20世紀ジャズ名盤の全て

プレイズ・マイルス・アンド・ギル/高橋達也と東京ユニオン -1988年

マイルスとギル・エバンスが共演した名曲の数々をデビッド・マシューズのアレンジで東京ユニオンが演奏するという企画物。チューバやホルンなどギルのアレンジにも迫るマシューズのペンがさえ、演奏も秀逸だ。

 

アーティスト:高橋達也(ts,fl)と東京ユニオン

 

収録曲:

01イレブン
02ザ・ミーニング・オブ・ザ・ブルース
03パブリシティ
04アランフェス協奏曲
05マイルス・アヘッド
06ベスよお前は俺のもの
07ゴーン
08ゴーン・ゴーン・ゴーン
09サマータイム

キーピング・カウント -1986年

デビッド・マシューズのアレンジを得て、カウント・ベイシーの名演に迫った傑作。東京ユニオンらしいモダンな感覚を保ちつつも、ベイシー風のスイング感も取り込んでいくあたりはマシューズの手腕だろう。

 

アーティスト:高橋達也と東京ユニオン デビッド・マシューズ(arr)

収録曲:
01ベイシー
02トプシー
03バイ・バイ・ラブ
04ブルース・バック・ステージ
05プリティ・ガール
06キーピング・カウント
07ワーリー・バード
08コーナー・ポケット
09バラード・フォー88

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ