20世紀ジャズ名盤の全て

アット・タウン・ホール/セロニアス・モンク -ブログ

スリリングなホーン・アンサンブルを施し、重厚なサウンドでタウン・ホールの聴衆を圧倒したモンクの快作。独特のタイム感覚とハーモニーに対する独自のアプローチが最大の聴きものだ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01THELONIOUS

02FRIDAT THE 13TH

03MONK’S MOOD

04LITTLE ROOTIE TOOTIE

05OFF MINOR

06CREPESCULE WITH NELLIE

07THELONIOUS

08LITTLE ROOTIE TOOTIE

【演奏】

セロニアス・モンク(P) ドナルド・バード(TP) エディ・バート(TB) フィル・ウッズ(AS) チャーリー・ラウズ(TS) ペッパー・アダムス(BS) ロバート・ノーザン(FRH) ジェイ・マカリスター(TUBA) サム・ジョーンズ(B) アート・テイラー(DS)

【録音】

1959年2月

ミステリオーソ/セロニアス・モンク -1950年代

不思議で謎めいたセロニアス・モンクの世界が描かれたファイヴ・スポット、1958年の快演。フィーチャーされたテナーのグリフィンも味のあるプレイをしており、聴き応え十分。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01NUTTY

02BLUES FIVE SPOT

03LET’S COOL ONE

04IN WALKED BUD

05JUST A GIGOLO

06MISTERIOSO

07’ROUND MIDNIGHT

08EVIDENCE

【演奏】

セロニアス・モンク(P) ジョニー・グリフィン(TS) アーメド・アブダル・マリク(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1958年7月、8月

セロニアス・イン・アクション/セロニアス・モンク -1950年代

名作「ミステリーオーソ」と対を成す、グリフィンを擁したNYCファイブ・スポットでのモンク・クァルテットの録音。ライヴ・アルバムの傑作作品は、臨場感あふれる音楽を自宅で堪能したい。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01LIGHT BLUE

02COMING ON THE HUDSON

03RHYTHM-A-NING

04EPISTROPHY

05BLUE MONK

06EVIDENCE

07EPISTROPHY

08UNIDENTIFIED SOLO PIANO

09BLUES FIVE SPOT

10IN WALKED BUD | EPISTROPHY

【演奏】

セロニアス・モンク(P) (1)~(7)(9)(10)ジョニー・グリフィン(TS) アーマッド・アブダル・マリク(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

(1)~(7)1958年8月 (8)~(10)1958年7月

ファイブ・スポットの伝説/セロニアス・モンク~ジョン・コルトレーン -1950年代

モンク~コルトレーンの“幻のファイヴ・スポット”のテープがついに陽の目を見た。プライヴェート録音だが音質もそんなにひどくない。鬼気迫るモンクとトレーンの“対決”は壮絶。さすがに“伝説”になるだけのことはある、とんでもない演奏だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01トリンクル・ティンクル

02イン・ウォークト・バド

03アイ・ミーン・ユー

04エピストロフィー

05クレパスキュール・ウィズ・ネリー

【演奏】

セロニアス・モンク(P) ジョン・コルトレーン(TS) アーマッド・アブダル・マリク(B) ロイ・ヘインズ(DS)

【録音】

1957年

マリガン・ミーツ・モンク/ジェリー・マリガン -1950年代

ウエストコーストの大スター、マリガンと共演者キラー、モンク。超個性派の巨星2人による史上名高い名セッション。傑出した個性がぶつかることにより、素晴らしい作品が誕生した。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01’ROUND MIDNIGHT

02RHYTHM-A-NING

03SWEET AND LOVELY

04DECIDEDLY

05STRAIGHT, NO CHASER

06I MEAN YOU

07DECIDEDLY

08STRAIGHT, NO CHASER

09I MEAN YOU

10I MEAN YOU

(7)(8)(9)(10)ボーナストラック

【演奏】

ジェリー・マリガン(BRS) セロニアス・モンク(P) ウィルバー・ウェア(B) シャドウ・ウィルソン(DS)

【録音】

1957年8月

モンクス・ミュージック/セロニアス・モンク -1950年代

コールマン・ホーキンスとコルトレーンの2テナーを迎えた強力な作品。「ウェル、ユー・ニードント」の快演、ロマンティシズムあふれる「ルビー、マイ・ディア」、奇抜な旋律の「エピストロフィー」など、聴き所満載。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01ABIDE WITH ME

02WELL, YOU NEEDN’T

03RUBY, MY DEAR

04OFF MINOR

05EPISTROPHY

06CREPUSCULE WITH NELLIE

07OFF MINOR

08CREPUSCULE WITH NELLIE(7)(8)

【演奏】

セロニアス・モンク(P) レイ・コープランド(TP) ジジ・グライス(AS) ジョン・コルトレーン,コールマン・ホーキンス(TS) ウィルバー・ウェア(B) アート・ブレイキー(DS)

【録音】

1957年6月

セロニアス・モンク・ヴィズ・ジョン・コルトレーン -1950年代

ジャズの巨人二人が密な関係にあった50年代後半の共演盤。訥々と語るようなモンク、シーツ・オブ・サウンドで多量の音を発するコルトレーンの対照がスリリング。
【収録曲】
01RUBY, MY DEAR

02TRINKLE, TINKLE

03OFF MINOR

04NUTTY

05EPISTROPHY

06FUNCTIONAL

【演奏】
セロニアス・モンク(p) ジョン・コルトレーン(ts) レイ・コープランド(tp) ジジ・グライス(as) コールマン・ホーキンス(ts) ウィルバー・ウェア(b) シャドウ・ウィルソン(ds) アート・ブレイキー(ds)
【録音】
1957年4月

セロニアス・ヒムセルフ/セロニアス・モンク -1950年代

セロニアス・モンクが一人で奏でるピアノの魔力、またジョン・コルトレーンとのコラボレーションが堪能できる一枚。1957年にニューヨークにて録音された、シンプルながら強烈な個性を持った作品だ。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01APRIL IN PARIS
02(I DON’T STAND) A GHOST OF A CHANCE WITH YOU
03FUNCTIONAL
04I’M GETTING SENTIMENTAL OVER YOU
05I SHOULD CARE
06‘ROUND MIDNIGHT
07ALL ALONE
08MONK’S MOOD
09‘ROUND MIDNIGHT
(9)ボーナストラック
【演奏】
セロニアス・モンク(P) (8)ジョン・コルトレーン(TS) ウィルバー・ウェア(B)
【録音】
1957年4月

ブリリアント・コーナーズ/セロニアス・モンク -1950年代

ジャズ・ピアノの巨人、セロニアス・モンクが1957年に発表した不朽の名作。彼独特の作曲センスが遺憾なく発揮されたタイトル曲のほか、モンクの魅力のひとつであるピアノ・ソロも収録した文句なしの一枚。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01BRILLIANT CORNERS
02BA-LUE BOLIVAR BA-LUES-ARE
03PANNONICA
04I SURRENDER, DEAR
05BEMSHA SWING
【演奏】
セロニアス・モンク(P,CELESTE) クラーク・テリー(TP) アーニー・ヘンリー(AS) ソニー・ロリンズ(TS) オスカー・ペティフォード,ポール・チェンバース(B) マックス・ローチ(DS,TIMPANI)
【録音】
(1)~(3)1956年10月 (4)(5)1956年12月

ソロ・オン・ヴォーグ/セロニアス・モンク -1950年代

1964年発表のソロ・アルバム。まだ世間が彼を認めていない頃の演奏だが、すでに独特の間を持っていたことがわかる。ほかのソロ作に比べてかなり“マジメ”な印象を受けるが、逆にそれが本作の最大の特徴と言える。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 ’ROUND ABOUT MIDNIGHT
02 EVIDENCE
03 SMOKE GETS IN YOUR EYES
04 WELL YOU NEEDN’T
05 REFLECTIONS
06 WE SEE
07 ERONEL
08 OFF MINOR
09 HACKENSACK

【演奏】
セロニアス・モンク(P)

【録音】
1954年6月

セロニアス・モンク・ウイズ・ソニー・ロリンズ -1950年代

モンクとロリンズという二人の巨人が共演した貴重なプレスティッジ盤。実際には3度のセッションから抜粋したアルバムで、ロリンズが参加していない曲もある。一聴してそれとわかるプレイヤーとしての矜持がうかがえる。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 THE WAY YOU LOOK TONIGHT
02 I WANT TO BE HAPPY
03 WORK
04 NUTTY
05 FRIDAY THE 13TH

【演奏】
セロニアス・モンク(P) (1)(2)(5)ソニー・ロリンズ(TS) (1)(2)トミー・ポッター,(3)~(5)パーシー・ヒース(B) (1)(2)アート・テイラー,(3)(4)アート・ブレイキー,(5)ウィリー・ジョーンズ(DS) (5)ジュリアス・ワトキンス(FLH)

【録音】
(1)(2)1954年10月 (3)(4)1954年9月 (5)1953年11月

セロニアス・モンク・トリオ -1952年

モンクの特異なトリオ演奏が堪能できるアルバム。彼のオリジナルや愛奏曲として知られる曲が多数収録されており、アート・ブレイキーとマックス・ローチという2大ドラマーが参加。1952~54年の3回にかけて行なわれた録音だ。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 LITTLE ROOTIE TOOTIE
02 SWEET AND LOVELY
03 BYE-YA
04 MONK’S DREAM
05 TRINKLE TINKLE
06 THESE FOOLISH THINGS
07 BLUE MONK
08 JUST A GIGOLO
09 BEMSHA SWING
10 REFLECTIONS
11 WORK
12 NUTTY
(11)(12)ボーナストラック

【演奏】

セロニアス・モンク(P) ゲイリー・マップ,パーシー・ヒース(B) アート・ブレイキー,マックス・ローチ(DS)

【録音】
(1)~(4)1952年10月 (5)(6)(9)(10)1952年12月 (7)(8)(11)(12)1954年9月

ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.2/セロニアス・モンク -1951年

天才ピアニスト、セロニアス・モンクの輝かしい時代が刻まれた傑作。1947年と1951年に録音された音源で構成されており、「ストレイト・ノー・チェイサー」「モンクス・ムード」などの名曲を収録する。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 CAROLINA MOON
02 HORNIN’ IN
03 SKIPPY
04 LET’S COOL ONE
05 SUBURBAN EYES
06 EVONCE
07 STRAIGHT NO CHASER
08 FOUR IN ONE
09 NICE WORK IF YOU CAN GET IT
10 MONK’S MOOD
11 WHO KNOWS
12 ASK ME NOW

【演奏者】
セロニアス・モンク(p)アイドリース・シュリーマン,ジョージ・テイト,ケニー・ドーハム(tp)ダニー・ケベック・ウェスト,サヒブ・シハブ,ルー・ドナルドソン(as)ミルト・ジャクソン(vib)ジーン・ラミー,アル・マッキボン,ロバート・ペイジ,ネルソン・ボイド(b)アート・ブレイキー,マックス・ローチ(ds)

【録音】
1947年10月11月 1951年7月

ジニアス・オブ・モダン・ミュージック Vol.1/セロニアス・モンク -1940年代

孤高の天才ピアニストとして名を馳せた、セロニアス・モンク初となるリーダー・セッション・アルバム。ジャズ史に燦然と輝く傑作「ラウンド・ミッドナイト」や、「ルビー・マイ・ディア」ほかを収録している。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 ‘ROUND MIDNIGHT
02 OFF MINOR
03 RUBY MY DEAR
04 I MEAN YOU
05 APRIL IN PARIS
06 IN WALKED BUD
07 THELONIOUS
08 EPISTROPHY
09 MISTERIOSO
10 WELL,YOU NEEDN’T
11 INTROSPECTION
12 HUMPH

【演奏者】
セロニアス・モンク(P)アイドリース・シュリーマン,ジョージ・テイト(TP)ダニー・ケベック・ウェスト,サヒブ・シハブ(SAX)ビリー・スミス(TS)ミルト・ジャクソン(VIP)ジーン・ラミー,ジョン・シモンズ(B)アート・ブレイキー,シャドウ・ウィルソン(DS)

【録音】
1947年10月,11月,1948年7月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »