20世紀ジャズ名盤の全て

ドドズ・バック/ドド・マーマローサ -1960年代

ビ・バップ時代に、一時期輝きを放っていたものの療養生活のために忘れられた存在となっていた幻の名ピアニスト。これは61年に彼が復活した際、吹き込まれた作品。リズム感も良く、メロディックな面でも感情豊か。グッと気持ちが入ったプレイは魅力的だ。

(CDジャーナルより)

【収録曲】

01MELLOW MOOD

02COTTAGE FOR SALE

03APRIL PLAYED THE FIDDLE

04EVERYTHING HAPPENS TO ME

05ON GREEN DOLPHIN STREET

06WHY DO I LOVE YOU?

07I THOUGHT ABOUT YOU

08ME AND MY SHADOW

09TRACY’S BLUES10YOU CALL IT MADNESS

【演奏】

ドド・マーマローサ(p)リチャード・エヴァンス(b)マーシャル・トンプソン(ds)

【録音】

1961年5月

ピアノ・ムーズ/ドド・マーマローサ -1940年代

その容姿から“ドド”と呼ばれたというバップ期のジャズ・シーンを代表する名ピアニスト、ドド・マーマローサ。彼のダイアルに残した音源が登場。ホットだった当時のジャズ・シーンの記録。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 BOPMATISM
02 BOPMATISM
03 DODO’S DANCE
04 DODO’S DANCE
05 TRADE WINDS
06 TRADE WINDS
07 DAIRY DEPARTS
08 DAIRY DEPARTS
09 DAIRY DEPARTS
10 COSMO STREET
11 COSMO STREET

【演奏者】
ドド・マーマローサ(p)ハリー・ババシン(vc)ジャッキー・ミルズ(ds)

【録音】
1947年12月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »