20世紀ジャズ名盤の全て

ペッキン・タイム/ハンク・モブレー -1950年代

ブルーノート創立70周年を記念した特別企画のスペシャル・プライス盤。スピード感あふれる「ハイ・アンド・フライティ」など、快調なアドリブ・プレイが光る楽曲を収録。リー・モーガンとの双頭によるハード・バップ最盛期の名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01HIGH AND FLIGHTY

02SPEAK LOW

03PECKIN’ TIME

04STRETCHIN’ OUT05GIT – GO BLUES

【演奏】

ハンク・モブレー(TS) リー・モーガン(TP) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) チャーリー・パーシップ(DS)

【録音】

1958年2月

ぺッキン・タイム/ハンク・モブレー -1950年代

ブルーノート創立70周年を記念した特別企画のスペシャル・プライス盤。スピード感あふれる「ハイ・アンド・フライティ」など、快調なアドリブ・プレイが光る楽曲を収録。リー・モーガンとの双頭によるハード・バップ最盛期の名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01HIGH AND FLIGHTY

02SPEAK LOW

03PECKIN’ TIME

04STRETCHIN’ OUT

05GIT – GO BLUES

【演奏】

ハンク・モブレー(TS) リー・モーガン(TP) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) チャーリー・パーシップ(DS)

【録音】

1958年2月

ハンク/ハンク・モブレー -1950年代

ごく短期間しかニューヨークで活動しなかったジェンキンスの参加が貴重なモブレーのブルーノートにおける4作目。パーカー派のジェンキンスを得たことでモブレーが再びビバップ・ライクなプレイで存在感を示す。

【収録曲】
01フィット・フォー・ア・ハンカー
02ハイ・グルーヴ、ロウ・フィード・バック
03イージー・トゥ・ラヴ
04タイム・アフター・タイム
05異教徒たちの踊り
【演奏】
ハンク・モブレー(ts)、ドナルド・バード(tp)、ジョン・ジェンキンス(as)、ボビー・ティモンズ(p)、ウイルバー・ウエア(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)
【録音】
1957年4月

ハンク・モブレー・クインテット/ハンク・モブレー -1950年代

全曲オリジナルのブルーノート盤を聴けば、ハンク・モブレーがプレイヤーとしてだけなくコンポーザーとしていかに過小評価されているかを実感する。ホレス・シルヴァーらの好演も味方につけた1957年の一作。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01FUNK IN DEEP FREEZE
02WHAM AND THEY’RE OFF
03FIN DE L’AFFAIRE
04STARTIN’ FROM SCRATCH
05STELLA-WISE
06BASE ON BALLS
【演奏】
アート・ファーマー(TP) ハンク・モブレー(TS) ホレス・シルヴァー(P) ダグ・ワトキンス(B) アート・ブレイキー(DS)
【録音】
1957年3月

ハンク・モブレー・オールスターズ/ハンク・モブレー -1950年代

初代ジャズ・メッセンジャーズのリズム隊にミルト・ジャクソンを加え、モブレーのオリジナル曲を演奏。ブルーノートにおけるハード・バップ期の代表作だ。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01REUNION
02ULTRAMARINE
03DON’T WALK
04LOWER STRATOSPHERE
05MOBLEY’S MUSINGS
【演奏】
ハンク・モブレー(TS) ミルト・ジャクソン(VIB) ホレス・シルヴァー(P) ダグ・ワトキンス(B) アート・ブレイキー(DS)
【録音】
1957年1月

ハンク・モブレー・セクステット/ハンク・モブレー -テナーサックス

リー・モーガン、ドナルド・バードという2人のトランペットを迎えた豪華セクステット編成で、モブレーの作品のなかでも屈指のハード・バップ作。収録曲は本人によるオリジナルだ。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01TOUCH AND GO
02DOUBLE WHAMMY
03BARREL OF FUNK
04MOBLEYMANIA
【演奏】
リー・モーガン,ドナルド・バード(TP) ハンク・モブレー(TS) ホレス・シルヴァー(P) ポール・チェンバース(B) チャーリー・パーシップ(DS)
【録音】
1956年11月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »