20世紀ジャズ名盤の全て

スイート・ソウル/ピーター・アースキン -1991年

日本人の手によるコンテンポラリー・ジャズ・レーベルは、ピーター・アースキンのリーダー作でスタートした。ジャンルの壁を取り払った新しい感性のこの音楽は、おそらく現代のジャズ・サウンドに直結するものだ。

 

アーティスト:ピーター・アースキン(ds)ケニー・ワーナー(p)マーク・ジョンソン(b)ジョー・ロヴァーノ,(3)ボブ・ミンツァー(ts)(3)(4)(8)ジョン・スコフィールド(g)(3)(4)ランディ・ブレッカー(tp)

 

収録曲:

01タッチ・ハー・ソフト・リップス・アンド・パート
02プレス・エンター
03スウィート・ソウル
04トゥ・ビー・オア・ノット・トゥ・ビー
05アンビヴァレンス
06エンジェルズ・アンド・デヴィルズ
07スピーク・ロウ
08スコラスティック
09ディスタント・ブロッサム
10バット・イズ・イット・アート
11イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ

ピーター・アースキン、ピーター・アースキン -ブログ

ピーター・アースキンの代表的名盤。ブレッカー・ブラザーズをはじめとする、80年代のジャズ・シーンを担ったスター・プレイヤーたちとの共演が楽しめる。82年6月22・23日、ニューヨーク録音。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ピーター・アースキン(DS,PERC 他) (1)(3)~(7)ランディ・ブレッカー(TP,FLH) (1)(4)(5)マイケル・ブレッカー(TS) (1)(3)~(5)(7)ボブ・ミンツァー(TS,BS-CL) (3)(5)(7)マイク・マイニエリ(VIB) (1)(5)ドン・グロルニック(EL-P 他) (1)(3)(4)(7)ケニー・カークランド(P) (1)(3)~(7)エディ・ゴメス(B) (1)(3)~(7)ドン・アライアス(PERC)

 

01LEROY STREET
02IN STATU NASCENDI
03E.S.P.
04CHANGE OF MIND
05ALL’S WELL THAT ENDS
06MY SHIP
07COYOTE BLUES
08IN STATU NASCENDI

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ