20世紀ジャズ名盤の全て

アゲイン/エディ・ヒギンズ -1998年

米国マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれのジャズ・ピアニスト、エディ・ヒギンズのトリオ・アルバム。なかでもヒギンズが日本に住んでいたときに知ったという日本の曲「祇園小唄」のジャズ・アレンジは必聴。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 AGAIN
02 HOW INSENSITIVE
03 GION KOUTA – KYOTO BLUES
04 MY FOOLISH HEART
05 YELLOW DAYS
06 MY ROMANCE
07 I’LL NEVER BE THE SAME
08 WALK ALONE
09 NOW PLEASE DON’T YOU CRY, BEAUTIFUL EDITH
10 POLKA DOTS AND MOONBEAMS
11 WILL YOU STILL BE MINE?
12 HURRY SONG

【演奏者】
エディ・ヒギンズ(P) レイ・ドラモンド(B) ベン・ライリー(DS)

【録音】
1998年10月14日、15日

魅せられし心/エディ・ヒギンズ -1990年代

(2)や(3)などビル・エヴァンスを思わせるが懐古趣味的な手法ではない。60年代ではなく、97年に録音された音ならではの現代らしさに拍手。ベース、ドラムのピアノ・トリオが生み出すゆったりとした雰囲気に力強いスパイスも随所にちりばめ、聴き応え十分。

トラックリスト

01MY FUNNY VALENTINE
02HAUNTED HEART
03STOLEN MORMENTS|ISRAEL
04LUSH LIFE
05HOW MY HEART SINGS
06SOMEONE TO WATCH OVER ME
07I SHOULD CARE
08LOVER COME BACK TO ME
09ISN’T IT ROMANTIC?

演奏

エディ・ヒギンズ(P) レイ・ドラモンド(B) ベン・ライリー(DS)

黒と白の肖像/エディ・ヒギンズ -1990年代

シカゴで活躍、フロリダ在住というヒギンズは、通人好みの白人ピアニスト。久しぶりの国内発売となったこの作品では、クラシックの名曲にも挑戦。晩年のケニー・ドリューを思わせる、優雅にして耽美的な演奏をたっぷり聴かせているのが印象深い。

トラックリスト

01LULLABY OF THE LEAVES
02DANNY BOY
03WHAT IS THIS THING CALLED LOVE
04LIEBESLIED
05RETRATO EM BRANCO E PRETO
06SICILIANO
07JUST IN TIME
08PAVANE
09THE DOLPHIN|SOMEONE TO LIGHT UP MY LIFE
10DANCE ONLY WITH ME
11VOCALISE

演奏

エディ・ヒギンズ(P) ドン・ウィルナー(B) ジェイムス・マーチン(DS)

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »