20世紀ジャズ名盤の全て

アウト・オブ・ジ・アフターヌーン/ロイ・ヘインズ -1960年代

コルトレーンからメセニーまでさまざまなアーティストと共演した唯一無二のドラマー、ロイ・ヘインズ。等しく強烈な個性を放つローランド・カークを迎えた今作は、彼の長いキャリアの中においても間違いなく代表作に値する。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MOON RAY

02FLY ME TO THE MOON

03RAOUL

04SNAP CRACKLE

05IF I SHOULD LOSE YOU

06LONG WHARF

07SOME OTHER SPRING

【演奏】

ロイ・ヘインズ(DS) ローランド・カーク(TS,MANZELLO.STRITCH,FL) トミー・フラナガン(P) ヘンリー・グライムス(B)

【録音】

1962年5月

ドミノ/ローランド・カーク -1960年代

ジャズ界の鬼才、ローランド・カークがキャリアの初期にマーキュリーに残した人気作品。サイドメンはアンドリュー・ヒルのトリオとウィントン・ケリーのトリオが半々。さまざまな音色を操るカークの真髄が楽しめる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01DOMINO

02MEETING ON TERMINI’S CORNER

03TIME

04LAMENT

05A STRICH IN TIME

063-IN-1 WITHOUT THE OIL

07GET OUT OF TOWN

08ROLAND

09I BELIEVE IN YOU

10E.D.

11WHERE MONK AND MINGUS LIVE – LET’S CALL THIS

12DOMINO

13I DIDN’T KNOW WHAT TIME IT WAS

14SOMEONE TO WATCH OVER ME

(11)(12)(13)(14)ボーナストラック

【演奏】

ローランド・カーク(TS,STRICH,MANZELLO,SIREN) ヴァーノン・マーティン(B) (1)~(6)アンドリュー・ヒル(P,CELESTE) ヘンリー・ダンカン(DS) (7)~(14)ウィントン・ケリー(P) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

(1)~(6)1962年9月 (7)~(14)1962年4月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »