20世紀ジャズ名盤の全て

ワークアウト/ハンク・モブレイ -1960年代

1961年録音の、ハンク・モブレーによる60年代3大傑作のうちの一つ。グラント・グリーンやウィントン・ケリーといった相性抜群のメンバーが結集し、モブレーのファンキーなプレイをいっそう際立たせている。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01WORKOUT

02UH HUH

03SMOKIN’

04THE BEST THINGS IN LIFE ARE FREE

05GREASIN’ EASY

06THREE COINS IN THE FOUNTAIN0

7THREE COINS IN THE FOUNTAIN

(6)(7)ボーナストラック

【演奏】

ハンク・モブレー(TS) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) フィリー・ジョー・ジョーンズ(DS) (1)~(5)(7)グラント・グリーン(G)

【録音】

1961年3月

ソウル・ステーション/ハンク・モブレイ -1960年代

ブルーノートの人気サックス奏者による1960年の代表作。サイドメンとしての活躍も多いモブレーだが、ウィントン・ケリーのピアノ・トリオを従えたワン・ホーンでの本作は、彼の魅力が存分に発揮された名盤だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01REMEMBER

02THIS I DIG OF YOU

03DIG DIS

04SPLIT FEELIN’S

05SOUL STATION

06IF I SHOULD LOSE YOU

【演奏】

ハンク・モブレー(TS) ウィントン・ケリー(P) ポール・チェンバース(B) アート・ブレイキー(DS)

【録音】

1960年2月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »