20世紀ジャズ名盤の全て

ニューヨーク・マイ・ハート、メル・トーメ&フレンズ -1980年代

 

男性ジャズ・ボーカルの第1人者だけのことはある。いわゆるその真髄といった声を聴かせる。50年代から活躍しているから、大ベテランなのだが、声の魅力は増しても衰えることがない。いくつかあるメル・トーメのライブ盤の中でも最重要盤である。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:メルトーメ、ジャニスイアン、サイ・コールマン(vo)ジェリー・マリガン(bs)ジョナサン・シュワルツ、マイク・レンシー(p)ルーファス・リード、ジェイ・レオンハート(b)ドニー・オズボーン(ds)

 

[Disc 1]
01陽気に街へ
02ニューヨーク・ステイト・オブ・マインド
03青春の想い出
04ピック・ユアセルフ・アップ
05忘れえぬ仕草
06マウンテン・グリーナリィ (山は緑に)
07コテージ・フォー・セール
08ミス・ジョーンズへの手紙
09リアル・シング
10メドレー〔ライン・フォー・ライオンズ~ミロのヴィーナス~ウォーキング・シューズ〕
[Disc 2]
01メドレー〔ウォッチ・ホワット・ハプンズ~フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン~あなたと夜と音楽~シェイキング・ザ・ブルース・アウェイ〕
02イズント・イット・ロマンティック
03ポギーとベス・メドレー
04丘に住む人
05チェイス・ミー・チャーリー
06ザ・ベスト・イズ・イエット・トゥ・カム
07イズント・イット・ア・ピティ
08ウェイヴ
09プランを変えて
10ラヴ・フォー・セール

 

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ