20世紀ジャズ名盤の全て

エバネセンス/マリア・シュナイダー・ジャズ・オーケストラ -コンダクター

女流コンポーザー兼オーケストラ・リーダー、マリア・シュナイダーのデビュー作。ボブ・ブルックマイヤーとギル・エバンスに師事したというだけあって、サウンドは斬新。が、フェミニンな繊細さも併せ持っている。

アーティスト:マリア・シュナイダー(comp,cond)トニー・カドレック、グレッグ・ギスバート、ローリー・フランクティム・ヘイガンス(tp,flh)ジョン・フェドチェック、キース・オキーン、ラリー・ファレル(tb)ジョージ・フライン(b,tb,tuba)他

収録曲:

01ウィーグリー

02エバネセンス

03ガムバ・ブルー
04サム・サークルズ
05グリーン・ピース
06ガッシュ
07マイ・ラメント
08ダンス・ユー・モンスター・トゥ・マイ・ソフト・ソング
09ラスト・シーズン

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ