルツ

03ザ・シングス・ウィ・ディド・ラスト・サマー

04デムス・ブルース

05アーマ

06フラッテド・フィフス

07バリ・ハイ

08アンチーブ

09ミスター・テディ

【演奏】

テッド・カーソン(tp)ジミー・ギャリソン(b)ケニー・ドリュー(p)ビル・バロン(ts)ロイ・ヘインズ,(5)(8)ピート・ラロッカ(ds)エリック・ドルフィー(fl)

【録音】

1961年4月

サムデイ・マイ・プリンス・ウイル・カム/マイルス・デイビス -1960年代

マイルスの元を去っていたコルトレーンが特別にゲスト参加し、最後の共演作となった人気盤。“シーツ・オブ・サウンド”と言われるコルトレーンの怒涛のフレージングと、センスあるマイルスのバランスが魅力。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SOMEDAY MY PRINCE WILL COME

02OLD FOLKS

03PFRANCING

04DRAD DOG

05TEO

06I THOUGHT ABOUT YOU

07BLUES NO.2

08SOMEDAY MY PRINCE WILL COME

(7)(8)ボーナストラック

【演奏】

マイルス・デイビス(TP) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) (1)(5)ジョン・コルトレーン,(1)~(4)(7)(8)ハンク・モブレイ(TS) (1)~(6)(8)ジミー・コブ,(7)フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1961年3月

ブルースの真実/オリバー・ネルソン -1960年代

オリヴァー・ネルソン自身にとってもインパルスにとってもハイライトとなった1961年の傑作。ドルフィーにハバード、さらにはビル・エヴァンスにロイ・ヘインズと、信じられないメンツが顔をそろえ、ぶつかり合う。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01STOLEN MOMENTS

02HOE-DOWN

03CASCADES

04YEARNIN’

05BUTCH AND BUTCH

06TEENIE’S BLUES

【演奏】

オリヴァー・ネルソン(AS,TS) エリック・ドルフィー(AS,FL) フレディ・ハバード(TP) ジョージ・バーロウ(BRS) ビル・エヴァンス(P) ポール・チェンバース(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1961年2月

ライブ・イン・ジャパン~1961/アート・ブレイキー&J.M -1961年

今では考えられないほど日本中がモダン・ジャズに熱狂したというジャズ・メッセンジャーズの来日公演を収めた2枚組ライヴ。ショーター、モーガンのフロントをはじめ、千両役者の揃った全盛期のメッセンジャーズの演奏は、時代を超えて興奮を伝える。

62年の正月に行なわれた熱狂的な日本公演の初日、大手町サンケイホールでの演奏を収めた2枚組。リー・モーガン、ウェイン・ショーターといった錚々たるメンバーをひき連れ自身の代表的な作品をプレイ。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

[Disc 1]

01THE SUMMIT

02THE BREEZE AND I

03BLUES MARCH

04MOANIN’

05IT’S ONLY A PAPER MOON

[Disc 2]

01NELLY BLY

02DAT DERE

03ROUND ABOUT MIDNIGHT

04A NIGHT IN TUNISIA

【演奏】

アート・ブレイキー(DS) リー・モーガン(TP) ボビー・ティモンズ(P) ウェイン・ショーター(TS) ジミー・メリット(B)

【録音】

1961年1月

モーター・シティ・シーン/ドナルド・バード&ペッパー・アダムズ -1960年代

モーター・シティ=デトロイトの出身者を集めて作られた企画アルバム。優れた“デトロイター”たちによる協調性に富んだ、都会的に洗練された演奏で、聴くものをぐいぐいと引き込んでいく。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01STARDUST

02PHILSON

03TRIO

04LIBECCIO

05BITTY DITTY

【演奏】

ドナルド・バード(TP) ペッパー・アダムス(BR) ケニー・バレル(G) トミー・フラナガン(P) ポール・チェンバース(B) ルイ・ヘイズ(DS)

【録音】

1960年

ファー・クライ/エリック・ドルフィー -1960年

至上無二のパートナー、ブッカー・リトルが参加。敬愛するバードへのトリビュートということもあり、ファイヴ・スポットの炸裂さはないものの、親しみやすい雰囲気の名盤。

【収録曲】

01 MRS. PARKER OF K.C.

02 ODE DO CHARLIE PARKER

03 FAR CRY

04 MISS ANN

05 LEFT ALONE

06 TENDERLY

07 IT’S MAGIC

08 SEREN

【演奏】

エリック・ドルフィー(AS,B-CL,FL)(1)~(5)(7)(8)ブッカー・リトル(TP)(1)~(5)(7)(8)ジャッキー・バイアード(P)(1)~(5)(7)(8)ロン・カーター(B)(1)~(5)(7)(8)ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年12月

アンダーカレント/ケニー・ドリュー -1960年代

ビル・エヴァンスとジム・ホールのクールで知的な対話によって、奥の深い多彩な表現を示した屈指の名盤。創造性豊かなインタープレイは、名セッションと呼ぶにふさわしい。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01UNDERCURRENT

02FUNK-COSITY

03LION’S DEN

04THE POT’S ON

05GROOVIN’ THE BLUES

06BALLADE

【演奏】

ケニー・ドリュー(P) フレディ・ハバード(TP) ハンク・モブレー(TS) サム・ジョーンズ(B) ルイス・ヘイズ(DS)

【録音】

1960年12月

アウト・オブ・ザクール₊1/ギル・エバンス -1960年代

音の魔術師とも称された鬼才ギル・エヴァンスがインパルスに遺した代表作。エルヴィン・ジョーンズのステディなドラミングで幕を開けた後、ジャズのクールネスを体現したサウンドが貫かれる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01LA NEVADA

02WHERE FLAMINGOS FLY

03BILBAO SONG

04STRATUSPHUNK

05SUNKEN TREASURE

【演奏】

ギル・エヴァンス(P,指揮) ジョニー・コールズ,フィル・サンケル(TP) ジミー・ネッパー,ケグ・ジョンソン,トニー・スタッド(TB) ビル・バーバー(TUB) レイ・ベッケンスタイン,エド・ケイン,バッド・ジョンソン,ボブ・トリカーリコ(REEDS) レイ・クロフォード(G) ロン・カーター(B) エルヴィン・ジョーンズ,チャーリー・パーシップ(DS,PERC)

【録音】

(1)(3)1960年12月 (2)(4)(5)1960年11月

ハウ・タイム・パッシーズ/ドン・エリス -1960年代

創意に富む実験的なオーケストラ作品を遺したドン・エリスの、初期の小コンボによる作品。5曲しか入っていない事が信じられない程、響や速度や合奏形態が目まぐるしく変化する音楽は既に独自。実験的でありながら晦渋にならない中々の快作。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01…HOW TIME PASSES…

02SALLIE

03A SIMPLEX ONE

04WASTE

05IMPROVISATIONAL SUITE 1

【演奏】

ドン・エリス(tp)ジャッキー・バイアード(p,as)ロン・カーター(b)チャーリー・パーシップ(ds)

【録音】

1960年10月

ミンガス・プレゼンツ・ミンガス/チャールス・ミンガス -1960年代

巨人ミンガスを中心とするワーク・ショップのパワーは今でも熱っぽく語られているが、今回の2枚はとくに有名なアルバムだ。両方ともチャーリー・ミンガスの意図を正確にとらえているエリック・ドルフィー(as)やテッド・カーソン(tp)らが大活躍。黒人公民権運動のまっただ中にいた彼らの主張を、ジャズというコンセプトの中で、今聴きなおして見るのも、いい勉強になる。魂から叫んでいるプレーヤーたちを実感できる2枚のアルバムだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01FOLK FORMS, NO.1

02ORIGINAL FAUBUS FABLES

03WHAT LOVE

04ALL THE THINGS YOU COULD BE MY NOW IF SIGMUND FREUD’S WIFE WAS YOUR MOTHER

【演奏】

チャールス・ミンガス(b)エリック・ドルフィー(as,b-cl)テッド・カーソン(tp)ダニー・リッチモンド(ds)

【録音】

1960年10月

アート/アート・ファーマー -1960年代

玄人好みのジャズ・トランペッターが1979年にCTIに残したアルバム。本作でのアート・ファーマーはフリューゲルホーンに専念しており、ジョー・ヘンダーソンをフィーチャーしたライト・フュージョンといった趣き。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SO BEATS MY HEART FOR YOU

02GOODBYE, OLD GIRL

03WHO CARES

04OUT OF THE PAST

05YOUNGER THAN SPRINGTIME

06THE BEST THING FOR YOU IS ME

07I’M A FOOL TO WANT YOU

08THAT OLE DEVIL CALLED LOVE

【演奏】

アート・ファーマー(TP) トミー・フラナガン(P) トミー・ウィリアムス(B) アルバート・ヒース(DS)

【録音】

1960年9月

ベルリン・コンサート/エリック・ドルフィー -1960年代

名作『ファイブ・スポット』発表のほぼひと月後のライヴを収録。ドルフィーの圧巻のソロが堪能できる作品。実際には4年あまりの活動で共演作も含めると作品は少なくないが、本作は聴きやすい仕上がりだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01HOT HOUSE

02WHEN LIGHTS ARE LOW

03GEEWEE

04GOD BLESS THE CHILD

05HI – FLY

06THE MEETING

07I’LL REMEMBER APRIL

【演奏】

エリック・ドルフィー(FL,BS-CL,AS) ベニー・ベイリー(TP) ペプシ・アウア(P) ジョージ・ジョイナー(B) バスター・スミス(DS)

【録音】

1961年8月

フライト・トゥ・ジョーダン/デューク・ジョーダン -1960年代

愁いを含んだ独特のタッチを持つピアニスト、デューク・ジョーダンが残したブルーノート唯一のリーダー作。哀愁の漂う「フライト・トゥ・ジョーダン」や映画『危険な関係』のテーマ「シ・ジョヤ」など、自作のヒット曲を網羅したアルバムだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01FLIGHT TO JORDAN

02STARBRITE

03SQUAWKIN’

04DEACON JOE

05SPLIT QUICK

06SI – JOYA

07DIAMOND STUD

08I SHOULD CARE

(7)(8)ボーナストラック

【演奏】

デューク・ジョーダン(P) ディジー・リース(TP) スタンリー・タレンタイン(TS) レジー・ワークマン(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1960年8月

ウイ・インシスト/マックス・ローチ -コンガ

50年代から60年代にわたる全米各地のブラック・パワーはニグロという差別用語をマスコミから失くしてしまった。マックス・ローチは、演奏でもわかる通り、シャープな頭でブラック・パワーを積極的に支持した。黒人存在を堂々と主張した代表的な一枚だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TEARS FOR JOHANNESBURG

02DRIVA’ MAN

03TRIPTYCH;PRAYER-PROTEST-PEACE

04ALL AFRICA

05FREEDOM DAY

【演奏】

マックス・ローチ(ds)(2)(3)(5)アビー・リンカーン(vo)(1)(2)(4)(5)ブッカー・リトル(tp),ジュリアン・プリースター(tb),ウォルター・ベントン(ts),ジェイムス・シェンク(b)(1)(4)マイケル・オランテュンジ(cong),レイモンド・マンティロ,トーマス・デュヴァル(perc)(2)コールマン・ホーキンス(ts)

【録音】

(2)(5)1960年8月,(1)(3)(4)1960年9月

ブルース・ムーズ/ブルー・ミッチェル -1960年代

バップ・トランペッター、ブルー・ミッチェルの代表作。軽快にスウィングするウィントン・ケリーのピアノとともに、伸びやかでブルージィなフレージングが楽しめる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01I’LL CLOSE MY EYES

02AVARS

03SCRAPPLE FROM THE APPLE

04KINDA VAGUE

05SIR JOHN

06WHEN I FALL IN LOVE

07SWEET PUMPKIN

08I WISH I KNEW

【演奏】

ブルー・ミッチェル(TP) ウィントン・ケリー(P) サム・ジョーンズ(B) ロイ・ブルックス(DS)

【録音】

1960年8月

チュニジアの夜/アートブレイキー&jm -1960年代

日本にファンキー・ジャズ・ブームを巻き起こす前年、リー・モーガンとウェイン・ショーターをフロントに配したスーパー・クインテットで吹き込んだ決定盤。深さと広がりのあるプレイが堪能できる。1960年録音。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01A NIGHT IN TUNISIA

02SINCERELY DIANA

03SO TIRED

04YAMA

05KOZO’S WALTZ

【演奏】

アート・ブレイキー(DS) リー・モーガン(TP) ウェイン・ショーター(TS) ボビー・ティモンズ(P) ジミー・メリット(B)

【録音】

1960年8月

トゥルー・ブルー/ティナ・ブルックス -1960年代

他のプレーヤーにも冴えた曲を提供しているブルックスの唯一のオリジナル・アルバム。ブルージーなタイトル・ナンバー「トゥルー・ブルー」がお薦め。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01GOOD OLD SOUL

02UP TIGHT’S CREEK

03THEME FOR DORIS

04TRUE BLUE

05MISS HAZEL

06NOTHING EVER CHANGES MY LOVE FOR YOU

【演奏】

ティナ・ブルックス(TS)フレディ・ハバード(TP)デューク・ジョーダン(P)サム・ジョーンズ(B)アート・テイラー(DS)

【録音】

1960年6月

オープン・セサミ/フレディ・ハバード -1960年代

長きにわたりトップ・ジャズ・トランペッターとして活躍し続けたフレディの初のリーダー録音。後にも数々の名作を吹き込むブルーノートで、同い年のマッコイ・タイナーらと闊達なプレイを見せる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OPEN SESAME

02BUT BEAUTIFUL

03GYPSY BLUE

04ALL OR NOTHING AT ALL

05ONE MINT JULEP

06HUB’S NUB

【演奏】

フレディ・ハバード(TP) ティナ・ブルックス(TS) マッコイ・タイナー(P) サム・ジョーンズ(B) クリフォード・ジャーヴィス(DS)

【録音】

1960年6月

スクリーミン・ザ・ブルース/オリバー・ネルソン -1960年代

アレンジの才にスポットの当たることの多いオリヴァー・ネルソンが、ブルースに根ざしたソウルフルなプレイを見せる1960年録音のアルバム。なんと言っても共演するエリック・ドルフィーとの対比がハイライトだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SCREAMIN’ THE BLUES

02MARCH ON, MARCH ON

03THE DRIVE

04THE MEETIN’

05THREE SECONDS

06ALTO-ITIS

【演奏】

オリヴァー・ネルソン(AS,TS) リチャード・ウィリアムス(TP) エリック・ドルフィー(AS,BS-CL) リチャード・ワイアンズ(P) ジョージ・デュヴィヴィエ(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年5月

ブッカー・リトル -1960年代

1960年代初頭に彗星の如く登場し超短期間に名作を残した名門レーベル、タイム。ブッカー・リトル唯一のワン・ホーン作品で、ベースの革命児ラファロとの共演による天才同士の魂の交歓が味わえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OPENING STATEMENT

02MINOR SWEET

03BEE TEE’S MINOR PLEA

04LIFE’S LITTLE BLUE

05THE GRAND VALSE

06WHO CAN I TURN TO

【演奏】

ブッカー・リトル(TP) (1)(2)(5)(6)トミー・フラナガン,(3)(4)ウイントン・ケリー(P) スコット・ラファロ(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年4月

アウトワード・バウンド/エリック・ドルフィー -1960年代

特異な音楽性と新しい抒情的な世界の誕生を告げる、ドルフィーの鮮烈な初リーダー作。サウンド・クリエイターとしての第1歩を踏み出し、ジャズの新境地を拓いたドルフィーの傑作だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01G.W.

02GREEN DOLPHIN STREET

03LES

04245

05GLAD TO BE UNHAPPY

06MISS TONI

07G.W.

08245

09APRIL FOOL

(7)(8)(9)ボーナストラック

【演奏】

エリック・ドルフィー(AS,BS-CL,FL) フレディ・ハバード(TP) ジャッキー・バイアード(P) ジョージ・タッカー(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1960年4月

ソウル・ソサエティ/サム・ジョーンズ -チェロ

キャノンボール・アダレイ・クインテット在籍中の60年に収録された初リーダー盤。全8曲中4曲が彼のセロをフィーチャーした七重奏団による演奏で、豪快にスウィングするジャズ・セロが聴ける。アダレイ一派が全面的に協力したファンキー・ジャズの名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SOME KINDA MEAN

02ALL MEMBERS

03THE OLD COUNTRY

04JUST FRIENDS

05″HOME”

06DEEP BLUE CELLO

07THERE IS NO GREATER LOVE

08SO TIRED

【演奏】

サム・ジョーンズ((1)(4)(6)(7)VC,(2)(3)(5)(8)B) ジミー・ヒース(TS) チャールス・デイビス(BRS) ボビー・ティモンズ(P) ルイ・ヘイス(DS) (1)(4)(6)(7)ナット・アダレイ(COR) キーター・ベッツ(B) (2)(3)(5)(8)ブルー・ミッチェル(TP)

【録音】

1960年3月

ファンタスティック/フランク・ストロージャー -1960年代

ジャッキー・マクリーンに飽き足らなくなった、よりコアなハード・バップ・ファンにお勧めしたい1作が、追加曲入りのLPとして登場しました。フランク・ストロージャーはマイルス・デイヴィス、リー・モーガン、ウェイン・ショーターらと共演したメンフィス出身のアルト・サックス奏者。サイドメンにもブッカー・リトル(急逝する前年)やウィントン・ケリーら最高峰のメンバーが集まり、理屈抜きにグルーヴィーなサウンドを繰り広げています。( jazzyell.jpより)

【収録曲】

01W.K. BLUES 

02 A STARLING'S THEME 

03 I DON'T KNOW 

04 WALTZ OF THE DEMONS 

05 RUNNIN'

06 OFF SHORE 

07 JUST IN TIME(Bonus Track) 

08 RUN(Bonus Track)

【演奏】

フランク・ストロージャー(AS)ブッカー・リトル(TP)ウイントン・ケリー(P)ポール・チェンバーズ(B)ジミー・コブ(DS)

【録音】

1959年,1960年2月

ゲッティング・トゥゲザー/アート・ペッパー -1960年代

『ミーツ・ザ・リズム・セクション』から3年、フロントは2管だが、マイルス・グループのリズム・セクションを借りた続編的な一作。ペッパーのスウィンギーなソロが炸裂する(ユニバーサル ミュージック合同会社より)

【収録曲】

01ウィムス・オブ・チェンバース

02ビジュー・ザ・プードル

03ホワイ・アー・ウィ・アフレイド?

04朝日のようにさわやかに

05リズマニング

06ダイアン

07ゲッティン・トゥゲザー

【演奏】

アートペッパー(AS)(TS)コンテ・カンドリ(TP)ウイントン・ケリー(P)ポール・チェンバーズ(B)ジミー・コブ(DS)

【録音】

1960年2月

ミート・ザ・ジャズテット/アート・ファーマー&ベニー・ゴルソン -1960年代

ファーマーとゴルソンのほかにカーティス・フラーも加わった3管セクステットによる1960年のレコーディング。作曲に類まれな才能を発揮するベニー・ゴルソンの音楽性を見事に引き出した、優秀なコンボの演奏を存分に味わえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SERENATA

02IT AIN’T NECESSARILY SO

03AVALON

04I REMEMBER CLIFFORD

05BLUES MARCH

06IT’S ALL RIGHT WITH ME

07PARK AVENUE PETITE

08MOX NIX

09EASY LIVING

10KILLER JOE

【演奏】

アート・ファーマー(TP) ベニー・ゴルソン(TS) カーティス・フラー(TB) マッコイ・タイナー(P) アディソン・ファーマー(B) レックス・ハンフリーズ(DS)

【録音】

1960年2月

メイク・エブリバディ・ハッピー/MJT₊3 -1960年代

MJT(モダン・ジャズ・トゥ)+3、つまりドラムスのウォルター・パーキンスとベースのボブ・クランショウのMJTに、2ホーンとピアノによる「3」という編成のグループだった。60年録音のMJT+3の3作目が『メイク・エヴリバディ……』で、同年5月の4作目が『MJT+3+[1]』というわけ。ハード・バップ・グループの典型ともいえる演奏で、シカゴのブルース・バンドに共通するファンキーさがありながらもモダニズムを発散するピアノ・プレイなど、未だに色あせぬ魅力を持っている。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MAKE EVERYBODY HAPPY

02THE TROLLEY SONG

03SWEET SILVER

04DON7T GET ARAOUND MUCHE ANYMORE

05MY BUDDY

06RICHIE’S DILEMMA

07LOVE LETTERS

08MAKE EVERYBODY HAPPY

09DON’T GET AROUND MUCH ANYMORE

10LOVE LETTERS

11BAMSEY

【演奏】

フランク・ストロジャー(AS)ハロルド・メイバーン(P)ボブ・クランショウ(B)ウイリー・トーマス(TP)ウォルター・パーキンス(DS)

【録音】

1960年2月

ヒアズ・リー・モーガン/リー・モーガン -1960年代

ヴィー・ジェイに録音されたハードバップの名作。モーガン22歳の誕生日の前。18歳のデビュー作で天才と騒がれたモーガンは、すでにビッグ・ネームと肩を並べる実績を残していた。C.ジョーダンのテナー、バックに回ったブレイキーらにも耳を傾けよう。ガイドコメントジャケットもクールなリー・モーガンの代表作。ウィントン・ケリーやアート・ブレイキーなどの豪華なサポートの中で、そのテクニックが冴えわたる。「アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー」が聴きもの。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01TERRIBLE “T”

02MOGIE

03I’M A FOOL TO WANT YOU

04RUNNING BROOK

05OFF SPRING

06BESS

07TERRIBLE “T”

08MOGIE

09I’M A FOOL TO WANT YOU

10RUNNING BROOK11BESS

【演奏】

リー・モーガン(TP) クリフォード・ジョーダン(TS) ウイントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) アート・ブレイキー(DS)

【録音】

1960年2月

ジャズ・コンテンポラリー/ケニー・ドーハム -1960年代

1960年代初頭に彗星の如く登場し超短期間に名作を残した名門レーベル、タイム。ケニー・ドーハムはじめ、俊英たちの瑞々しい息吹が残された隠れ名盤。だからハード・バップ期は面白い!(CDジャーナルより)

【収録曲】

01A WALTZ

02MONK’S MOOD

03IN YOUR OWN SWEET WAY

04HORN SALUTE

05TONICA

06THIS LOVE OF MINE

07SIGN OFF

08A WALTZ

09MONK’S MOOD

10THIS LOVE OF MINE

【演奏】

ケニー・ドーハム(TP) チャールズ・デイビス(BRS) スティーヴ・キューン(P) (1)~(3)(8)(9)ジミー・ギャリソン,(4)~(7)(10)ブッチ・ウォーレン(B) バディ・エンロウ(DS)

【録音】

1960年2月

リターンズ/レッド・ロドニー -1950年代

パーカーのクインテットでマイルス、あるいはドーハムとトランペッターの座を二分したビバップの名手のひとり、ロドニーが麻薬のリハビリで立ち直った59年のシカゴ録音盤。その後、彼は大学で法律の教鞭をとったりシーンに戻ったり、ユニークな存在だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 SHAW NUFF

02 RED HOT AND BLUE

03 I REMEMBER YOU

04 5709

05 WHIRLWIND

06 JORDU

07 SHELLEY

08 TWO BY TWO

【演奏】

レッド・ロドニー(tp)ビリー・ルート(ts)ダニー・ケント(p)ジェイ・ケイヴ(b)フランク・ヤング(ds)

【録音】

1959年

ザ・グレート・ワイド・ワールド・オブ・クインシー・ジョーンズ -1950年代

あまり注目されることのない1950年代のクインシー作品。実際のところ、本エマーシー盤においても彼のオリジナル曲が一曲もないのはちょっとした驚きだが、それでもフィル・ウッズらによるバピッシュなソロは聴く価値あり。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 LESTER LEAPS IN

02 GHANA

03 CARAVAN

04 EVERYBODY’S BLUES

05 CHEROKEE

06 AIR MAIL SPECIAL

07 THEY SAY IT’S WONDERFUL

08 CHANT OF THE WEED

09 I NEVER HAS SEEN SNOW

10 EESOM

【演奏】

クインシー・ジョーンズ・アンド・ヒズ・オーケストラ:クインシー・ジョーンズ(指揮) アーニー・ロイヤル,アート・ファーマー,リー・モーガン(TP) ジミー・クリーヴランド,アービー・グリーン(TB) ジュリアス・ワトキンス(HR) フィル・ウッズ(AS) ジェローム・リチャードソン(FL,TS) サヒブ・シハブ(BRS) パティ・ボウン(P) レス・スパン(FL,G) 他

【録音】

1959年11月

スケッチ・オブ・スペイン/マイルス・デイビス -フリューゲルホーン

『クールの誕生』と並ぶギル・エヴァンスとの合作の名盤。ギルの編曲とマイルスのソロが見事に融和し、それまでになかったジャズを打ち出した。原曲であるクラシックの旋律とモード・ジャズが絶妙に絡む。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 CONCIERTO DE ARANJUEZ

02 WILL O’ THE WISP

03 THE PAN PIPER

04 SAETA

05 SOLEA

【演奏】

マイルス・デイビス(FLH,TP) ギル・エヴァンス&オーケストラ

【録音】

1959年11月

スター・ブライト/ディジー・リース -1950年代

ジャマイカ産のトランペッター、ディジー・リースの代表作。ヨーロッパで研鑽を積み、満を持してブルーノートに吹き込んだ2枚目で、どことなくエキゾティックな雰囲気はカリブの風が成せる業か。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 THE RAKE

02 I’LL CLOSE MY EYES

03 GROOVESVILLE

04 THE REBOUND

05 I WISHED ON THE MOON

06 A VARIATION ON MONK

【演奏】

ディジー・リース(TP) ハンク・モブレー(TS) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1959年11月

静かなるケニー/ケニー・ドーハム -1950年代

詩情豊かな演奏でファンの心をつかむケニー・ドーハムの傑作。クールでエレガントな香りを漂わせ心に残る「蓮の花」などおなじみの名曲を聴くことができる。トミフラの演奏も輝いてる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 LOTUS BLOSSOM

02 MY IDEAL

03 BLUE FRIDAY

04 ALONE TOGETHER

05 BLUE SPRING SHUFFLE

06 I HAD THE CRAZIEST DREAM

07 OLD FOLKS

08 MACK THE KNIFE

【演奏】

ケニー・ドーハム(TP) トミー・フラナガン(P) ポール・チェンバース(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1959年11月

イントロデューシング/ウェイン・ショーター -1950年代

ウェイン・ショーターの初のレコーディング作品。マイルス・クインテットら豪華なゲストを迎え、1曲を除きオリジナルで固めた意欲作。独特なフレージングとトーンはこの頃からすでに開花している。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 BLUES A LA CARTE

02 HARRY’S LAST STAND

03 DOWN IN THE DEPTHS

04 PUG NOSE

05 BLACK DIAMOND

06 MACK THE KNIFE

【演奏】

ウェイン・ショーター(TS) リー・モーガン(TP) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) ジミー・コブ(DS)

【録音】

1959年11月

フュエゴ/ドナルド・バード -1950年代

全編がドナルド・バード自身のオリジナルで構成されたアルバム。ゴスペル色の濃いナンバーから、60年代ジャズ喫茶が大合唱に包まれたというほどの人気ぶりが伺える。サイド・メンバーの活躍にも注目。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 FUEGO

02 BUP A LOUP

03 FUNKY MAMA

04 LOW LIFE

05 LAMENT

06 AMEN

【演奏】

ドナルド・バード(TP) ジャッキー・マクリーン(AS) デューク・ピアソン(P) ダグ・ワトキンス(B) レックス・ハンフリーズ(DS)

【録音】

1959年10月

ブローイン・ザ・ブルース・アウェイ/ホレス・シルバー -1950年代

1959年録音の大人気アルバム。ビッグバンドなどでも頻繁に取り上げられるファンキー・ナンバー「シスター・セイディ」から意外なまでにメランコリックな旋律の「ピース」まで、味わいどころの多い1枚。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 BLOWIN’ THE BLUES AWAY

02 THE ST. VITUS DANCE

03 BREAK CITY

04 PEACE

05 SISTER SADIE

06 THE BAGHDAD BLUES

07 MELANCHOLY MOOD

【演奏】

ホレス・シルヴァー(p)ブルー・ミッチェル(tp)ジュニア・クック(ts)ジーン・テイラー(b)ルイス・ヘイズ(ds)

【録音】

1959年8月

ケリー・グレイト/ウィントン・ケリー -1950年代

ウィントン・ケリーのファンには欠かせないヴィージェイ・レーベルからリリースされた一作。リー・モーガンとショーターの2管フロントも魅力だが、彼らを引き立てるスウィンギーなピアノこそケリーの真骨頂といったところ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 WRINKLES

02 MAMA “G”

03 JUNE NIGHT

04 WHAT KNOW

05 SYDNEY

【演奏】

ウィントン・ケリー(P) リー・モーガン(TP) ウェイン・ショーター(TS) ポール・チェンバース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)

【録音】

1959年8月

ザ・リトル・ジャイアント/ジョニー・グリフィン -1950年代

パワフルなテナー・サックスとして名を馳せたジョニー・グリフィンの1959年作品。ブルー・ミッチェルとジュリアン・プリースターを加えた3管編成で、グリフィンのブロウに触発されるメンバーの様子がうかがえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 OLIVE REFRACTIONS

02 THE MESSAGE

03 LONELY ONE

04 63RD STREET THEME

05 PLAYMATES

06 VENUS AND THE MOON

【演奏】

ジョニー・グリフィン(TS) ブルー・ミッチェル(TP) ジュリアン・プリースター(TB) ウィントン・ケリー(P) サム・ジョーンズ(B) アルバート・ヒース(DS)

【録音】

1959年8月

ザ・リトル・ジャイアント/ジョニー・グリフィン -1950年代

パワフルなテナー・サックスとして名を馳せたジョニー・グリフィンの1959年作品。ブルー・ミッチェルとジュリアン・プリースターを加えた3管編成で、グリフィンのブロウに触発されるメンバーの様子がうかがえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01OLIVE REFRACTIONS

02THE MESSAGE

03LONELY ONE

0463RD STREET THEME

05PLAYMATES

06VENUS AND THE MOON

【演奏】

ジョニー・グリフィン(TS) ブルー・ミッチェル(TP) ジュリアン・プリースター(TB) ウィントン・ケリー(P) サム・ジョーンズ(B) アルバート・ヒース(DS)

【録音】

1959年8月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »