20世紀ジャズ名盤の全て

シェイズ・オブ・ブルー -1995年

クリックすると新しいウィンドウで開きます

名門ブルーノートのヒット曲を、新旧の有名ミュージシャンによる新解釈で楽しめる興味深い作品。主流派のみならず、現代最先端のヒップホップの演奏も多数あり、かなり混沌とした内容であるが、これも今という時代を如実に反映した仕上がりなのだろう。
トラックリスト

01処女航海 (ダイアン・リーヴス、ジェリ・アレン)
02アリゲーター・ブーガルー (大西順子、フレディ・ハバード、K.C.B.)
03リカード・ボサノヴァ (ゴンサロ・ルバルカバ)
04エヴィデンス (ロン・カーター、T.S.モンク)
05ブルー・トレイン (グレッグ・オズビー)
06ジェリコの戦い (カサンドラ・ウィルソン、ロン・カーター)
07ソング・フォー・マイ・ファザー (リニー・ロスネス)
08ウン・ポコ・ローコ (ジャッキー・テラソン)
09トム・サム (ジョン・スコフィールド)
10マン・フロム・タンガニーカ (カート・エリング)
11クール・ストラッティン (トゥッカ・ヨーツ、日野皓正)
12ウナ・マス (イリアーヌ)
13ハム・ドラム・ブルース (ホリー・コール、ジャヴォン・ジャクソン)
14ザ・サイドワインダー (リチャード・エリオット、ベニー・グリーン、トゥッカ・ヨーツ)

マルーンズ/ジェリ・アレン -1992年

アレンのサムシン・エルス第2弾。ゴツゴツとした感触の和声とリズムはけっしてわかりやすいものではないが、耳を澄ませばエリントンやオーネットに通じる’ブラック・ミュージックの神髄’が聞こえてくるはずだ。

 

アーティスト:ジェリ・アレン(p)マーカス・ベルグレイヴ,ウォレス・ルーニー(tp)アンソニー・コックス,ドゥエイン・ドルフィン(b)フィーローン・アクラフ,タニ・タバル(ds)

 

収録曲:

01フィード・ザ・ファイア1
02ノー・モア・ミスター・ナイス・ガイ
03アンド・ゼイ・パーティード
04ナンバー・フォー
05プレイヤー・フォー・ピース
06マッド・マネー
07トゥー・ブラザーズ
08フィード・ザ・ファイア2
09ドルフィーズ・ダンス
10ジョン・マラッチに捧ぐ
11レイラズ・ハウス
12フィード・ザ・ファイア3
13ブルックリン・バウンド“A”
14ベッド・ステイ
15マルーンズ

ザ・ナーチュラー/ジェリ・アレン -1990年

ジェリ・アレンは80~90年代を通してもっともクリエイティブな音楽を作ってきたピアニストの一人だ。このSomethin’else移籍第1作でもその旺盛な想像力は変わらない。この才女の前では、軟弱な男たちは吹っ飛ぶ。

 

アーティスト:ジェリ・アレン(p)マーカス・ベルグレイヴ(tp,flh)ケニー・ギャレット(as)ボブ・ハースト(b)ジェフ・ワッツ(ds)エリ・ファウンテン(perc)

 

収録曲:

01ナイツ・シャドウ
02No.3
03イッツ・グッド・トゥ・ビー・ホーム・アゲイン
04バティスタズ・グルーヴ
05ナイト・オブ・パワー
06アワ・ギャング
07ザ・ナーチュラー
08ル・グー・ワップ
09ララバイ・オブ・イスファン

セグメンツ/ジェリ・アレン~チャーリー・ヘイデン~ポール・モチアン -ベース

アレンはチャーリー・ヘイデンのリベレーション・ミュージック・オーケストラに加入して以降、その特異な才能が開花したといえるだろう。本作もこのオーケストラがあってこそ実現した彼女の理想のようなトリオだ。

 

アーティスト:ジェリ・アレン(p)チャーリー・ヘイデン(b)ポール・モチアン(ds)

 

収録曲:

01ロウ・イヤーズ
02ユール・ネヴァー・ノウ
03マーマデューク
04カバラ (ドラム・ミュージック)
05ホーム
06アイム・オール・スマイルズ
07セグメント
08ラ・パッショナリア
09レイン

ライブ・アット・モントリオール/チャーリー・ヘイデン&ジェリ・アレン -ベース

モントリオール・ジャズ・フェスティバルでのライブ。アレンのピアノは非和声的でフリー・ジャズの要素を含んだ非主流派のスタイルだ。この特異な才能をヘイデン~モチアンのリズム陣は見事にサポートしている。

 

アーティスト:チャーリー・ヘイデン(b)ジェリ・アレン(p)ポール・モチアン(ds)

 

収録曲:

01BLUES IN MOTIAN
02FIASCO
03FIRST SONG
04DOLPHY’S DANCE
05FOR JOHN MALACHI
06IN THE YEAR OF THE DRAGON

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ