20世紀ジャズ名盤の全て

スピーク・ロウ+3/ウォルター・ビショップJr. -1960年代

名盤が高音質かつ3曲の別テイクを加えてヴァージョン・アップ。冒頭から軽快に時に豪快にスウィングするピアノ・トリオ作品の快作。「サムタイム・アイム・ハッピー」を別テイクと比較して聴いてみると、冒頭からリズム・セクションが前に出る。なかなかの迫力、これは買わねばなるまい。(CDジャーナルより)

【収録曲】

01SOMETIMES I’M HAPPY

02BLUES IN THE CLOSET

03GREEN DOLPHIN STREET

04ALONE TOGETHER

05MILESTONES

06SPEAK LOW

07SOMETIMES I’M HAPPY

08BLUES IN THE CLOSET

09SPEAK LOW

【演奏】

ウォルター・ビショップJr.(P) ジミー・ギャリソン(B) G.T.ホーガン(DS)

【録音】

1961年3月

オード・トゥ・バード/ウォルター・ビショップJr. -1980年代

パーカー・バンド全盛期のピアニスト、ウォルター・ビショップJr.によるトリビュート・アルバム。パーカーとの思い出の曲をトリオで綴った貴重なスタジオ録音。後期ビショップの代表作。(CDジャーナルより)

【収録曲】
01 AU PREVAVE
02 LAURA
03 EASY TO LOVE
04 STAR EYES
05 THIS TIME DREAMS ON ME
06 SONG IS YOU
07 ALL THE THINGS YOU ARE

【演奏者】
ウォルター・ビショップJr.(P) ポール・ブラウン(B) ウォルター・ボルデン(DS)

【録音】
1989年12月

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »