20世紀ジャズ名盤の全て

貝がら/ペギー・リー -ヴォーカル

ペギー・リー自身がオリジナルのライナーノーツを寄せているパーソナルな作品。ハープとハープシコードをともないフォークやトラディショナル・ソングを歌う異色の内容で、同じデッカの名盤『ブラック・コーヒー』とは対照的だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 SEA FEVER
02 NINE THORNY THICKETS
03 LITTLE OLD CAR
04 GREENSLEEVES
05 CHINESE LOVE POEMS; THE FISHERMAN|AUTUMN EVENING
06 THE HAPPY MONKS
07 THE WHITE BIRCH AND THE SYCAMORE
08 OF SUCH IS THE KINGDOM OF GOD
09 A BROWN BIRD SINGING
10 I DON’T WANT TO PLAY IN YOUR YARD
11 THE MAID WITH THE FLAXEN HAIR
12 THE WEARING OF THE GREEN
13 CHACONDE
14 CHINESE LOVE POEMS; GOING ROWING|LIKE THE MOON|THE MUSICIANS
15 THE RIDDLE SONG
16 THE GOLD WEDDING RING

【演奏】
ペギー・リー(VO) ステラ・カステラッチ(HP) ジーン・ディノヴィ(HC)

【録音】
1955年2,3月

ブラック・コーヒー/ペギー・リー -ヴォーカル

自他ともに認めるペギー・リーの傑作アルバム。この微熱を帯びたヴォーカルによって、ベニー・グッドマン楽団の専属歌手からスターダムへとのし上がった。切々と歌い上げるタイトル曲「ブラック・コーヒー」がとりわけ魅力的だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 BLACK COFFEE
02 I’VE GOT YOU UNDER MY SKIN
03 EASY LIVING
04 MY HEART BELONGS TO DADDY
05 IT AIN’T NECESSARILY SO
06 GEE, BABY AIN’T I GOOD TO YOU
07 A WOMAN ALONE WITH THE BLUES
08 I DON’T KNOW WHAT TIME IT WAS
09 WHEN THE WORLD WAS YOUNG
10 LOVE ME OR LEAVE ME
11 YOU’RE MY THRILL
12 THERE’S A SMALL HOTEL

【演奏】
ペギー・リー(VO) ピート・カンドリ(TP) ジミー・ロウルズ(P) マック・ウェイン(B) エド・ショーネシー(DS) 他

【録音】
(1)(3)(4)(7)(9)1953年5月 (2)(8)(10)1953年4月 (5)(6)(11)(12)1953年5月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »