20世紀ジャズ名盤の全て

キャンディ₊1/リー・モーガン -1950年代

意外と少ないリー・モーガンのワン・ホーン作。メッセンジャーズ時代やジャズ・ロックでの派手やかなプレイとは異なり、肩の力を抜いた軽やかなソロを披露。1曲を除いてすべてスタンダードというのも特徴的だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01CANDY

02SINCE I FELL FOR YOU

03C.T.A.

04ALL THE WAY

05WHO DO YOU LOVE I HOPE

06PERSONALITY

07ALL AT ONCE YOU LOVE HER

(7)ボーナストラック

【演奏】

リー・モーガン(TP) ソニー・クラーク(P) ダグ・ワトキンス(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

(1)(3)~(5)1958年2月 (2)(6)(7)1957年11月

リー・モーガンVol.2 -楽器

初リーダー作『リー・モーガン・インディード』の1ヵ月後に録音されたモーガンのブルーノート第2弾。ベニー・ゴルソン作の不朽の名曲「ウィスパー・ノット」を収録。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01WHISPER NOT
02LATIN HANGOVER
03HIS SISTER
04SLIGHTLY HEP
05WHERE AM I
06D’S FINK
【演奏】
リー・モーガン(TP) ハンク・モブレー(TS) ケニー・ロジャース(AS) ホレス・シルヴァー(P) ポール・チェンバース(B) チャーリー・パーシップ(DS)
【録音】
1956年12月

リー・モーガン・インディード -1950年代

18歳にして天才といわれたリー・モーガン初のリーダー・アルバム。ホレス・シルヴァー、ウェルバー・ウェアらの強力なサポートを得て、堂々としたプレイを披露している。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01ROCUS
02REGGIE OF CHESTER
03THE LADY
04LITTLE T
05GAZA STRIP
06STAND BY
【演奏】
リー・モーガン(TP) クラレンス・シャープ(AS) ホレス・シルヴァー(P) ウィルバー・ウェア(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS)
【録音】
1956年11月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »