20世紀ジャズ名盤の全て

テイルズ・フロム・ザ・ハドソン/マイケル・ブレッカー -1990年代

クリックすると新しいウィンドウで開きます

ブレッカー・ブラザーズ作品を挟んで約5年ぶりのリーダー作。目指すは、含みのある今のアコースティック・ジャズ。達者なサイド・メンを従えて思うままに吹いている。意外にも、デイヴ・ホランドのベースが本作の決め手になっているように思えたが。
トラックリスト

01SLINGS AND ARROWS
02MIDNIGHT VOYAGE
03SONG FOR BILBAO
04BEAU RIVAGE
05AFRICAN SKIES
06INTRODUCTION TO NAKED SOUL
07NAKED SOUL
08WILLIE T.
09CABIN FEVER
演奏

マイケル・ブレッカー(ts)パット・メセニー(g)ジョーイ・カルデラッツォ,(3)(5)マッコイ・タイナー(p)デイヴ・ホランド(b)ジャック・デジョネット(ds)(3)(5)ドン・アライアス(perc)

インフィニティ/マッコイ・タイナー・トリオ・フィーチャリング・マイケル・ブレッカー -1995年

クリックすると新しいウィンドウで開きます

新生インパルス第1弾として登場したベテラン・ピアニスト、マッコイ・タイナー会心の1枚。長い楽歴の中でも特筆すべき名盤であろう。ゲストにブレッカーを迎え、往年のコルトレーン・カルテットを彷佛とさせるスリリングな快演を次々と繰り広げる。
トラックリスト

01フライング・ハイ
02アイ・ミーン・ユー
03ホェア・イズ・ラヴ
04チェンジズ
05ブルース・ストライド
06ハッピー・デイズ
07インプレッションズ
08メロウ・マイナー
09グッド・モーニング・ハートエイク
演奏

マッコイ・タイナー(p)マイケル・ブレッカー(ts)エイヴリー・シャープ(b)アーロン・スコット(ds)(1)(6)ヴァルティノ・アナスタシオ(コンガ,perc)

リターン・オブ・ザ・ブレッカー・ブラザーズ -1992年

約10年の沈黙を破ってあのブレッカーズが復活した!最新のテクノロジーとスタイルを取り入れつつ、かつてファンをシビれさせたあのハーモニーは健在。デニ・チェンの猛爆ファンク・ビートがサウンドの要だ。

 

アーティスト:ランディ・ブレッカー(TP,FLH) マイケル・ブレッカー(TS,EWI,KEY) マイク・スターン(G) ジェームス・ジナス(B) デニス・チェンバース(DS) デヴィッド・サンボーン(AS) ウィル・リー(EL-B,VO) 他

 

収録曲:

01SONG FOR BARRY
02KING OF THE LOBBY
03BIG IDEA
04ABOVE & BELOW
05THAT’S ALL THERE IS TO IT
06WAKARIA (WHAT’S UP?)
07ON THE BACKSIDE
08SOZINHO (ALONE)
09SPHERICAL
10GOOD GRACIOUS
11ROPPONGI

ジャイアント・ステップス~フィーチャリング・トゥー・ティーズ -1992年

ミンツァーのカルテットにブレッカーを乱入させたサックス・ファンが泣いて喜ぶアルバム。ここにはコンテンポラリー・サックスの技法のすべてがつまっている。これを完全コピーすれば、キミも明日からブレッカーだ!

 

アーティスト:ボブ・ミンツァー,マイケル・ブレッカー(ts)ドン・グロルニック(p)マイケル・フォーマネク(b)ピーター・アースキン(ds)

 

収録曲:

01ザ・サキソフォン
02ジャイアント・ステップス (ヴァージョン1)
03スリー・ピーセズ
04テナーマンズ・ラメント
05トゥー・ティーズ
06ソニー
07ボディ・アンド・ソウル~エヴリシング・ハプンズ・トゥ・ミー
08スリー・リトル・ワーズ
09ジャイアント・ステップス (ヴァージョン2)

セレクト・ライブ・サキソフォン・ワークショップ/マイケル・ブレッカー他 -1989年

ライブ・アンダー・ザ・スカイでのライブ録音。ビル・エバンスやスタンリー・タレンタインなど新旧様々なスタイルのテナー・マンと4管の大バトルを繰り広げる。ライブゆえの張り切ったプレイが聴きものだ。

 

アーティスト:マイケル・ブレッカー,ビル・エヴァンス,スタンリー・タレンタイン,アーニー・ワッツ(ts)ドン・グロルニック(p)鈴木良雄(b)アダム・ナスバウム(ds)

 

収録曲:

01ストラタスファンク
02ザ・フォー・スリーパーズ/プールス
03ウォーター・ベイビーズ
04ラヴァー・マン
05スウィングしなけりゃ意味がない
06ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ

ドント・トライ・ジス・アット・ホーム/マイケル・ブレッカー -1988年

マイケル・ブレッカー個人での第2作目。個人になってからはフュージョン色よりもストレート・アベッドな路線に変更したが、本作ではフュージョン的なサウンドもきかれるものの中心はブレッカーのモダンなテナーだ。

 

アーティスト:マイケル・ブレッカー(TS,EWI) マイク・スターン(G) ハービー・ハンコック,ジョーイ・カルデラッツォ,ドン・グロルニック(P) チャーリー・ヘイデン,ジェフ・アンドリュース(B) ジャック・ディジョネット,アダム・ナスバウム,ピーター・アースキン(DS) マーク・オコナー(VN) ジュド・ミラー,ジム・ビアード(SYN)

 

収録曲:

01ITSBYNNE REEL
02CHIME THIS
03SCRIABIN
04SUSPONE
05DON’T TRY THIS AT HOME
06EVERYTHING HAPPENS WHEN YOU’RE GONE
07TALKING TO MYSELF
08THE GENTLEMAN & HIZCAINE

クラウス・オガーマン・フィーチャリング・マイケル・ブレッカー/マイケル・ブレッカー -1988年

オガーマンはボサノバからフュージョン、サード・ストリームまで幅広いジャンルで活躍したアレンジャーだ。本作はブレッカーをフューチャーしているものの、サウンドはオガーマンの世界そのもの。入魂の異色作だ。

 

アーティスト:クラウス・オガーマン(指揮) マイケル・ブレッカー(TS) エイブラハム・ラボリエル,エディ・ゴメス,マーカス・ミラー(B) スティーヴ・ガッド,ヴィニー・カリウタ(DS) ロベン・フォード,ディーン・パークス(G) アラン・パスクア(KEY) ポウリーニョ・ダ・コスタ(PERC) ランディ・ブレッカー(TP)

 

収録曲:

01CORFU
02LYRICOSMOS
03AFTER THE FIGHT
04ADONIA
05BOULEVARD TRISTESSE

マイケル・ブレッカー -テナーサックス

マイケル・ブレッカー個人の初リーダー作。兄弟時代のフュージョンではなく、ストレート・アヘッドなモダン・ジャズだ。コルトレーンの影響が濃いブレッカーだけに、ダイナミックに吹きまくるソロは圧巻だ。

 

アーティスト:マイケル・ブレッカー(TS) パット・メセニー(G) ケニー・カークランド(P) チャーリー・ヘイデン(B) ジャック・ディジョネット(DS)

 

収録曲:

01SEA GLASS
02SYZYGY
03CHOICES
04NOTHING PERSONAL
05THE COST OF LIVING
06ORIGINAL RAYS
07MY ONE AND ONLY LOVE

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ