20世紀ジャズ名盤の全て

メイク・エブリバディ・ハッピー/MJT₊3 -1960年代

MJT(モダン・ジャズ・トゥ)+3、つまりドラムスのウォルター・パーキンスとベースのボブ・クランショウのMJTに、2ホーンとピアノによる「3」という編成のグループだった。60年録音のMJT+3の3作目が『メイク・エヴリバディ……』で、同年5月の4作目が『MJT+3+[1]』というわけ。ハード・バップ・グループの典型ともいえる演奏で、シカゴのブルース・バンドに共通するファンキーさがありながらもモダニズムを発散するピアノ・プレイなど、未だに色あせぬ魅力を持っている。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MAKE EVERYBODY HAPPY

02THE TROLLEY SONG

03SWEET SILVER

04DON7T GET ARAOUND MUCHE ANYMORE

05MY BUDDY

06RICHIE’S DILEMMA

07LOVE LETTERS

08MAKE EVERYBODY HAPPY

09DON’T GET AROUND MUCH ANYMORE

10LOVE LETTERS

11BAMSEY

【演奏】

フランク・ストロジャー(AS)ハロルド・メイバーン(P)ボブ・クランショウ(B)ウイリー・トーマス(TP)ウォルター・パーキンス(DS)

【録音】

1960年2月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »