20世紀ジャズ名盤の全て

シェイズ・オブ・ブルー -1995年

クリックすると新しいウィンドウで開きます

名門ブルーノートのヒット曲を、新旧の有名ミュージシャンによる新解釈で楽しめる興味深い作品。主流派のみならず、現代最先端のヒップホップの演奏も多数あり、かなり混沌とした内容であるが、これも今という時代を如実に反映した仕上がりなのだろう。
トラックリスト

01処女航海 (ダイアン・リーヴス、ジェリ・アレン)
02アリゲーター・ブーガルー (大西順子、フレディ・ハバード、K.C.B.)
03リカード・ボサノヴァ (ゴンサロ・ルバルカバ)
04エヴィデンス (ロン・カーター、T.S.モンク)
05ブルー・トレイン (グレッグ・オズビー)
06ジェリコの戦い (カサンドラ・ウィルソン、ロン・カーター)
07ソング・フォー・マイ・ファザー (リニー・ロスネス)
08ウン・ポコ・ローコ (ジャッキー・テラソン)
09トム・サム (ジョン・スコフィールド)
10マン・フロム・タンガニーカ (カート・エリング)
11クール・ストラッティン (トゥッカ・ヨーツ、日野皓正)
12ウナ・マス (イリアーヌ)
13ハム・ドラム・ブルース (ホリー・コール、ジャヴォン・ジャクソン)
14ザ・サイドワインダー (リチャード・エリオット、ベニー・グリーン、トゥッカ・ヨーツ)

ジョン・スコフィールド&パット・メセニー -1993年

ついに実現した現代トップ・ギタリストの共演。さぞかし火花バチバチだろうと思いきや、表面上は意外なほど抑制が利いている。もちろん水面下では、演奏者にしかわからない技の掛け合いが行われているのだが。

 

アーティスト:ジョン・スコフィールド(G,STEEL-G,AC-G) パット・メセニー(G,G-SYN,NYLON-STRING AC-G) スティーヴ・スワロウ(EL-B,AC-B-G) ビル・スチュワート(DS)

収録曲:
01I CAN SEE YOUR HOUSE FROM HERE
02THE RED ONE
03NO MATTER WHAT
04EVERYBODY’S PARTY
05MESSAGE TO MY FRIEND
06NO WAY JOSE
07SAY THE BROTHER’S NAME
08S.C.O.
09QUIET RISING
10ONE WAY TO BE
11YOU SPEAK MY LANGUAGE

心象/ジョン・スコフィールド -1990年

ブルーノートの第2作。前作がヘイデン、デジョネットという大物を迎えてのお披露目だったのに対し、本作はロバーノをはじめとする若手を配し、ジョン・スコ・ミュージックの神髄を聴かせる。神格化現象のスタート。

 

アーティスト:ジョン・スコフィールド(g)ジョー・ロヴァーノ(ts,acl)マーク・ジョンソン(b)ビル・スチュワート(ds)

 

収録曲:

01ビッグ・ファン
02キープ・ミー・イン・マインド
03ゴー・ブロウ
04チャリオッツ
05ザ・ギネス・スポット
06Mr.コールマン・トゥ・ユー
07アイゼンハワー
08メント・トゥ・ビー
09サム・ナーヴ
10ロスト・イン・スペース
11フレンチ・フリックス

エレクトリック・アウトレット/ジョン・スコフィールド -ブログ

ジョン・スコフィールド、黄金のグラマビジョン時代の幕開けを飾る作品である。当時の彼はマイルス・バンドに在籍中。この人の長所がもっとも活かされるラウド・ジャズを存分に聴かせてくれる。サンボーンの参加にも注目だ。

 

アーティスト:ジョン・スコフィールド(G) デヴィッド・サンボーン(AS) レイ・アンダーソン(TB) スティーヴ・ジョーダン(DS) ピーター・レヴィン(SYN)

 

収録曲:
01ジャスト・マイ・ラック
02ビッグ・ブレイク
03ベスト・ウエスタン
04ピック・ヒッツ
05フィリバスター
06サンクス・アゲイン
07キング・フォー・ア・デイ
08フォーン・ホーム

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ