20世紀ジャズ名盤の全て

シング・ア・ソング・オブ・ベイシー/ランバート・ヘンドリックス&ロス -ヴォーカル

ジャズ曲に歌詞をつけて歌う“ヴォーカリーズ”で大成功を収めたコーラス・グループのデビュー作。初CD化。ジョン・ヘンドリックスがリーダー。ジョンが歌詞を書いたカウント・ベイシー楽団の名曲集だ。処女作にしてこのグレイドの高さ、その後の名声を物語る。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01EVERYDAY

02IT’S SAND,MAN!

03TWO FOR THE BLUES

04ONE O’CLOCK JUMP

05LITTLE PONY

06DOWN FOR DOUBLE

07FIESTA IN BLUE

08DOWN FOR THE COUNT

09BLUES BACKSTAGE

10AVENUE C

【演奏】

デイヴ・ランバート,ジョン・ヘンドリックス,アニー・ロス(vo)ナット・ピアース(p)フレディ・グリーン(g)エディ・ジョーンズ(b)ソニー・ペイン(ds)

【録音】

1957年8~11月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »