20世紀ジャズ名盤の全て

ライブアットブルーノート東京 ミシェル ペトルチアーニ -ピアノ

1981年に頭角を現して99年に早世するまで、ミシェル・ペトルチアーニ(以下、ペト)は旺盛な演奏活動を続け短い生を謳歌して駆け抜けた。身長は1メートル足らず、4歳児並みのハンディをものともしない力強いタッチとドライヴ感には多くの人が仰天したにちがいない。ロイ・エルドリッジ(トランペット)やジョニー・グリフィン(テナー)と並び称すべき「小さな巨人」だった。個人的には、ヨーロッパ出身のピアニストはテテ・モントリュー、エンリコ・ピエラヌンツィ、それにペトの3人でいいかなと思っている。

初来日は1983年、ペトの演奏に触発されて再起したチャールズ・ロイド(テナー、フルート)率いるトリオの一員だった。1984年には「ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル・イン斑

尾」で、86年と88年には「マウント・フジ・ジャズ・フェスティヴァル」で、90年代も確認できただけで3度は来日している。推薦盤はその最後となる1997年に「ブルーノート東京」で収録された。サイドメンはアンソニー・ジャクソン(エレベ)とスティーヴ・ガッド(ドラムス)だ。最初はフュージョン畑との顔合わせを訝しく思ったものだが、どうして、ペトの代表作にあげる

 

べき屈指の名ライヴになった。収録曲はマイルスの《ソー・ホワット》を除いて彼自身のオリジナルで占められている。

【収録曲】
1. Training 2. September Second 3. Home 4. Little Peace in C for U 5. Love Letter 6. Cantabile 7. Colors 8. So What

【演奏者】
Michel Petrucciani (p), Anthony Jackson (el-b), Steve Gadd (ds).

【録音】
Recorded at Blue Note Tokyo, on November 10-15, 1997.

【リリース情報】
1999 CD Trio in Tokyo/Michel Petrucciani-Steve Gadd-Anthony Jackson (Fr-Dreyfus)
1999 CD Trio in Tokyo/Michel Petrucciani-Steve Gadd-Anthony Jackson (US-Dreyfus)
1999 CD Trio in Tokyo/Michel Petrucciani-Steve Gadd-Anthony Jackson (Jp-Dreyfus)
2009 CD Trio in Tokyo/Michel Petrucciani-Steve Gadd-Anthony Jackson (Fr-Dreyfus)

 

 

シャンゼリゼ劇場のミシェル・ペトルチアーニ/ミシェル・ペトルチアーニ -1994年

94年のソロ・ライヴ。圧巻はオープニング曲で、有名曲の断片を散りばめた40分におよぶメドレーは構成の妙といい演奏の素晴らしさといい、ちょっとほかの人には真似のできないワン&オンリーのパフォーマンス。ピアニストとしての凄さを見せつける力作。

トラックリスト

[Disc 1]
01MEDLEY OF MY FAVORITE SONGS
02NIGHT SUN IN BLOIS
03RADIO DIAL / THESE FOOLISH THINGS
[Disc 2]
01I MEAN YOU / ROUND ABOUT MIDNIGHT
02EVEN MICE DANCE / CARAVAN
03LOVE LETTER
04BESAME MUCHO

演奏

ミシェル・ペトルチアーニ(p)

デュオ・イン・パリ/ミシェル・ペトルチアーニ&エディ・ルイス  -1990年代

フランスの人気ピアニストとオルガン奏者の共演。相手を絶妙にフォローしながら、時には丁々発止と渡り合い、そのやりとりがスリリング。繰り出されるワザも見事で、スピードに乗って2人が絡みながらグーンと音楽の高みへ上昇していく様には、思

 

わず興奮。

トラックリスト

[Disc 1]
01LES GRELOTS
02JEAN-PHILIPPE HERNIEN
03ALL THE THINGS YOU ARE
04I WROTE YOU A SONG
05SO WHAT
06THESE FOOLISH THINGS
07AMESHA
08SIMPLY BOP
[Disc 2]
01AUTUMN LEAVES
02HUB ART
03CARAVAN
04NAISSANCE
05RACHID
06CARAIBES
07AU P’TIT JOUR
08SUMMERTIME

演奏

ミシェル・ペトルチアーニ(p)エディ・ルイス(og)

ミュージック/ミシェル・ペトルチアーニ -1980年代

ブルーノート時代のペトルチアーニはまさに絶頂期だ、飛ぶ鳥を落とす勢いで次々に名盤を生み出した。本作ではエレクトリック・ピアノを大胆かつ大幅にフューチャー、フュージョン色を強めて新境地を切り開いている。(CDジャーナルより)

 

【アーティスト】

ミシェル・ペトルチアーニ(P,SYN,OG,VO)タニア・マリア(VO)エディ・ゴメス(B)レニー・ホワイト(DS)アンソニー・ジャクソン(EL-B) 他

 

【収録曲】

01LOOKING UP
02MEMORIES OF PARIS
03MY BEBOP TUNE
04BRAZILIAN SUITE NO.2
05BITE
06LULLABY
07O NANA OYE
08PLAY ME
09HAPPY BIRTHDAY MR.K
10THINKING OF WAYNE
【録音】
1989年

ミシェル・プレイズ・ペトルチアーニ/ミシェル・ペトルチアーニ -1980年代

ピーコック~ヘインズ、ゴメス~フォスターの2種類のバックを従えての録音。アバークロンビーも参加しているので多彩な内容だ。とはいえペトルチアーニのプレイの本質に変わりはなく、孤高な世界を築いている。

 

アーティスト:ミシェル・ペトルチアーニ(P)(1)~(5)ゲイリー・ピーコック(B),ロイ・ヘインズ(DS)(2)(7)ジョン・アバークロンビー(G)(6)~(9)エディ・ゴメス(B),アル・フォスター(DS)(9)スティーヴ・ソーントン(PERC)

 

収録曲:

01SHE DID IT AGAIN
02ONE FOR US
03SAHARA
0413TH
05MR.K.J.
06ONE NIGHT AT KEN AND JESSICA’S
07IT’S A DANCE
08LA CHAMPAGNE
09BRAZILIAN SUITE

〈録音〉
1987年9月、12月

パワー・オブ・スリー/ミシェル・ペトルチアーニ -1986年

タッチの美しいペトルチアーニと繊細なホールのデュオを中心に、ショーターのサックスを加えた豪華なライブだ。三者のコラボレーションも見事だが、静かに心を通わせているようなホールとのデュオは特に素晴らしい。

 

アーティスト:ミシェル・ペトルチアーニ(P) ジム・ホール(G) ウェイン・ショーター(SS,TS)

 

収録曲:

01LIMBO
02CAREFUL
03MORNING BLUES
04WALTZ NEW
05BEAUTIFUL LOVE
06IN A SENTIMENTAL MOOD
07BIMINI

〈録音〉
1986年

ピアニズム/ミシェル・ペトルチアーニ -1980年代

チャールズ・ロイドのグループに在籍中、ペトルチアーニが録音したブルーノートにおけるリーダー第1作が本作だ。三者一体になった緻密なトリオ演奏は80~90年代のピアノ・トリオのあるべき方向性を示すものだ。

 

アーティスト:ミシェル・ペトルチアーニ(p)バレ・ダニエルソン(b)エリオット・ジグムンド(ds)

 

収録曲:

01ザ・プレイヤー
02アワ・チューン
03フェイシズ・フェイス
04ナイト・アンド・デイ
05ヒアズ・ザット・レイニー・デイ
06レジーナ

〈録音〉
1985年

エスターテ、ミシェル・ペトルチアーニ -1982年

類稀なる音楽性とみずみずしいピアニズムが存分に発揮されたペトルチアーニのトリオ作。この、歌にあふれたフレージングと疾走感は、長いジャズ・ピアノの歴史においても一頭地を抜いたもの。この音楽がもう聴けないとは!

 

アーティスト:ミシェル・ペトルチアーニ(P) フリオ・ジ・キャストリ(B) アルド・ロマーノ(DS)

 

01PASOLINI
02VERY EARLY
03ESTATE
04MAYBE YES
05I JUST SAY HELLO
06TONE POEM
07SAMBA DES PROPHETES

〈録音〉
1982年

ミシェル・ペトルチアーニ・トリオ -1981年

フランスが生んだ名ピアニストがOWLレーベルに遺した人気作。当時まだ18歳だったペトルチアーニだが、若さに任せた勢いだけの演奏ではなく、彼なりのスタンダードの解釈をトリオ演奏で提示している。

-内容(「CDジャーナル」データベース)

 

アーティスト:ミシェル・ペトルチアーニ(P) ジャン・フランソワ・ジェニー=クラーク(B) アルド・ロマーノ(DS)

 

01HOMMAGE A ENELRAM ATSENIG
02DAYS OF WINE AND ROSES
03CHRISTMAS DREAMS
04JUSTE UN MOMENT
05GATTITO
06CHEROKEE

 
〈録音〉
1981年

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »