20世紀ジャズ名盤の全て

スピリット・オブ・ザ・モーメント~ライブ・アット・ザ・ビレッジ・バンガード/ジョシュア・レッドマン -テナーサックス

ジョシュアがカルテットを率いてクラブ出演したときの記録。勢いのあるプレイが見事だ。グループも乗りに乗っている。上り調子にあるミュージシャンとグループの良さがすべて表現されているようだ。初回プレスのみ1曲ボーナス・トラックが付く。(CDジャーナルより)

【収録曲】
[Disc 1]
01 ジグ・ア・ジャグ
02 マイ・ワン・アンド・オンリー・ラヴ
03 カウント・ミー・アウト
04 セカンド・スノー
05 リメンバー
06 ダイアログ
07 セント・トーマス
[Disc 2]
01 ハーブス・アンド・ルーツ
02 ウェイト・ノー・ロンガー
03 ネヴァーエンド
04 ジャスト・イン・タイム
05 マウント・ジオン
06 スラップスティック
07 リリック
[Disc 3]
我が心のジョージア

【演奏者】
ジョシュア・レッドマン(sax)ピーター・マーティン(p)クリス・トーマス(b)ブライアン・ブレイド(ds)

【録音】
1995年3月

カンザス・シティ~オリジナル・サウンドトラック -1990年代

30年代のカンザス・シティを舞台にしたロバート・アルトマン監督の同名映画サントラ。当時活躍していたのはカウント・ベイシーらだが、そうした先輩たちのジャズを現代のミュージシャンたちが果敢に演奏している点がききどころ。顔ぶれに圧倒される。

トラックリスト

01ブルース・イン・ザ・ダーク
02モートン・スウィング
03アイ・サレンダー・ディア
04クィア・ノーションズ
05ララバイ・オブ・ザ・リーヴス
06アイ・レフト・マイ・ベイビー
07ヤー・マン
08フロッギー・ボトム
09ソリテュード
10ペイジン・ザ・デヴィル
11ラファイエット
12ソリテュード

演奏

クリスチャン・マクブライド,ロン・カーター(b)ニコラス・ペイトン(tp)ジョシュア・レッドマン(ts)ジェイムス・カーター(ts,brs)ジェリ・アレン(p)マーク・ホイットフィールド(g)ケヴィン・マホガニー(vo)他

フリーダム・イン・ザ・グルーブ/ジョシュア・レッドマン -アルトサックス

若手ジャズ・サックスの旗手が放つ充実のリーダー作。ギタリストを新たにメンバーに加えたことで、グループ・サウンドはより豊かになり、幅が拡がった。彼の音楽がさらなる飛躍へと向かう予感を感じさせ、聴きどころもタップリ。彼自身によるライナーも秀逸。

トラックリスト

01HIDE AND SEEK
02ONE SHINING SOUL
03STREAMS OF CONSCIOUSNESS
04WHEN THE SUN COMES DOWN
05HOME FRIES
06INVOCATION
07DARE I ASK?
08CAT BATTLES
09PANTOMIME
10CAN’T DANCE
11STROLLIN’

演奏

ジョシュア・レッドマン(TS,SS) 他

ムードスイング/ジョシュアレッドマン -1990年代

話題の新鋭、ジョシュアにとって3枚目にあたる本作は、レギュラー・グループで臨んだ等身大の演奏だ。全編自作曲で構成され、どちらかといえば内に秘めた意欲を感じさせる内容となった。伝統を意識しながら、自分のスタイルを模索する真摯な姿がある。

トラックリスト

01SWEET SORROW
02CHILL
03REJOICE
04FAITH
05ALONE IN THE MORNING
06MISCHIEF
07DIALOG
08THE ONENESS OF TWO (IN THREE)
09PAST IN THE PRESENT
10OBSESSION
11HEADIN’ HOME

演奏

ジョシュア・レッドマン(sax)ブラッド・メルドー(p)クリスチャン・マクブライド(b)ブライアン・ブレイド(ds)

ウィッシュ/ジョシュアレッドマン -テナーサックス

パット・メセニーが参加しています。クラプトンの名曲ティアーズ・イン・ヘブン。これをテナーとギターのデュオで聴かせてくれます。メセニーはガット弦のギターを使用してとても美しいコードを聴かせてくれます。一度は耳にした事のある名曲。メセニーが参加してないと収録されてなかったのではないでしょうか。

Bass – Charlie Haden
Drums – Billy Higgins
Guitar – Pat Metheny
Producer – Matt Pierson
Tenor Saxophone – Joshua Redman

  • Turnaround 6:24
  • Soul Dance 6:34
  • Make Sure You’re Sure 5:24
  • The Deserving Many 5:39
  • We Had A Sister 5:46
  • Moose The Mooche 3:32
  • Tears In Heaven 3:21
  • Whittlin’ 5:21
  • Wish (Live) 7:26
  • Blues For Pat (Live) 12:08

 

 

 

 

ジョシュア・レッドマン -テナーサックス

シーン全体が待ち望んでいたニュー・ヒーローのデビュー作。ベテラン大物の名前を借りずに、あえて日常的に共演している同世代のメンバーを起用したあたりにこの人の自信のほどがうかがえる。’オレのジャズ’宣言。

 

アーティスト:ジョシュア・レッドマン(ts)ケビン・ヘイズ(p)クリスチャン・マクブライド(b)グレゴリー・ハッチンソン(ds)

 

収録曲:

01ブルース・オン・サンデー
02ウィッシュ
03トゥリンクル・ティンクル
04エコーズ
05アイ・ガット・ユー (アイ・フィール・グッド)
06ボディ・アンド・ソウル
07トライバリズム
08グルーヴ・X (バイ・エニー・ミーンズ・ネセサリー)
09ソルト・ピーナッツ
10オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート
11サブリメイション

ポール・モチアン・エレクトリック・ビ・バップ・バンドfeat.ジョシュア・レッドマン -1990年代

いかにもモチアンらしいラジカルなビバップ・ユニット。素材は何であれ、演奏者によってジャズはどうにでもなるという良い見本だ。デビューしたてのジョシュアが、ニュー・スターの名に恥じないソロを聴かせる。

 

アーティスト:ポール・モチアン(ds)ジョシュア・レッドマン(ts)ブラッド・シュベック,カート・ローゼンウィンクル(g)武石務(b)

 

収録曲:

01ショウ・ナフ
02アイ・ウェイテッド・フォー・ユー
03異教徒たちの踊り
04ダーン・ザット・ドリーム
05ホット・ハウス
06ディジー・アトモスフィアー
07スクラップ・フロム・ジ・アップル
08スクラップ・フロム・ジ・アップル(別テイク)
09モンクス・ドリーム
1052番街のテーマ

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »