20世紀ジャズ名盤の全て

エレガント・イブニング/ジョージ・シアリング&メル・トーメ -ブログ

当時はシアリングもトーメもコンコードの看板スターだった。ふたりの共演はグラミー賞を2度も受賞するほど息もぴったりでコンビで7枚の作品を残している。トーメ円熟の歌唱は何度目かの絶頂期と思えるほどだ。

 

アーティスト:メル・トーメ(vo) ジョージ・シアリング(p)

 

収録曲:

01アイル・ビー・シーイング・ユー
02ムーン・メドレー〔ラブ・アンド・ザ・ムーン/オー、ユー・クレイジー・ムーン/ノー・ムーン・アット・オール〕
03アフター・ザ・ワルツ・イズ・オーヴァー
04ディス・タイム・ザ・ドリームス・オン・ミー
05ラスト・ナイト、ホエン・ウィ・ワー・ヤング
06ユー・チェンジド・マイ・ライフ
07ドリーム・メドレー〔アイ・ハド・ザ・クレージスト・ドリーム/ダーン・ザット・ドリーム〕
08ブリック・フェア
09マイ・フーリッシュ・ハート
10ユー・アー・ドライビング・ミークレイジー

ファースト・エディション、ジョージ・シアリング~ジム・ホール -1981年

デュオの名手、ホールが、当時コンコードの社長だったホール・ジェファーソンの提案で、シアリングと組んだアルバム。タイトル通りこれが彼らの初共演だが、知性という共通項が二人のプレイを強く結びつけている。

 

アーティスト:ジョージ・シアリング(P) ジム・ホール(G)

 

01STREET OF DREAMS
02TO ANTONIO CARLOS JOBIM
03CAREFUL
04I SEE NOTHING TO LAUGH ABOUT
05WITHOUT WORDS
06I HEAR A RHAPSODY
07TO TOMMY FLANAGAN
08EMILY

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ