20世紀ジャズ名盤の全て

ブルーズン・バラッズ/ザ・ジャズ・ネットワークス -1993年

主要メンバー以外がガラリと変わったネットワークスの第3作は、ブルースとバラードの名曲集。注目は当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったジョシュアのゲスト参加だ。ねじれのない率直な歌心は、聴いていてすがすがしい。

 

アーティスト:ロイ・ハーグローヴ(tp,flh)ジェシー・デイヴィス(as)椎名豊(p)(1)~(7)山下弘治,(8)(9)ロドニー・ウィテカー(b)大坂昌彦(ds)(1)(3)(6)ジョシュア・レッドマン(ts)

 

収録曲:

01ミスターPC
02ナウズ・ザ・タイム
03マイ・アイディアル
04スピードボール
05ザ・ヴェリー・ソート・オブ・ユー
06ブルーン・ブギ
07コートにすみれを
08スティーヴィー
09テーマ・フォー・アーニー

ストレート・トゥ・ザ・スタンダード/ザ・ジャズ・ネットワークス -1991年

ジャズ・ネットワークスは日米のヤング・ライオンによる混成グループ。これを聴くと、もはや日本とアメリカのトップ・レベルのあいだにはほとんど差がないことがわかる。新鮮な解釈と率直なプレイがすがすがしい。

 

アーティスト:ロイ・ハーグローブ(TP)アントニオ・ハート(AS)椎名豊(P)嶋友行(B)大坂昌彦(DS)

 

収録曲:

01BOHEMIA AFTER DARK
02LOVE YOUR SPELL IS EVERYWHERE
03WORK SONG
04I REMEMBER CLIFFORD
05STRAIGHT NO CHASER
06BUT NOT FOR ME
07ALONE TOGETHER
08LOTUS BLOSSOM
09EASY TO LOVE

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ