20世紀ジャズ名盤の全て

創世/デビッド・S・ウエア -ブログ

フリー派のベテランが、初めてメジャー・レーベルでアルバム制作。それもブランフォード・マルサリスの仲介が端緒になったという注目作だ。咆哮、絶叫、奇声など様々な発露で織り上げる表現世界は一見ハードでも、ジャズの系譜を力強く浮かび上がらせる。

【収録曲】
01MIKURO’S BLUES
02LEXICON
03LOGISTIC
04THE WAY WE ARE
05QUADRAHEX
06ESTHETICMETRIC
07RAPTURELODIC

【演奏者】
David S. Ware(Ts),Matthew Shipp(p),William Parker(b),Susie Ibarra(dr)

【録音】
December 11-12, 1997, at Sound On Sound Studio, NYC.

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ