20世紀ジャズ名盤の全て

ザ・ジニアス・オブ・バド・パウエル -1950年

ジャズ・ピアノの開祖的存在であるバド・パウエルが1951年に吹き込んだヴァーヴ盤。レイ・ブラウンらとのトリオ演奏とソロ・ピアノを収録しているが、どちらも20代の天才が持つ狂気を体験するには十分な名演。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 TEA FOR TWO
02 TEA FOR TWO
03 TEA FOR TWO
04 HALLELUJAH
05 PARISIAN THOROUGHFARE
06 OBLIVION
07 DUSK IN SANDI
08 HALLUCINATIONS
09 THE FRUIT
10 A NIGHTINGALE SANG IN BERKELEY SQUARE
11 JUST ONE OF THOSE THINGS
12 THE LAST TIME I SAW PARIS
(1)(3)ボーナストラック

【演奏】

バド・パウエル(P) (1)~(4)レイ・ブラウン(B) バディ・リッチ(DS)

【録音】

(1)~(4)1950年7月 (5)~(12)1951年2月

スティット,パウエル&J.J+3 -1950年

バピッシュな作品を量産したスティットのプレスティッジ盤。バド・パウエルのピアノ・トリオをバックにしたセッションと、トロンボーンのJ.J.ジョンソンらとのコンボによりセッションを併せた全17曲収録。

【収録曲】
01 ALL GOD’S CHILLUN GOT RHYTHM
02 SONNY SIDE
03 BUD’S BLUES
04 SUNSET
05 FINE AND DANDY
06 FINE AND DANDY
07 STRIKE UP THE BAND
08 I WANT TO BE HAPPY
09 TAKING A CHANCE ON LOVE
10 AFTERNOON IN PARIS
11 ELORA
12 TEAPOT
13 BLUE MODE
14 BLUE MODE
15 AFTERNOON IN PARIS
16 ELORA
17 TEAPOT
(15)(16)(17)ボーナストラック

【演奏者】
ソニー・スティット(TS) J.J.ジョンソン(TB) バド・パウエル,ジョン・ルイス(P) カーリー・ラッセル,ネルソン・ボイド(B) マックス・ローチ(DS)
【録音】
(1)~(4)1949年12月 (5)~(9)1950年1月 (10)~(17)1949年10月

ジ・アメイジング・バド・パウエルVol.2 -1950年代

病魔との戦いの歴史でもあったバド・パウエルの天才性が垣間見える1953年のブルーノート録音。独特のハーモニー・センスと力強いタッチが印象的な「ニューヨークの秋」をはじめ、後のジャズ・シーンに影響を与えた名演が並ぶ。

【収録曲】
01 AUTUMN IN NEW YORK
02 REETS AND I
03 SURE THING
04 COLLARD GREENS AND BLACK-EYE PEAS
05 POLKA DOTS AND MOONBEAMS
06 I WANT TO BE HAPPY
07 AUDREY
08 GLASS ENCLOSURE
09 I’VE GOT YOU UNDER MY SKIN
10 AUTUMN IN NEW YORK
11 AUTUMN IN NEW YORK
12 REETS AND I
13 REETS AND I
14 SURE THING
15 COLLARD GREENS AND BLACK-EYE PEAS

【演奏者】
バド・パウエル(P) ジョージ・デュヴィヴィエ(B) アート・テイラー(DS)
【録音】
1953年8月

ジ・アメイジング・バド・パウエル Vol.1 -1951年

多くのプレイヤーたちが崇拝してやまないバド・パウエル。絶頂期を迎えた彼の熱いセッションを収録した、まさに不滅のアルバム。「ウン・ポコ・ロコ」の鬼気迫る3テイクを聴かずして、モダン・ジャズは語れない。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 UN POCO LOCO
02 UM POCO LOCO
03 UN POCO LOCO
04 DANCE OF THE INFIDELS
05 52ND ST. THEME
06 IT COULD HAPPEN TO YOU
07 A NIGHT IN TUNISIA
08 A NIGHT IN TUNISIA
09 WAIL
10 ORNITHOLOGY
11 BOUNCING WITH BUD
12 PARISIAN THOROUGHFARE

【演奏者】
バド・パウエル(P) (4)(5)(9)~(11)ソニー・ロリンズ(TS) (4)(5)(9)~(11)ファッツ・ナヴァロ(TP) (4)(5)(9)~(11)トミー・ポッター,(1)~(3)(6)~(8)(12)カーリー・ラッセル(B) (4)(5)(9)~(11)ロイ・ヘインズ,(1)~(3)(6)~(8)(12)マックス・ローチ(DS)

【録音】
(1)~(3)(6)~(8)(12)1951年5月 (4)(5)(9)~(11)1949年8月

ジャズ・ジャイアント/バド・パウエル -1950年

ピアノの巨人、バド・パウエルがヴァーヴに残した7枚のアルバムの中で、「ザ・ジニアス」と並び称される名盤である。録音された’49~’50年は最も脂の乗っていた時代で、傑作が多数生み出された。躍動感、情緒感にテクニックが加わった珠玉の偉大作だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 TEMPUS FUGUE-IT
02 CELIA
03 CHEROKEE
04 I’LL KEEP LOVING YOU
05 STRICTLY CONFIDENTIAL
06 ALL GOD’S CHILLUN GOT RHYTHM
07 SO SORRY PLEASE
08 GET HAPPY
09 SOMETIMES I’M HAPPY
10 SWEET GEORGIA BROWN
11 YESTERDAYS
12 APRIL IN PARIS
13 BODY AND SOUL

【演奏者】
バド・パウエル(p)レイ・ブラウン(b)カーリー・ラッセル(ds)

【録音】
1949年1月 1950年1月

バド・パウエルの芸術 -1940年代

1947年と53年のふたつのセッションを収録した名盤。「インディアナ」での神業的高速ソロをはじめ、心地よい緊張感に満ちた好演が続く。モダン・ジャズ・ピアノの教科書のような1枚。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 I’LL REMEMBER APRIL
02 INDIANA
03 SOMEBODY LOVES ME
04 I SHOULD CARE
05 BUD’S BUBBLE
06 OFF MINOR
07 NICE WORK IF YOU CAN GET IT
08 EVERYTHING HAPPENS TO ME
09 EMBRACEABLE YOU
10 BURT COVERS BUD
11 MY HEART STOOD STILL
12 YOU’D BE SO NICE TO COME HOME TO
13 BAGS’ GROOVE
14 MY DEVOTION
15 STELLA BY STARLIGHT
16 WOODY’N YOU

【演奏者】
バド・パウエル(P) ジョージ・デュヴィヴィエ,カーリー・ラッセル(B) アート・テイラー(DS)

【録音】
1947年(1-8)、1953年(9-16)

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »