20世紀ジャズ名盤の全て

マックス/マックス・ローチ -1950年代

モブレイにドーハムという注目すべきフロントを迎え、盟友ブラウンを失ったローチが心機一転して吹き込んだ快作。興味深いのはまだバリバリのハード・バップを聴かせていたルイスの参加だ。ブラウン時代に比べてブルージーな響きが強調された好盤。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01CRACKLE HUT

02SPECULATE

03THAT OLD DEVIL CALLED LOVE

04AUDIO BLUES

05CM

06FOUR-X

【演奏】

ケニー・ドーハム(tp)ハンク・モブレー(ts)ラムゼイ・ルイス(p)ジョージ・モロウ(b)マックス・ローチ(ds)

【録音】

1958年1月

ジャズ・イン・ザ3/4・タイム/マックス・ローチ -1950年代

3拍子のジャズ・リズムの最大の功労者はマックス・ローチである。今でこそ3拍子のジャズを演奏できないミュージシャンはいないと思うが、当時としては画期的な技術だった。いわば「これが3拍子ジャズだ!」というデモ・アルバムである。(CDジャーナルより)
【収録】
01ブルース・ワルツ
02ヴァルス・ホット
03アイル・テイク・ロマンス
04リトル・フォークス
05ラヴァー (ステレオ・ヴァージョン)
06同 (モノ・ヴァージョン)
07美しき乙女
【演奏】
マックス・ローチ(ds)ソニー・ロリンズ(ts)ケニー・ドーハム(tp)ビル・ウォレス,レイ・ブライアント(p)ジョージ・モロウ(b)
【録音】
(1)~(6)1957年3月 (7)1956年9月

マックス・ローチ+4 -1950年代

クリフォード・ブラウンとリッチー・パウエルが交通事故で他界した3ヵ月後の、1956年9月に録音されたアルバム。ブラウンとの双頭クインテットの音楽性を継承した、高品位なハード・バップを披露している。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01EZZ – THETIC
02DR.FREE-ZEE
03JUST ONE OF THOSE THINGS
04MR.X
05BODY & SOUL
06WOODYN’ YOU
【演奏】
マックス・ローチ(DS) ケニー・ドーハム(TP) ソニー・ロリンズ(TS) レイ・ブライアント(P) ジョージ・モロウ(B)
【録音】
1956年9月

クリフォード・ブラウン・アンド・マックス・ローチ・アット・ベイズン・ストリート -1950年代

独自の24ビット方式で復刻された名作。ソニー・ロリンズ入りの同クインテット唯一の正規録音で、映画主題歌「慕情」はこのアルバムの名演でジャズ曲ともなった。同曲ほか計8トラックの別テイクを追加。本編終了後に続く曲順なので安心して楽しめる。
(CDジャーナルより)

収録曲
01恋とは何でしょう
02慕情
03四月の思い出
04パウエルズ・プランセス
05タイム
06ザ・シーン・イズ・クリーン
07ガルトルーズ・バウンズ
08四月の思い出 (alt.テイク)
09フロッシー・ルー (リハーサル)
10同 (alt.テイク)
11同 (同)
12同 (同)
13恋とは何でしょう (同)
14慕情 (同)
15同 (同)
演奏
クリフォード・ブラウン(tp)マックス・ローチ(ds)ソニー・ロリンズ(ts)リッチー・パウエル(p)ジョージ・モロウ(b)(1)(6)(10)~(14)タッド・ダメロン(arr,cond)
録音
(4)(7)56.1 (1)~(3)(5)(6)(8)~(15)56.5

スティット,パウエル&J.J+3 -1950年

バピッシュな作品を量産したスティットのプレスティッジ盤。バド・パウエルのピアノ・トリオをバックにしたセッションと、トロンボーンのJ.J.ジョンソンらとのコンボによりセッションを併せた全17曲収録。

【収録曲】
01 ALL GOD’S CHILLUN GOT RHYTHM
02 SONNY SIDE
03 BUD’S BLUES
04 SUNSET
05 FINE AND DANDY
06 FINE AND DANDY
07 STRIKE UP THE BAND
08 I WANT TO BE HAPPY
09 TAKING A CHANCE ON LOVE
10 AFTERNOON IN PARIS
11 ELORA
12 TEAPOT
13 BLUE MODE
14 BLUE MODE
15 AFTERNOON IN PARIS
16 ELORA
17 TEAPOT
(15)(16)(17)ボーナストラック

【演奏者】
ソニー・スティット(TS) J.J.ジョンソン(TB) バド・パウエル,ジョン・ルイス(P) カーリー・ラッセル,ネルソン・ボイド(B) マックス・ローチ(DS)
【録音】
(1)~(4)1949年12月 (5)~(9)1950年1月 (10)~(17)1949年10月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »