20世紀ジャズ名盤の全て

ザ・グレート・ワイド・ワールド・オブ・クインシー・ジョーンズ -アルトサックス

あまり注目されることのない1950年代のクインシー作品。実際のところ、本エマーシー盤においても彼のオリジナル曲が一曲もないのはちょっとした驚きだが、それでもフィル・ウッズらによるバピッシュなソロは聴く価値あり。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01 LESTER LEAPS IN

02 GHANA

03 CARAVAN

04 EVERYBODY’S BLUES

05 CHEROKEE

06 AIR MAIL SPECIAL

07 THEY SAY IT’S WONDERFUL

08 CHANT OF THE WEED

09 I NEVER HAS SEEN SNOW

10 EESOM

【演奏】

クインシー・ジョーンズ・アンド・ヒズ・オーケストラ:クインシー・ジョーンズ(指揮) アーニー・ロイヤル,アート・ファーマー,リー・モーガン(TP) ジミー・クリーヴランド,アービー・グリーン(TB) ジュリアス・ワトキンス(HR) フィル・ウッズ(AS) ジェローム・リチャードソン(FL,TS) サヒブ・シハブ(BRS) パティ・ボウン(P) レス・スパン(FL,G) 他

【録音】

1959年11月

ゴー・ウエスト・マン/クインシー・ジョーンズ -アルトサックス

クインシー・ジョーンズは名義だけで、編曲/演奏ともウェスト・コーストのスター・プレイヤー達による作品。3つのセットによる演奏が収められているが、それほど変化はない。いずれもウェスト・コースト・ジャズらしい瀟洒でスウィンギーな演奏集だ。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01DANCIN’ PANTS
02BLUES DAY
03BRIGHT MOON
04NO BONES AT ALL
05THE OOM IS BLUES
06BE MY GUEST
07BALLAD MEDLEY;WHAT’S NEW|WE’LL BE TOGETHER AGAIN|TIME ON MY HANDS |YOU GO TO MY HEAD|LAURA
08LONDON DERRIERE
09KINGS ROAD BLUES
【演奏】
クインシー・ジョーンズ(arr)ベニー・カーター,アート・ペッパー(as)ルー・レヴィ(p)レッド・ミッチェル(b)シェリー・マン(ds) 他
【録音】
1957年2月

私の考えるジャズ/クインシー・ジョーンズ -1950年代

後にアレンジャーとして重鎮的存在となるクインシーの初リーダー作。まだ20代前半の若さながら、当時の勢いのあったジャズ・プレイヤーをオーガナイズする手腕はやはり秀逸。ビッグバンドをベースとした演奏だ。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01WALKIN’
02A SLEEPIN’ BEE
03SERMONETTE
04STOCKHOLM SWEETNIN’
05EVENING IN PARIS
06BOO’S BLOOS
【演奏】
クインシー・ジョーンズ(指揮) アート・ファーマー(TP) ジミー・クリーヴランド,アービー・グリーン(TB) ジーン・クイル,フィル・ウッズ(AS) ハービー・マン,ジェローム・リチャードソン(FL,TS) ズート・シムズ(TS) ジャック・ニミッツ(BRS) ミルト・ジャクソン(VIB) ハンク・ジョーンズ,ビリー・テイラー(P) チャールズ・ミンガス,ポール・チェンバース(B) チャーリー・パーシップ(DS) 他
【録音】
1956年9月

愛のコリーダ、クインシー・ジョーンズ -1980年

ダンサブルな楽曲を多数収録したクインシー・ジョーンズの81年のヒット作。参加ミュージシャンは非常に豪華だが、それに頼りすぎず、あくまで楽曲ありきのアレンジで完成度の高いポップを作り上げるあたりが敏腕たるゆえんだ。

-内容(「CDジャーナル」データベースより)

 

アーティスト:クインシー・ジョーンズ(指揮) トゥーツ・シールマンス(HCA) アーニー・ワッツ(TS) ハービー・ハンコック,スティーヴィー・ワンダー(KEY) スティーヴ・ルカサー(G) ポリーニョ・ダ・コスタ(PERC) パティ・オースティン,ジェームス・イングラム(VO) 他

 

01AI NO CORRIDA
02THE DUDE
03JUST ONCE
04BETCHA’ WOULDN’T HURT ME
05SOMETHIN’ SPECIAL
06RAZZAMATAZZ
07ONE HUNDRED WAYS
08VELAS
09TURN ON THE ACTION

〈録音〉
1980年

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »