20世紀ジャズ名盤の全て

ファースト・タイム/デューク・エリントン&カウント・ベイシー・オーケストラ -1960年代

デューク・エリントンとカウント・ベイシーのそれぞれの楽団がドッキングした空前絶後のアルバム。互いにピアノを弾く二人の巨人のインタープレイはこの上なく愉悦的で、共演するアンサンブルも各々小気味よいソロを展開している。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01BATTLE ROYAL

02TO YOU

03TAKE THE A TRAIN

04CORNER POCKET (AKA UNTIL I MET YOU)

05WILD MAN (AKA WILD MAN MOORE)

06SEGUE IN C

07BDB

08JUMPIN’ AT THE WOODSIDE

09ONE MORE ONCE

10TAKE THE A TRAIN (THE COUNT DEPARTS)

11JUMPIN’ AT THE WOODSIDE

12BDB

13BLUES IN HOSS’ FLAT (BLUES IN FRANKIE’S FLAT)

14WILD MAN (AKA WILD MAN MOORE)

15BATTLE ROYAL

(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)ボーナストラック

【演奏】

デューク・エリントン楽団,カウント・ベイシー楽団

【録音】

1961年7月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »