20世紀ジャズ名盤の全て

デュオローグ/リー・ワイリー~エリス・ラーキンス -ヴォーカル

ワイリーがロジャース&ハートの作品を歌った10インチ作にラーキンスのソロ・ピアノ4曲を加えた1954年作品。一語一語に感情を込める5曲目、哀感漂うハスキーな声と軽やかな歌唱の組み合わせが味わい深い6曲目、しっとりとした表情の中に達観の垣間見える10曲目などが魅力的。【CDジャーナルより】

【収録曲】

01 MY HEART STOOD STILL
02 LOOKING AT YOU
03 YOU TOOK ADVANTAGE OF ME
04 BY MYSELF
05 MY ROMANCE
06 GIVE IT BACK TO THE INDIANS
07 MOUNTAIN GREENERY
08 IT NEVER ENTERED MY MIND
09 PERFUME AND RAIN
10 MY FUNNY VALENTINE
11 THEN I’LL BE TIRED OF YOU
12 GLAD TO BE UNHAPPY

【演奏】
(1)(3)(5)~(8)(10)(12)リー・ワイリー(VO) ルビー・ブラフ(TP) ジミー・ジョーンズ(P) ビル・ペンバートン(B) ジョー・ジョーンズ(DS) (2)(4)(9)(11)エリス・ラーキンス(P)

【録音】
1954

ナイト・イン・マンハッタン/リー・ワイリー -ヴォーカル

戦前のジャズを代表する白人ヴォーカリストの代表作。ビッグ・バンドやストリングスを従えての豪華な楽曲とピアノ・デュオでのしっとりとした楽曲が収録されている。ハスキーな彼女の声とマンハッタンのイメージが重なる。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 MANHATTAN
02 I’VE GOT A CRUSH ON YOU
03 A GHOST OF A CHANCE
04 OH! LOOK AT ME NOW
05 HOW DEEP IS THE OCEAN
06 TIME ON MY HANDS
07 STREET OF DREAMS
08 A WOMAN’S INTUITION
09 SUGAR
10 ANY TIME, ANY DAY, ANYWHERE
11 SOFT LIGHTS AND SWEET MUSIC
12 MORE THAN YOU KNOW

【演奏】

リー・ワイリー(VO) (1)~(4)(7)~(10)ボビー・ハケット(TP) ジョー・ブシュキン,(5)(6)(11)(12)スタン・フリーマン,サイ・ウォルター(P) 他

【録音】

(1)~(4)(7)~(10)1950年12月 (5)(6)(11)(12)1951年11,12月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »