20世紀ジャズ名盤の全て

さよならバードランド/ビル・クロウ -1996年

クリックすると新しいウィンドウで開きます

当時某ジャズ誌にエッセイを連載するほか、文筆業でも活躍していたベーシストの96年作。スタンダードを中心とした選曲で、堅実なベース・プレイは抱擁力もあって、よく歌うし、ナイス。滋味豊かなテナー・サックス、アル・コーンの息子によるギターも好演。

トラックリスト

01さよならバードランド
02シェアー・ア・キイ
03オーケー、バグ
04ニューズ・フロム・ブルーポート
05枯葉
06フールズ・ラッシュ・イン
07ジャスト・フレンズ
08トライクロティズム
09マイ・ファニー・ヴァレンタイン
10ナイト・ライツ
11ブロードウェイ

演奏

ビル・クロウ(B) カーメン・レギオ(TS) ジョー・コーン(G) デヴィッド・ジョーンズ(DS)

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ