20世紀ジャズ名盤の全て

シェイズ・オブ・ブルー -1995年

クリックすると新しいウィンドウで開きます

名門ブルーノートのヒット曲を、新旧の有名ミュージシャンによる新解釈で楽しめる興味深い作品。主流派のみならず、現代最先端のヒップホップの演奏も多数あり、かなり混沌とした内容であるが、これも今という時代を如実に反映した仕上がりなのだろう。
トラックリスト

01処女航海 (ダイアン・リーヴス、ジェリ・アレン)
02アリゲーター・ブーガルー (大西順子、フレディ・ハバード、K.C.B.)
03リカード・ボサノヴァ (ゴンサロ・ルバルカバ)
04エヴィデンス (ロン・カーター、T.S.モンク)
05ブルー・トレイン (グレッグ・オズビー)
06ジェリコの戦い (カサンドラ・ウィルソン、ロン・カーター)
07ソング・フォー・マイ・ファザー (リニー・ロスネス)
08ウン・ポコ・ローコ (ジャッキー・テラソン)
09トム・サム (ジョン・スコフィールド)
10マン・フロム・タンガニーカ (カート・エリング)
11クール・ストラッティン (トゥッカ・ヨーツ、日野皓正)
12ウナ・マス (イリアーヌ)
13ハム・ドラム・ブルース (ホリー・コール、ジャヴォン・ジャクソン)
14ザ・サイドワインダー (リチャード・エリオット、ベニー・グリーン、トゥッカ・ヨーツ)

ドント・スモーク・イン・ベッド/ホリー・コール -ヴォーカル

ホリー・コールはけっして技巧的な歌手ではないが、場の雰囲気を司るカリスマ性という点では、90年代に登場した歌手の中でも屈指の存在だと思う。そういう彼女の特質は、本作のような選曲だと俄然生きる。

 

アーティスト:ホリー・コール(vo)アーロン・デイヴィス(p)デヴィッド・ピルチ(b)ジョー・ヘンダーソン(ts)デヴィッド・リンドレー(g)ハワード・レヴィー(hca)+ストリングス

 

収録曲:

01I CAN SEE CLEARLY NOW
02DON’T LET THE TEARDROPS RUST YOUR SHINING HEART
03GET OUT OF TOWN
04SO AND SO
05THE TENNESSEE WALTZ
06EVERYDAY WILL BE LIKE A HOLIDAY
07BLAME IT ON MY YOUTH
08EV’RYTHING I’VE GOT
09JE NE T’AIME PAS
10ME AND MY SHADOW
11CRY (IF YOU WANT TO)
12QUE SERA SERA
13DON’T SMOKE IN BED

コーリング・ユー/ホリー・コール -1991年

いわゆるジャズ・ボーカルとは一線を画したフィールドで自分の歌を追求するコール。彼女が本作で登場した時は、本当に鮮烈だった。聖女と娼婦が同居したような神秘的なムードは、現在も多くのファンを魅了している。

 

アーティスト:ホリー・コール(VO) アーロン・デイヴィス(P) デヴィッド・ピルチ(B) ジョニー・フリーゴ(VN) ロバート・スティーヴンソン(BS-CL)

 

収録曲:

01TRUST IN ME
02I’M GONNA LAUGH YOU RIGHT OUT OF MY LIFE
03IF I WERE A BELL
04SMILE
05PURPLE AVENUE
06CALLING YOU
07GOD WILL
08ON THE STREET WHERE YOU LIVE
09HONEYSUCKLE ROSE
10I’LL BE SEEING YOU

 

 

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ