20世紀ジャズ名盤の全て

スイング/マンハッタン・トランスファー -ヴォーカル

結成25年を迎えたマントラのオシャレで小気味のいい、30~40年代スウィング・ジャズ曲集。練り抜かれたアレンジャー技やプロ根性って、理屈っぽく窮屈になったりするが、彼らの場合は寛がせる方向にはたらく。エアロビ効果に似た快感があるのだ。(CDジャーナル データベースより)

【収録曲】
01. Stomp Of King Porter
02. Sing A Study In Brown
03. Sing Moten’s Swing
04. A-Tisket, A-Tasket
05. I Know Why (And So Do You)
06. Sing You Sinners
07. Java Jive
08. Down South Camp Meetin’
09. Topsy
10. Clouds (Adapted From “Nuages”)
11. Skyliner
12. It’s Good Enough To Keep (Air Mail Special)
13. Choo Choo Ch’boogie (Live At The Ryman Auditorium)

【演奏者】
Featuring – Asleep At The Wheel, Mark O’Connor, Ray Brown, Ricky Skaggs, The Rosenberg Trio, Stéphane Grappelli
Vocals – Alan Paul, Cheryl Bentyne, Janis Siegel,Tim Hauser

【録音】
1997年

ボーカリーズ/マンハッタン・トランスファー -1980年代

ポピュラー界でも人気が高かった同グループが久々にジャズのみを追求した大傑作だ。彼らの原点であるジャズ・アドリブのボーカリーズに再挑戦し、以前にもまして大成果を挙げた。超人的なテクニックには只々唖然。

 

アーティスト:ティム・ハウザー、アラン・ポール、ジャニス・シーゲル、シェリル・ベンティーン(vo)

 

収録曲:

01ザッツ・キラー・ジョー
02ランボー
03エアージン2
04トゥ・ユー
05ミート・ベニー・ベイリー
06アナザー・ナイト・イン・チュニジア
07レイズ・ロックハウス
08ブリー・ブロップ・ブルース
09オー・イエス、アイ・リメンバー・クリフォード
10シング・ジョイ・スプリング
11ムーヴ

〈録音〉
1985年

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »