20世紀ジャズ名盤の全て

アニタ・シングス・ザ・モスト/アニタ・オデイ -ヴォーカル

最高傑作「ジス・イズ・アニタ」の3ヶ月後(56年)に録音された、これまた傑作。白人女性ヴォーカリストの頂点に位置しているが、この50年代が彼女としては絶頂期と言えそうだ。独特の器楽的唱法や強力なアドリブでバックのピーターソンをも圧倒。(CDジャーナルより)
【収録曲】
01‘S WONDERFUL|THEY CAN’T TAKE THAT AWAY FROM ME
02TENDERLY
03OLD DEVIL MOON
04LOVE ME OR LEAVE
05WE’LL BE TOGETHER AGAIN
06STELLA BY STARLIGHT
07TAKING A CHANCE ON LOVE
08THEM THERE EYES
09I’VE GOT THE WORLD ON A STRING
10YOU TURNED THE TABLES ON ME
11BEWITCHED, BOTHERED AND BEWILDERED
【演奏】
アニタ・オデイ(VO) オスカー・ピーターソン(P) ハーブ・エリス(G) レイ・ブラウン(B) ミルト・ホランド,ジョン・プール(DS)
【録音】
1957年1月

ジス・イズ・アニタ/アニタ・オデイ -ヴォーカル

“鉄火肌”“姉御肌”ともいわれるヴォーカル・スタイルで高い人気を得たアニタ・オデイの絶頂期といえる1955年録音盤。オーケストラをバックに、彼女の魅力的な情感あふれるヴォーカルが堪能できる。(CDジャーナルより)

収録曲

01YOU’RE THE TOP

02HONEYSUCKLE ROSE

03A NIGHTINGALE SANG IN BERKELEY SQUARE

04WHO CARES?

05I CAN’T GET STARTED

06FINE AND DANDY

07AS LONG AS I LIVE

08NO MOON AT ALL

09TIME AFTER TIME

10I’LL SEE YOU IN MY DREAMS

11I FALL IN LOVE TOO EASILY

12BEAUTIFUL LOVE

仕様

SHM-CD

演奏

アニタ・オデイ(VO) バディ・ブレグマン・オーケストラ

録音

55.12

カテゴリ別

カテゴリー アーカイブ
Translate »