20世紀ジャズ名盤の全て

プレジデント・プレイズ・ウイズ・オスカー・ピーターソン+4/レスター・ヤング -ヴォーカル

“プレジデント”との異名を取る彼の52年のアルバム。オスカー・ピーターソン・トリオとの相性は本作でも抜群で、ご機嫌なソロが見事にスウィングする。スタンダードを多く収録しているので入門者にも聴きやすい。

【収録曲】

01 AD LIB BLUES
02 I CAN’T GET STARTED
03 JUST YOU, JUST ME
04 ALMOST LIKE BEING IN LOVE
05 TEA FOR TWO
06 THERE WILL NEVER BE ANOTHER YOU
07 (BACK HOME AGAIN IN) INDIANA
08 ON THE SUNNY SIDE OF THE STREET
09 STAR DUST
10 I’M CONFESSIN’
11 I CAN’T GIVE YOU ANYTHING BUT LOVE
12 THESE FOOLISH THINGS
13 (IT TAKES) TWO TO TANGO; REHEARSAL|FALSE START & CHATTER|MASTER TAKE
(10)(11)(12)(13)ボーナストラック

【演奏】

レスター・ヤング(TS,(13)VO) (1)(3)~(13)オスカー・ピーターソン(P) バーニー・ケッセル(G) レイ・ブラウン(B) J.C.ハード(DS)

【録音】

1952年11月

ブルー・レスター/レスター・ヤング -1940年代

44年の初リーダー・セッションと49年のJ.ガブリエル楽団での演奏を収録したアルバム。真の絶頂期に録音されたスウィングの真髄といえるセッションはまさしく名人芸といえるものだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 GHOST OF A CHANCE
02 CRAZY OVER JAZZ
03 DING DONG
04 BACK HOME IN INDIANA
05 THESE FOOLISH THINGS
06 EXERCISE IN SWING
07 BLUES ‘N’BELLS
08 SALUTE TO FATS
09 JUNE BUG
10 BLUE LESTER
11 JUMP, LESTER, JUMP
12 BASIE ENGLISH
13 CIRCUS IN RHYTHM
14 POOR LITTLE PLAYTHING
15 TUSH

【演奏者】
レスター・ヤング(TS) ビリー・バターフィールド(TP) ロイ・ヘインズ(DS) カウント・ベイシー,ジョニー・ガルニエリ(P) ビリー・テイラー,リロイ・ジャクソン(B) フレディ・グリーン(G) ジェリー・エリオット(TB) ハンク・ダミコ(CL)他

【録音】
1944年,1949年

コンプリート・レスター・ヤング・オン・キー・ノート -1940年代

コールマン・ホーキンズと対照的なソフトで繊細なテナーで人気を博したモダン・テナーの開祖、レスター・ヤングの名演集。初リーダー・セッション時の音源や、80年代の発掘音源なども収録。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 JUST YOU, JUST ME
02 JUST YOU, JUST ME
03 I NEVER KNEW
04 I NEVER KNEW
05 AFTERNOON OF A BASIE-ITE
06 AFTERNOON OF A BASIE-ITE
07 SOMETIMES I’M HAPPY
08 SOMETIMES I’M HAPPY
09 AFTER THEATRE JUMP
10 AFTER THEATRE JUMP
11 SIX CATS AND A PRINCE
12 SIX CATS AND A PRINCE
13 SIX CATS AND A PRINCE
14 LESTER LEAPS AGAIN
15 DESTINATION K.C.
16 DESTINATION K.C.

【演奏者】
(1)~(8)レスター・ヤング・カルテット/レスター・ヤング(TS) ジョニー・ガルニエリ(P) スラム・スチュワート(B) シド・カトレット(DS) (9)~(16)カンサス・シティ・セヴン バック・クレイトン(TP) 他

【録音】
(1)~(8)1943.12 (9)~(16)1944.3

ザ・”カンザス・シティ”セッションズ/レスター・ヤング -1930年代

モダン・テナーの始祖、レスター・ヤングが生涯で残した代表的な吹込みを網羅した、1938年、1944年録音盤。絶頂期にあった時代の名演を集大成した全ジャズ・ファン必聴の傑作! (C)RS

【収録曲】
01. Way Down Yonder In New Orleans #2
02. Way Down Yonder In New Orleans
03. Countless Blues
04. Countless Blues #2
05. Them There Eyes #2
06. Them There Eyes
07. I Want A Little Girl
08. I Want A Little Girl #2
09. Pagin’ The Devil
10. Pagin’ The Devil #2
11. Three Little Words #2
12. Three Little Words
13. Jo Jo
14. I Got Rhythm #3
15. I Got Rhythm #2
16. I Got Rhythm
17. Four O’Clock Drag
18. Four O’Clock Drag #3
19. Laughing At Life
20. Good Mornin’ Blues
21. I Know That You Know
22. Love Me Or Leave Me

【演奏者】
Lester Young(cl・ts),Buck Clayton(1-10,19-22)Bill Coleman(11-18)(tp),Eddie Durham(1-10,19-22)Dicky Wells(11-18)(tb),Freddie Green(1-10,19-22)(gt),Joe Bushkin(11-18)(p), Walter Page(1-10,19-22)John Simmons(11-18)(bass),Jo Jones(dr)

【録音】
(19-22)1938年3月,(1-10)1938年9月,(11-18)1944年3月

レスター・リープス・イン/レスター・ヤング -1930年代

同時発売の「レッツ・ゴー・トゥ・ザ・プレス」と並んで、レスター・ヤング在団時のベイシー楽団による快演集。30年代後半から40年という黄金時代の記録だけにレスターの魅力を知る上でも必聴の一枚といえるだろう。(1)(3)(9)ではレスターのソロはない。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 ROCK-A-BYE BASIE
02 TAXI WAR DANCE
03 JUMP FOR ME
04 12TH STREET RAG
05 CLAP HANDS, HERE COMES CHARLIE
06 DICKIE’S DREAM
07 LESTER LEAPS IN
08 SONG OF THE ISLANDS (NA LEI O HAWAII)
09 MOTEN SWING
10 SHOE SHINE BOY
11 LADY, BE GOOD
12 BOOGIE WOOGIE

【演奏者】
レスター・ヤング(TS) カウント・ベイシー(P)アンド・ヒズ・オーケストラ

【録音】
(10)-(12)1936年,(1)-(8)(10)1939年,(9)1940年

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »