20世紀ジャズ名盤の全て

チュニジアの夜/ボビー・マクファーリン -ヴォーカル

マクファーリンのユニークな才能が広く認められたのは、おそらくこの作品からだろう。器楽的な唱法でボーカル界に新しい分野を開拓しただけでなく、独自の高い音楽性にも大いに注目して聴きたい傑作だ。

 

アーティスト:ボビー・マクファーリン(vo)ハービー・ハンコック(p)ウェイン・ショーター(ss)マンハッタン・トランスファー

 

収録曲:

01シンキン・アバウト・ユア・ボディ
02タートル・シューズ
03フロム・ミー・トゥ・ユー
04ゼア・ヤ・ゴー
05カラ・ミア
06チュニジアの夜
07オポチュニティ
08ウォーキン
09アイ・ヒア・ミュージック
10ビヴァリー・ヒルズ・ブルース
11マニアーナ・イグアナ

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ