20世紀ジャズ名盤の全て

グレート・スタンダードVOL2/グレート・ジャズ・トリオ -1988年

初期とメンバーがガラッと替わって、個性が希薄になったサイドメンになったせいか、ハンク・ジョーンズ・トリオと言った性格になった。とはいえ名前に拘らず、ハンクのスタンダード集と思えば、内容は秀逸だ。

 

アーティスト:ハンク・ジョーンズ(P) マッズ・ヴァインディング(B) ビリー・ハート(DS)

 

収録曲:

01エンジェル・アイズ
02枯葉
03黒いオルフェ
04風とともに去りぬ
05虹の彼方へ
06朝日のようにさわやかに
07ミスティ
08オン・グリーン・ドルフィン・ストリート
09アローン・トゥギャザー
10ダーク・アイズ

ザ・クラブ・ニューヨーカー、グレイト・ジャズ・トリオ -楽器

ドラムスにジミー・コブ、ヴァイオリンにルイス・エリーを加えたGJTの異色作。ガーシュインの曲を中心に、熟練バンドならではの心のこもったプレイを聴かせてくれる。

―内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:ハンク・ジョーンズ(P) エディ・ゴメス(B) ジミー・コブ(DS) ルイス・エリー(VN

01S’WONDERFUL
02AUTUMN IN NEW YORK
03OUR LOVE IS HERE TO STAY
04I’VE GOT A CRUSH ON YOU
05MANHATTAN
06SOMEONE TO WATCH OVER ME
07THEY CAN’T TAKE THAT AWAY FROM ME
08ISN’T IT ROMANTIC
09EMBRACEABLE YOU
10BUT NOT FOR ME

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ