20世紀ジャズ名盤の全て

タートルズ・ドリーム / アビー・リンカーン -ブログ

アビー・リンカーンといえば、マックス・ローチの元奥さんで、彼が打ち出していた60年代の黒人開放運動の一環としての“プロテスト・ジャズ”の先鋭的な一員というイメージが強かった私。

しかし、90年代にカムバックを果たした彼女の歌唱スタイルはずいぶんと変化していた。

年齢のせいもあるのは仕方がないことだが、やはり歌声には、かつてのハリはない。しかしその分、メロディをとても大事にしながら、じっくりと歌い上げる歌唱には心が揺さぶられる。

しみじみと歌い、じわじわと染み込ませる。

まさにベテランならではの表現力。

ヘンなたとえだが、この切々と心の中に訴えかけるようなアビー・リンカーンの歌唱は、場末の飲み屋で、若くもないし、美人でもないし、スタイルも良くないけれども、人生の酸いも甘いも経験しつくしたような“おばちゃんママ”の歌が、妙にささくれた心にじんわりと染みてくるような、なんだかそのような感じ。

永遠に朝がこないように感じられる夜の一人酒とともに。

また、さだまさしの《秋桜(コスモス)》のメロディが好きな人にもお勧め?!

1.Throw It Away
2.A Turtle’s Dream
3.Down Here Below
4.Nature Boy
5.Avec Le Temps
6.Should’ve Been
7.My Love Is You
8.Storywise
9.Hey, Lordy Mama
10.Not To Worry
11.Being Me

Abbey Lincoln (vo)
Roy Hargrove (tp)
Julien Lourau (ss,ts)
Rodney Kendrick,Kenny Barron (p)
Pat Metheny (g,elg)
Lucky Peterson (g,background vo)
Charlie Haden,Christian McBride,Michael Bowie (b)
Victor Lewis (ds)

track 1
Laurent Cuguy (String Arrangements)
Pierre Blanchard,Vincent Pagliarin (vln)
Frederic Fymard (viola)
Anne-Gaella Bisquay,Marc Gilet (cello)

track 3
Randoloph Noel (String Arrangements)
Sandra Billingslea (vln)
John Robinson (cello)

1994/05/29 & 11/07 & 08

ユー・ガッタ・ペイ・ザ・バンド/アビー・リンカーン・ウィズ・スタン・ゲッツ -1991年

リンカーンの要望でスタン・ゲッツとの共演が実現した作品。結局これがゲッツにとって最後のスタジオ録音となった。魂のシンガーと即興の天才のコラボレーションは、聴く者を大きな感動で揺さぶらずにはおかない。

 

アーティスト:アビー・リンカーン(vo)スタン・ゲッツ(ts)ハンク・ジョーンズ(p)チャーリー・ヘイデン(b)マーク・ジョンソン(ds)マキシン・ローチ(va)

 

収録曲:

01バード・アローン
02アイム・イン・ラヴ
03ユー・ガッタ・ペイ・ザ・バンド
04ブラザー、キャン・ユー・スペア・ア・ダイム?
05ユー・メイド・ミー・ファニー
06アンド・ハウ・アイ・ホープト・フォー・ユア・ラヴ
07ホエン・アイム・コールド・ホーム
08サマー・ウィッシュズ・ウィンター・ドリームズ
09アップ・ジャンプト・スプリング
10ア・タイム・フォー・ラヴ

トーキング・トゥ・ザ・サン、アビー・リンカーン -ブログ

リンカーンの音楽は、きっと黒人音楽の”根本的な何か”をはらんでいるのだろう。当時はもっとも先鋭的だったコールマンに、何のていこうもなくオーソドックスなフレーズを吹かせてる彼女の歌の力は、スタイルを超えている。

 

アーティスト:アビー・リンカーン(VO) スティーヴ・コールマン(AS) ジェームズ・ウェイドマン(P) ビリー・ジョンソン(B) マーク・ジョンソン(DS) ジェリー・ゴンザレス(PERC)

 

01ザ・リヴァー
02ホイッスリング・アウェイ・ザ・ダーク
03トーキング・トゥ・ザ・サン
04ユー・アンド・アイ
05ピープル・オン・ザ・ストリート
06ユア・マイ・スリル
07プレリュード~ア・ウェディング・ソング

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ