20世紀ジャズ名盤の全て

セレクト・ライブ・サキソフォン・ワークショップ/マイケル・ブレッカー他 -1989年

ライブ・アンダー・ザ・スカイでのライブ録音。ビル・エバンスやスタンリー・タレンタインなど新旧様々なスタイルのテナー・マンと4管の大バトルを繰り広げる。ライブゆえの張り切ったプレイが聴きものだ。

 

アーティスト:マイケル・ブレッカー,ビル・エヴァンス,スタンリー・タレンタイン,アーニー・ワッツ(ts)ドン・グロルニック(p)鈴木良雄(b)アダム・ナスバウム(ds)

 

収録曲:

01ストラタスファンク
02ザ・フォー・スリーパーズ/プールス
03ウォーター・ベイビーズ
04ラヴァー・マン
05スウィングしなけりゃ意味がない
06ユー・ドント・ノウ・ホワット・ラヴ・イズ

コンセクレイション~ザ・ラスト・コンプリート・コレクション、ビル・エバンス -1980年代

まさしくビル・エヴァンス・フリークの多い日本ならではのセット集だ、これは。80年9月19日に死去した彼の、8月31日から9月7日までシスコ“キートン・コーナー”出演時の模様を纏めたもの。CD一枚に1日づつ、計8枚。まあ、微妙に各日の曲目は違うのだが、大半は当然ながら同じ。MCも含めて、各日の違いをつきつめていこうとしたら…。まさしくコレクターズ・アイテム。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ビル・エヴァンス(p)マーク・ジョンソン(b)ジョー・ラバーバラ(ds)

 

[Disc 1]
01RE PERSON I KNEW
02TIFFANY
03MY FOOLISH HEART
04THEME FROM M・A・S・H
05KNIT FOR MARY F.
06THE DAYS OF WINE AND ROSES
07YOUR STORY
08THE TWO LONELY PEOPLE
09MY ROMANCE
[Disc 2]
01TIFFANY
02POLKA DOTS AND MOONBEAMS
03LIKE SOMEONE IN LOVE
04LETTER TO EVAN
05GARY’S THEME
06THE DAYS OF WINE AND ROSES
07I DO IT FOR YOUR LOVE
08MY ROMANCE
[Disc 3]
01RE PERSON I KNEW
02TIFFANY
03KNIT FOR MARY F.
04LIKE SOMEONE IN LOVE
05YOUR STORY
06SOMEDAY MY PRINCE WILL COME
07I DO IT FOR YOUR LOVE
08MY ROMANCE
[Disc 4]
01RE PERSON I KNEW
02TIFFANY
03POLKA DOTS AND MOONBEAMS
04THEME FROM M・A・S・H
05YOUR STORY
06LIKE SOMEONE IN LOVE
07KNIT FOR MARY F.
08THE TWO LONELY PEOPLE
09MY ROMANCE
[Disc 5]
01UP WITH THE LARK
02MORNIN’ GLORY
03POLKA DOTS AND MOONBEAMS
04LIKE SOMEONE IN LOVE
05TURN OUT THE STARS
06YOUR STORY
07EMILY
08I DO IT FOR YOUR LOVE
09MY ROMANCE
[Disc 6]
01RE PERSON I KNEW
02TIFFANY
03KNIT FOR MARY F.
04MY FOOLISH HEART
05WHO CAN I TURN TO
06EMILY
07LAURIE
08YOU AND THE NIGHT AND THE MUSIC
[Disc 7]
01RE PERSON I KNEW
02LAURIE
03BILL’S HIT TUNE
04THE TWO LONELY PEOPLE
05THEME FROM M・A・S・H
06MY FOOLISH HEART
07THE DAYS OF WINE AND ROSES
08BUT BEAUTIFUL
[Disc 8]
01EMILY
02POLKA DOTS AND MOONBEAMS
03LIKE SOMEONE IN LOVE
04YOUR STORY
05THE DAYS OF WINE AND ROSES
06KNIT FOR MARY F.
07WHO CAN I TURN TO
08I DO IT FOR YOUR LOVE
09MY ROMANCE

 

 

 

ターン・アウト・ザ・スターズ~ハイライト、ビル・エバンス -1980年代

ビル・エヴァンスが死の3カ月前、ヴィレッジ・ヴァンガードに出演したときの未発表ライヴ。4日間分のテープの中から、エヴァンス自身が選曲したものだそうだ。その演奏内容は、晩年とは思えないほどの力強さである。やはりエヴァンスは神がかった表現者だ。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ビル・エバンス(p)マーク・ジョンソン(b)ジョー・ラバーベラ

 

01ビルズ・ヒット・チューン
02マイ・フーリッシュ・ハート
03ターン・アウト・ザ・スターズ
04ライク・サムワン・イン・ラヴ
05トゥー・ロンリー・ピープル
06ロウリー
07イェット・ネヴァー・ブロークン
08きみの愛のために
09ナルディス

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ