20世紀ジャズ名盤の全て

ファイナル・アート~アート・ペッパー・ラスト・コンサート1982、アート・ペッパーふ -ブログ

突然の死が訪れる2週間前にペッパーが残したライヴ盤。フリー・ジャズにも接近するほどこの日の彼は燃えに燃えた演奏を聴かせてくれる。その好調振りが余りに見事ゆえ、彼の死は悔やんでも悔やみきれないものとなった。今月推薦の突出した作品だ。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:アート・ペッパー(as,cl)ロジャー・ケラウェイ(p)デヴィッド・ウィリアムス(b)カール・バーネット(ds)

 

01ランドスケープ
02オフェリア
03マンボ・コヤマ
04虹の彼方に
05ホエン・ユー・アー・スマイリング

コンプリート”ゴーイン-・ホーム”セッション、アート・ペッパー&ジョージ・ケイブルス -楽器

晩年のアート・ペッパーがよく共演していたジョージ・ケイブルスとのデュオ。波乱万丈のサックス人生を物語る美しい旋律が満載で、特にドヴォルザークのメロディーを取り上げたタイトル曲はファンならずとも必聴だ。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:アート・ペッパー(AS,CL) ジョージ・ケイブルス(P)

 

01GOIN’ HOME
02SAMBA MOM MOM
03IN A MELLOTONE
04DON’T LET THE SUN CATCH YOU CRYIN’
05ISN’T SHE LOVELY
06BILLIE’S BOUNCE
07LOVER MAN (OH, WHERE CAN YOU BE)
08THE SWEETEST SOUNDS
09DON’T LET THE SUN CATCH YOU CRYIN’
10YOU GO TO MY HEAD

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ