20世紀ジャズ名盤の全て

ガーデン、セシル・テイラー -1981年

画像準備中

テイラーはジャズ史上”もっとも速く・強い”ピアニストだが、本作では比較的じっくりと考えながら弾いている。これを聴くと、彼の即興がデタラメではなく、頭の中の音を鍵盤に移し替えているのだということがわかる。

 

アーティスト:セシル・テイラー(p)

 

[Disc 1]
01エレール2
02ガーデン2
[Disc 2]
01ガーデン1
02ステッピング・オン・スターズ
03イントロダクション・トゥZ
04ドライバー・セイズ
05ペミカン
06ポインツ

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ